アルトラ パワーゲイター

2017.11.13 (Mon)
PA250627.jpg

先日の雪の巻機山ではアルトラ・ローンピークにゲイターを装着して歩きました。このゲイターはアルトラとティートンブロスのコラボ商品なんです。

PA250628.jpg
 ゲイターの前側にはフックがあります。アルトラのシューズの靴紐の一番前部分に着いている金具に引っ掛けます。

PA250629.jpg
カカト側はマジックテープでしっかり固定。アルトラのシューズには初めからマジックテープが付いているんです。
ゲイターと言えば足の裏にストラップを通すのが一般的。でも底がフラットなシューズでは使えない。このパワーゲイターはバッチリです♪

PB010846.jpg

このゲイターは撥水加工されています。ま、シューズがゴアでもなんでもないので、靴から水は沁みてくるんですけどねw
砂利等が入らないのと、足首が暖かいのが良いですね。
雪の中、ツボ足で歩くとフロント側のフックは外れやすかったなあ。そういう状況で使用することは想定外かな・・。

僕のアルトラ・ローンピーク3.0は購入して1年。すでに新しい3.5も発売になっています。足先の幅が広くて気持ち良く履けます。この1年、テン泊はもちろん、アルプス縦走や分水嶺120キロ等ほとんど全ての山行で使用。お気に入りの靴です。不満はグリップ力。よく滑ります。1年履いてもソールの減りが少ない。つまりソールのコンパウンドが固めということですね。グリップしないワケだw
新しい3.5もソールは同じ・・。改良して欲しいなあ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: モノ | Comment(0)

三つ登って巻機山 ~2

2017.11.10 (Fri)
新潟と群馬の境にある「巻機山(まきはたやま)」。百名山一筆書きのヨーキさんは「登山者を欺き続ける山。」と言っていました。

PB010796.jpg
この「巻機山」山標のある箇所は「御機屋(おはたや)」という場所であり、ピークはここから東に10分ほど歩いた場所にある。

PB010809.jpg
ケルンのみで、山標はない。ここが真の巻機山山頂ということになっている。しかし最高点はこの奥に広がる池塘の中らしいが、植生保護のために立ち入り禁止。たしかにケルンのある場所より高い場所が奥に広がっていました。

このケルンに着いたことで巻機山に登った!と考える人が多いが、それではまだ足りぬ!

御機屋の両サイドにある「割引岳(わりめきだけ)」と「牛ケ岳」、そして先ほど通過してきたニセ巻機山の4つを総称して巻機山、というらしいのだ!

PB010798.jpg
割引岳への道は全くトレースがない。斜面をトラバースして進む。軽アイゼンしかない僕は、雪が凍っていたら撤退しようと考えていたが、膝まで埋まる雪なので滑落の怖れはなさそうだ。しかしこの雪のなか、ちゃんとしたアイゼンやピッケルもなく、ただのトレランシューズで進むことは間違っているのだろうか?

PB010799.jpg
腰まで埋もれた時は、めんどくさくなって撤退も考えたが頑張って山頂まで来たよ!

PB010801.jpg
三角点タッチ!割引岳1931m。トレラン用のカーボンストックはスノーバスケットがないので全部埋まる。また折りそうで怖い。

続いて牛ケ岳へ向かう。ケルンを通りすぎた先にあるピークだ。ケルンで振り返ると、先ほど登った割引岳のキレイな山頂が青空に映える。
PB010810.jpg

PB010811.jpg
このあたりは池塘らしいが、木道が雪で埋もれて見えない。わずかに顔を出す柱を見て、木道のラインを想像して進む。

PB010821.jpg
振り返ると、富士山のシルエット! 新潟からも見えるなんて知りませんでした。やっぱり富士山はすごいなあ。

PB010846.jpg

木道を踏み外し、池塘に足を落として氷水でびしょ濡れ・・。でも靴はキレイになったよw 夏に来たくない理由は池塘にがいるらしいからだ。僕は暑がりなので、よっぽど氷水に落ちる方がマシ。
この雪で全て死に絶えろ!と心の中で願ったよ。

PB010816.jpg
牛ケ岳の名の通り、牛のようになだらかな尾根。

PB010817.jpg
牛ケ岳山頂の三角点タッチ!1961m。これで僕は巻機山に登った、と言えるっ!

PB010827.jpg
風は強いが、快晴。

PB010818.jpg
越後三山もキレイに見えます。

PB010847.jpg
避難小屋でカレーヌードルを食べました♪休憩していると、どんどん人がやってきます。割引岳・牛ケ岳そして巻機山。僕が足あとをつけたんですよ!と言いたかったw

PB010855.jpg
暖かな気温もあって、下山時にはグチョグチョ・・。どうせシューズはびしょ濡れなので「男塾名物・直進行軍」でずんずん下山。

15キロ、累積標高1500mのショートな山行でしたが、雪があったので距離以上に楽しい登山でした!
安全な雪山ハイクのために、アイゼンやストック、シューズが欲しいなあ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(1)

三つ登って巻機山 ~1

2017.11.09 (Thu)
10月24日山形・大朝日岳・25日月山。28日は長野・白馬岩岳でDH。そして11月1日は新潟の百名山「巻機山」に登ってきました!この10日間で2000キロ近く車を運転。でもホンダセンシングのおかげで、遠出も楽♪
高速代は・・考えないw 楽しさはプライスレス!

巻機山も大朝日&月山と同じく、遠い割には山行が短いので未踏の山でした。そしてある理由により、夏には登れない山。
巻機山

登山口である桜坂駐車場に車をデポして出発!

PB010736.jpg
一番右の井戸尾根コースで登りました。ヌクビ沢と天狗沢は上級者コースとのこと。

PB010744.jpg
前回の反省を生かし、今日は軽アイゼン持ってきました!

PB010747.jpg
大朝日&月山に続いて、またもファストトラックゲット!

PB010749.jpg
トレラン用のカーボンポール、全部埋まります・・。スノーバスケットの付けられるストック、そろそろ欲しいな。

PB010752.jpg
ぶっといつららアリ。寒いんですね。

PB010760.jpg
天気は快晴♪ 谷川岳もキレイに見えます。向こうのほうが、雪少なそう。

PB010764.jpg
びっしり樹氷。

PB010769.jpg
だんだん雪が増えてきました。前日の足跡もなくなり、適当に登る。

PB010777.jpg
9合目、ニセ巻機山登頂。赴きのない名前ですよね。「前巻機山」という名前もあるそうです。

PB010779.jpg
9合目から巻機山山頂を見据えた・・つもりでしたが、アレは違う山でしたw 視線の先の山は割引岳でした。

PB010787.jpg
先ほど通過した避難小屋。クリスマスケーキのマジパンみたいだ。雪国の山小屋はコンパクトでかわいいね。

PB010790.jpg
針葉樹にも雪がびっしり。

PB010793.jpg
エビの尻尾。

PB010796.jpg
そして巻機山山頂、1967m!

しかし、ここは巻機山の真の山頂ではないのだ!僕は「巻機山に登った」と言うために、一人で雪と闘うっ!
詳細は後日・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

 
Category: 山行 | Comment(0)

山形遠征第二弾!がっさ~ん

2017.11.06 (Mon)
大朝日岳に登ったあと、道の駅で車中泊。道の駅「にしかわ」は温泉&地ビール工場も併設されていました。温泉300円!山形安いっ!
ここの地ビールはユニコーンの「アベドン50祭り」のアベドンビールの製造元でした!

山形の百名山・月山。「試験にでるどうでしょう」で大泉洋が「がっさ~ん」と連呼していたことくらいしか、印象がないw

翌朝日の出前に起きて、月山姥沢の登山口駐車場へ。ホントはもっとロングルートで登る予定でしたが、前日の大朝日岳で林道走行がイヤになり、林道を走らずに着く登山口に変更したのですw

月山

リフトは二日前に営業終了。山小屋も閉鎖。静かな山行が好きなので、このタイミングがベストだ。
PA250575.jpg
前日の大朝日岳よりも雪が多い。後で知ったのだが、月山は3週間前に初冠雪していたとのこと。

PA250587.jpg
雲海も見えてイイ感じ♪

PA250598.jpg
登るにつれて雪が増えてくる。早朝なのでまだカチカチだ。アイゼンを持っていない僕、傾斜が急になると登れないかも・・。

PA250600.jpg
クマザサもがっちり凍ってて、不思議なオブジェと化している。

PA250605.jpg
広い山頂に着くと、向こう側には雲海♪

PA250608.jpg
道標、なんて書いてあるか判然とせず・・。

KIMG1027.jpg
山頂にある月山神社が見えた!奥には鳥海山も見える。

PA250611.jpg
オンシーズンだと神主さんが居てお祓いをしてもらわないといけないらしい。

PA250612.jpg
しめ縄?も凍ってます。ここ月山には山標はありません。

PA250613.jpg
神社の奥に三角点があるらしい。国土地理院が三角点を設置するときには、すでに山頂には神社があったので、三角点はピークからずれた場所にあるとのこと。さすが歴史ある霊山だ。

PA250618.jpg
小屋も閉鎖。

PA250622.jpg
カチカチに凍ってます。寒いのね。

PA250624.jpg
なだらかで広い山頂楯状火山(アスピーテ)の特徴ですな。植生保護のためにロープがありますが、これがないと道に迷いそう。

PA250630.jpg
山頂で雲海を見ながらコーヒー。吾妻連峰・飯豊連峰・蔵王と見ることが出来ました。

PA250633.jpg

PA250634.jpg
昨日登った大朝日岳もばっちり。

PA250642.jpg
下山時は少し雪が溶けて歩きやすくなってました。

PA250661.jpg
帰りは姥ケ岳に寄り道。なだらかな稜線の先には、朝日連峰。

PA250679.jpg
姥ケ岳山頂から鳥海山を振り返る。いつかのぼりに行くよ!

PA250699.jpg
下山後の麓の紅葉、キレイだったなあ。

山形で大朝日岳&月山と百名山を二座登りました。どちらの山も一番乗り。いつもはガスに見舞われる僕ですが、二日間とも眺望に恵まれ楽しい登山でした。もっと雪山装備を揃えたいなあ。

がっさーん 立て!ジョー  遊びでねぇんだ


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

山形遠征!初冠雪の大朝日岳へ~2

2017.11.04 (Sat)
大朝日岳
地図上一番上の日暮沢小屋から時計回りで周回のコース。

山形の名峰・大朝日岳まであと少し。アニマルトレースはいつの間にかなくなり、少し寂しかったw 動物に会いたかったナ。

PA240487.jpg
水場「金玉水」。違う違う「きんぎょくすい」ですよ?

PA240488.jpg
大朝日小屋が見えて来た!日暮沢小屋も竜門小屋も同じような形。

PA240494.jpg
二階に入口アリ。さすが雪国だ。

PA240507.jpg
同じく山形の名峰・月山が見えます。明日登る予定。あっちも雪ありそう。朝日連峰、見渡す限り山ばかり。標高は低いが山深い。

PA240509.jpg
そして大朝日岳山頂! 1870メートル。ここまでトレースがなかったので、この日一番の登頂だ。

PA240515.jpg
福島の吾妻連峰。来年魔女の瞳を見に行こう♪

PA240516.jpg
雲海に浮かぶ飯豊連峰、かっこいい!あっちはだいぶ雪がありそうだ。2年前に登った時は熊に会ったなあ・・。
飯豊と同じく、この朝日連峰も危険箇所がなくなだらかで縦走してみたくなりますね!

PA240519.jpg
登ってきたトレイルを振り返って。雪と緑と茶色。いつもはガスまみれな僕なのに、今日はずっと晴天だった。東北の山は優しいねw
山頂では分水嶺での食べ残しのどん兵衛リフィルを食べましたw あとから登って来た地元の方と少し話して下山開始。

PA240520.jpg
帰りに小屋の中をチラ見。トイレは1階にあり。だいぶ小さな小屋だ。オンシーズンは営業小屋らしいけど・・。

PA240534.jpg
少し降りてから、大朝日岳を振り返る。なだらかな山頂。

PA240537.jpg
そして目の前には小朝日岳。こっちは三角錐で尖ってるw 距離は短いけど急登です。甲武信ケ岳に似ている、と思った。

PA240539.jpg
小朝日岳の道標。これって雪積もったら見えなくなるよね?w 古寺鉱泉方向へ向かいます。

PA240553.jpg
麓の紅葉はまだキレイだ。僕はオークリーの「プリズム・トレイル」というレンズのサングラスを掛けている。このレンズは紅葉が5割増しでキレイに見えるレンズなんですw だから写真よりずっとキレイな紅葉に、感動しながら歩いている。

PA240554.jpg
落ち葉フカフカのトレイル。しかしその下の地面はたまにグチョグチョなので注意が必要だ!

PA240557.jpg
うわ、マジか!
もう少しで林道に合流、というところで驚愕の景色!崖の真ん中にハシゴが張り付いているの分かります?

PA240558.jpg
近くで見るとこんな感じ、ハシゴはしっかりと固定されていたので問題なく登れました・・。いや~登れないかと思いましたよ・・。

PA240565.jpg
無事に日暮沢小屋に到着。こっちの小屋は3階建てでした。

PA240566.jpg
小屋まえの地図。以東岳からの縦走路、良さそうだなあ。

PA240561.jpg
東北遠征1日目は、この日が初冠雪で積雪は予想していなかったものの、終始天候に恵まれました。わざわざ片道400キロ以上かけて来た甲斐があった!

翌日は月山へ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

山形遠征!初冠雪の大朝日岳へ~1

2017.11.03 (Fri)
先週の山形遠征のコトを書きます。
自宅から遠い山形の山々。遠い割には山自体の行程が短くてわざわざ行くのもなあ・・と思って、なかなか行く機会がありませんでした。
しかし日が短くなりアルプス等のロングな山行はできない今こそ!と思って連休を利用して、先週の23日夕方から出発!

KIMG1016.jpg
途中のサービスエリアで「酪王カフェオレ」を購入♪東北道といえばコレですよね。この後車中泊するので、カフェインレスなるものを買ってみました。甘くておいしいっ!

山形道・寒河江パーキングで車中泊し、翌朝日の出前に登山口へ向かいます。
大朝日岳は北から南へ朝日連峰縦走が一番イイコースらしいのですが、車をデポするのでできるだけ縦走気分を味わえる周回ルートをチョイス。日暮沢小屋の登山口を目指します。
前日に大型の台風21号が通過。登山口までの林道が心配です。

KIMG1026.jpg
この「日暮沢小屋まで4キロ」看板までは舗装された林道でした。(この看板の写真は帰路に撮ったモノ。行きは日の出前で真っ暗)この先の林道が・・荒れてました・・。掘れて水たまり多数。一度底を擦りました・・。納車から半年。もう新車じゃないけど、こういう道は走りたくなかった・・w 明るければ路面状況も確認できたのになあ。

PA240403.jpg
ゆっくり走るので、夜が明けてきます。そして目の前に滝が現れましたw もちろん通行しても、車ごと流されたりはしないんでしょうが・・。

PA240404.jpg
車から降りて滝を見に行く。もうヤダ・・。ここ通りたくない・・。車は滝手前に林道脇スペースに駐車することとしました・・。判断遅かったなあ、と反省。「あと4キロ」の地点に停めて、残り4キロくらい、自分の脚で走れば良かった・・。

車をデポして出発・・。さっきの滝は高巻きで越えましたw 目的地の日暮沢小屋までは歩いて5分くらいの距離でした。この山域の小屋はすでにクローズ。登山者もきっと少ないハズ。

PA240412.jpg
落ち込み気味のスタートでしたが、台風一過で晴天!麓の紅葉もキレイ♪テンションアップ!

PA240430.jpg
ババーン!と絶景! 向かって右から西朝日岳(僕が被ってますがw)・中岳・大朝日岳と見えます。しかし積雪は予想外・・。台風一過で積雪なんて・・。

PA240438.jpg
中央にちょこん、と見えるのが竜門小屋。あそこから朝日連峰縦走ルートに乗ります。

PA240440.jpg
サラサラパウダースノー。軽アイゼン持ってないけど、問題なく歩けます。

PA240443.jpg
アップダウンもそれほどなく、気持ちの良い稜線。確かに縦走したら楽しそう。

PA240444.jpg
なんだか雪山チック。誰の足跡もない道に、僕の足跡を刻んでいく。

PA240449.jpg
まさか霧氷が見られるとはねえ・・。でも風もなく、暖か。

PA240454.jpg
雪山ハイク、楽し~な~。

PA240456.jpg
アニマルトレースが、登山道沿いにある。やはり動物も歩きやすい場所を歩きますね。うさぎでも鹿でもない。何の足跡なんだろう。

PA240459.jpg
西朝日岳山頂から、大朝日岳を望む。だいぶ近づいてきたよ。

PA240479.jpg
フローズン・ナナカマド。

PA240481.jpg
正面に大朝日岳が見えて来た。ショコラブラウニーみたいだ。これ以上雪も増えそうにないので安心。アニマルトレースもずっと続いている。もしかしたら、この動物に追いつくことができるんじゃないか?と歩を進める。感動の対面したいなあ。でも熊だったりして・・w

続きは後日

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

初めての白馬岩岳DH!

2017.10.29 (Sun)
昨日、初めて白馬岩岳にダウンヒルに行ってきました♪ 当初は土日の連休で、土曜は登山して麓でキャンプ。日曜はDHの予定でしたが、台風接近に伴い日曜は雨予報。よって土曜日帰りDHに変更です。

PA280703.jpg
曇天ですが、北アルプスの峰々が一望!鹿島槍ヶ岳・五竜・唐松・白馬三山が見えました♪全部登ったコトのある山ですが、冠雪の景色をみるのは初めて。感動です。

白馬岩岳の第一印象は「垢ぬけてるな」という感じ。富士見パノラマとは違ってオサレな雰囲気を醸し出しています。南アルプスと北アルプスの差が、そのまま感じられますねw

PA280702.jpg
DHerはもちろん、外国の方やキッズも多くて大賑わい!真夏ならいざ知らず晩秋なのに盛り上がっていますっ!、以前は富士見パノラマに通っていた僕ですが、ゴンドラ渋滞は初めての経験。

PA280707.jpg
ゴンドラ上駅直近の山頂にも寄り道しましたw

山頂周回コースでウォーミングアップ。登り返しがきつかったw
続いてこの日にやっと下まで開通した初心者向けコースを下ります。

PA280712.jpg
イワイワや根っこ等はなく、フローで走りやすい!バンクもしっかりあります。これなら子供でも走れる。急な斜度もなく楽しく走れます。外国のコースビルダーが造ったとのことですが、さすがですね!伊奈のマーシーさんのトレイルな感じ。

以前からある上級者コースにも行きました。ガレてたりスピードの乗る直線下りがあったり。カーブにバンクなんてありません。どうして昔からあるコースはこうなんだろう、と思いました。ハードテイルだと疲れちゃいますよね。富士見もこんな感じで、フローな感じじゃない。

PA280720.jpg
山の上からは雲海がキレイだろうなあ。
山頂のレストランで豚丼食べました。美味しかったです♪

PA280725.jpg
N13さんも満足。

PA280728.jpg
上級者コースは1本しか走らず、あとは初心者コースを4本走りました。慣れてくるとブレーキを最小限で走ることが出来ます。考えられたコースですね。

楽しいダウンヒルライドでした♪ 走り終えて僕のFOESを見ると、リアサス「カーナッツ」からオイルが漏れてる・・。道理で後半リアがふにゃふにゃだった訳だw FOES Japanはなくなったみたいだし、どこか修理してくれるとこないかな・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: MTB | Comment(0)
back-to-top