いいぞ!防寒テムレス!

2018.02.16 (Fri)
2回スノーシューハイクに行き、少しづつ慣れてきました。
冬山用の手袋を持っていなかったので物色。しかし冬用手袋は高い!1万円は当たり前!

そこで一部で定評のある「防寒テムレス」をゲット!1500円しなかった気がする・・。

P1070115.jpg

「テムレス」って変な名前だな、と思ったら、手が蒸れないからテムレスなんですねw
よくある掃除用のゴム手袋の裏側にボアが着いている手袋。パッケージには「-60℃」と大きく書いてありますが、気を付けろ!!

手袋の素材のゴムが-60度でも硬化しない、ということで、決して-60度でも寒くない!と言ってるわけではないのです。

P2080251.jpg
インナーとして、左側のR×Lの極薄ウールインナー手袋を使用。
この組み合わせで、2回のスノーシューハイクで指先の寒さは感じませんでした。最低気温は-10度くらいだったかな。

まあ手足の寒さをほとんど感じない鈍感な僕のインプレなので、あまり参考にならないかもしれませんが・・。
欠点は・・見た目がスタイリッシュではない、というところでしょうかw




 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: モノ | Comment(0)

火曜、懐かしい出会い

2018.02.13 (Tue)
今日は6人も集まっての火曜ミニツー♪
雪もさすがになくなって、気持ち良くライドです。

走り終わった後は久しぶりにガストでご飯。ここで店長も合流です。
先日の将軍のライド動画の話しになり、お店に戻ってみんなで動画を鑑賞。
ついでに昔の火曜動画も発見w 9年前だって、懐かしいな。

そんな懐かし火曜動画を見た後での、自走での帰り道。奇跡は起きました!
自宅近くを走っていると歩道を歩いている人から、「不可止さん!」と呼び止められたのです。
停まって振り返ると・・

シロさん!!

火曜初期メンバーのシロさんでした!
会うのは7~8年ぶりじゃないかなあ? 元気そうでしたよ!
火曜にまた来てね!と声を掛けておきました。

懐かし動画を見たおかげで、懐かしい人に出会えた火曜日でしたっ!



 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

スノーシューハイク、西大巓で大転倒・・

2018.02.12 (Mon)
KIMG1184.jpg

先週の金曜日、二度めのスノーシューハイクに行ってきました!スノーシュー買ったら、スノーモンスター見たい! スノーモンスターといえば蔵王。ですが入山規制で少ししか歩けないので、福島と山形に跨る「西吾妻山」をチョイス! 

慣れぬ雪道をビビリながら運転し、グランデコスキー場へ。冬のスキー場に来るのは30年ぶり二度めw 

P2090257.jpg
ゴンドラ&リフトを乗り継いで、西大巓(にしだいてん)を経由して、百名山でもある西吾妻山を目指します。

P2090260.jpg
しかしスキー場でスノーシュー背負って歩いていると、アウェー感パネぇ!

P2090264.jpg
パフパフですが先行の二人組も居てトレースあり。樹々にも雪がたくさん着いています。午後から晴れる予報なので、スノーモンスターに期待♪

P2090272.jpg
スノーモンスターになりかけ、かな。

P2090268.jpg
ただの真っ白な写真ですが、西大巓(1982m)の山頂付近。雪がどんどん降ってきて、視界不良・・。この先の西吾妻山へのトレースを探していると・・

地面がなくなり、ゴロゴロと転がり落ちましたっ!

2~3回転転がり落ちて、パフパフのパウダースノー中へ・・。なかなか起き上がれませんでした。吹っ飛んだストックを探しだし、上を見上げると、3メートルほど上に雪庇があり、割れていました。あそこを踏み抜いて落ちたらしい・・。冬山って怖いなあ。
ケガはないし、登り返そうとしますが、パフパフすぎて全く登れず・・。では、と横にトラバースしながら少しづつ登ろうとすると、横はさらにパフパフでスノーシューでもどんどん沈んでしまい歩けない!ストックも底付きしないでどこまでも沈みます。

どうしよ・・。こういうときどうするのが正解なんだろう?

スノーシューを履いたまま落ちて来た斜面を登ろうとしても、まったくグリップせず、雪を掻くだけ。キックステップで登ってみようと、スノーシューを脱いで雪の壁を蹴り込んで見てもフカフカで崩れるだけ。スノーシューを脱いだせいで、さらに沈んでしまうので、再びスノーシュー装着・・。

ヤバい・・。登れないかも・・。ほんの数メートルなのに・・。

雪壁を登ろうと試みるも、ハムスターのようになるだけ・・当然登れない・・。
あれ?でもさっきより雪庇が近いぞ?
雪を掻いて、その雪を踏み固めたせいで、僕の立っている雪面が底上げされているっ!w

カラスが水差しに入った少量の水を飲むために石を入れる、あのイソップ寓話のように、僕も周りの雪を掻いて足元で踏み固めて、どんどん高さを出していくっ!

そしてなんとか元のトレースに戻りました・・。3メートル登るのに、30分もかかりましたよ・・。
相変わらずホワイトアウトなので、西吾妻山は諦めて下山っ!

P2090276.jpg
スノーシューにも少しづつ慣れてきました。

P2090285.jpg
ほんのちょっぴり陽が差してきました・・。登山指数はAだったんだけどなあ・・w

P2090291.jpg
帰りはリフトには乗れないので、ゲレンデの脇を邪魔にならないように歩く。めっちゃアウェーw

P2090294.jpg
あとはゴンドラで下山。スノーモンスターには会えなかったけど、プチ雪庇滑落も経験できたし、無事に下山出来てよかった。

KIMG1186.jpg
喜多方ラーメン食べて帰宅。往復500キロ以上運転したのに、山行時間は3時間という、アンバランスさw
晴れた日に、また登ってスノーモンスターを見たい。そして自分が転落した箇所を確認したいなあ。


 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

美ヶ原スノーシューイング~2 直進行軍!

2018.02.06 (Tue)
ちょっとしたアップダウンはあったものの、ほぼフラットな雪原を歩いて茶臼山山頂に到着!
P2010197.jpg

雲海も見られて幸せ♪ 予報通り曇天なので、空にも雲があり、雲と雲のサンドイッチだ。

P2010200.jpg
雪と雲海。
しかしこの後天気は崩れ、雪が降ってきました・・。茶臼山には寄らずに、先に王ケ頭や王ケ鼻に行けば眺望があったカモ・・と思っても後の祭り・・。

P2010201.jpg
ノートレースで、スノーシューでも膝まで埋もれるところは引き返し、結局来た道をピストンで戻る。
もう真っ白で眺望なんて望むべくもないが、「アルプス眺望コース」を進む。

P2010207.jpg
雪がないので、チェーンスパイクにチェンジ。

KIMG1158.jpg
王ケ鼻に到着!

山頂にあった看板に積もっていた雪を払いのける。
P2010216.jpg
ほほう、「百名山の三分の一が見える」とな。

P2010217.jpg
一面ホワイティ。心眼で絶景を見るとしよう・・。

P2010221.jpg
ソフトフラスクの飲み口も凍る、気温マイナス6度。

P2010219.jpg
こういう環境でラーメン食べたかったんです♪
もうね、食べてるうちからガンガン冷めるよ♪

食事したあとは、いよいよ王ケ頭へ!
P2010230.jpg
山頂直近には高級ホテルがあります。レストランもあって、暖かいコーヒーやココアが飲めるんだってさ。そしてビーフシチューが名物らしいですよ。
だがしかし、そんなセレブな食事よりも外で食べるカップラーメンのほうがウマイに決まっているっ!

KIMG1159.jpg
ホテルの裏手の地味な場所に山標はありました。
百名山「美ヶ原」登頂!!
雪は降り続いている。帰りの車の運転が不安なので、戻ろうっと。

P2010235.jpg
ホテルからは雪上車が出発。どうしてみんな歩かないんだろう?歩いた方が楽しいのにな。

P2010237.jpg
雪上車が耕した道を歩いてもつまらないので、冬季限定で高原の牧場の中を進むよ!
目指す美しの塔まで、まっすぐ進む、男塾名物「直進行軍」だっ!

P2010242.jpg
これぞスノーシューの醍醐味!!
最短距離でトレースのない道を歩く。
結局この日、歩いている人には一人も会わなかった。広い美ヶ原高原を一人で満喫♪
初めてのスノーシュー、楽しかったなあ。

P2010249a.jpg
駐車場に戻ると、雪が積もってきてました・・。帰りの運転怖かったデス・・w



 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)

美ヶ原スノーシューイング~1

2018.02.05 (Mon)
先週木曜日に初めてのスノーシューハイクに行ってきました♪
初心者向きという、長野県・美ヶ原をチョイス。百名山でもあるのです。
九州男児の僕は、スキーはやりません。王ケ頭ホテルのHPでは、朝はマイナス10度とのことで、未経験の寒さと駐車場までの雪道の運転が不安です・・。

美ヶ原の山本小屋駐車場までの道は、最大傾斜16度!車の横滑りランプが光るのを何度か見ましたがw 無事に到着!
以前はオートバックスの激安スタッドレスでしたが、今季はちゃんとしたスタッドレスを買ってよかった!

P2010162a.jpg

P2010164.jpg
見渡す限り雪原が広がってます!来てよかった。

P2010165.jpg
遠くに見えるアンテナ群が、美ヶ原高原の最高峰の王ケ頭。
標高2000m近い台地が、数キロ四方に広がっています。広い!雲取山の高さで数キロの高原があるってことですもんね。

P2010171.jpg
美しの塔はすぐに到着。奥に見える王ケ頭は、RPG的に魔王の城にしか見えないっ!

P2010183.jpg
遠くに浅間山が見えました。

P2010188.jpg
美しの塔から王ケ頭に行くだけだと、すぐ着いてしまうので正面に見える茶臼山に寄り道。

P2010190.jpg
そして遂にスノーシューを履いたよ!!
身体が固いので、履く時に足が攣りそうになったよっ!

P2010189.jpg
縦横無尽にどこでも歩ける!自由!僕は自由だっ!
ザクザクと好きなところを歩く。なんだか童心に帰りましたw

P2010194.jpg
振り返ると美ヶ原がテーブルトップマウンテンなのが良く分かりました。どうしてこういう地形になるんでしょうねえ・・不思議。
目指す茶臼山までは、あともう少し。

特にネタもないのですが、同じような白い景色の写真ばかりなので、続きは次回へ・・


 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

オクトス 10本爪軽アイゼン

2018.01.31 (Wed)
P1100118.jpg

スノーシューハイク(まだやったことないけどw)で山に行った際、いチェーンスパイクでは進退窮まると困るのでアイゼンを買いました。森林限界を越えるようなガチな冬山は想定しないで、軽アイゼンをチョイス。
モンベルの10本爪軽アイゼンと迷いましたが、爪が長いオクトスの10本爪(ラチェット式)にしました。
10本爪なのに、軽アイゼンって・・なんか違和感ありますね。

P1100119.jpg
爪はこんな感じで、先が尖っていない。このあたりと爪の長さ&強度が軽アイゼンということなんでしょうね。

P1100121.jpg
スノープレートとグリベルのアコーディオンチューブ?も買いました。底に雪が付きにくくするためです。

P1100123.jpg
取り付けるとこんな感じです。なんかアイゼンっぽい!w

P1100124.jpg

X ALP CARBONに付けてみるとこんな感じ。この軽アイゼン、左右で580グラムとホンモノのアイゼンよりだいぶ軽い。これが軽アイゼンの名前の由来なのか?

果たしてこのアイゼン、使う機会はあるかなあ?


 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: モノ | Comment(0)

デジャブな里山ロングツーリング

2018.01.24 (Wed)
土曜に引き続き、日曜もライド♪
ショップの里山ツーリングに参加です。前日の南東北よりも、里山の麓は寒い・・。昨日転んだせいで、膝曲げると痛い・・w

出発してすぐ、昨晩から走っているという、うっちさんと遭遇!
KIMG1145.jpg
早いっ!

まずローディには有名な峠を登る。キツイ・・。ロードの人って、こんな坂登って何が楽しいのですか?w
さらに登り基調の舗装路を走る・・。店長の「ふんわり記憶」で林道の入口が判然としない。だいぶ走って結局来た道を引き返して入口発見w

26805518_1650605475033220_3487524736728114485_n.jpg
そして集合写真。
しかし店長は「こんな景色じゃなかったよなあ?道の様子も違う気がするなあ。」とのこと。再び会ったうっちさんにもこのルートを勧める。

しかし林道を走ると、登り基調w 「やっぱり違った!」
昨日の僕も「ふんわり記憶」でロストして、大笑いしたけど、今日もまったく同じことをやってますw

結局、この林道は舗装路に繋がっていました。舗装をさらに進むと、林道の入口発見! もう足が疲れましたw
そのあとは下りはバァ~っと下って、しつこい登りを登って、コンビニ寄ってまた登って担いでバビューンと下って、サイクリングロード走って、そば食べて舗装路を延々走って終了w

走行距離50キロ、累積標高は1500mだったそうです。 乗れる登りが多いから疲れますねw
そうだ!前日の下りの時から変速の調子が悪かったのですが、原因がわかりました!
リアホイールのレバーが緩んで、外れそうになっていたからでしたw

お昼過ぎには終わるだろ、と舐めていた里山ツーリング。がっつり8時間かかりましたよw
二日連続で山ツーする体力が、僕にはナイ気がしました・・。

山が初めての方や、ほとんど走っていない方も多かったのですが、みなさん笑顔!そして体力もあって早いっ!
参加の皆様お疲れさまでした!



 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)
back-to-top