FC2ブログ

東北ぶらり旅~最終章 不可止1300km

2018.09.25 (Tue)
P9032105.jpg
秋田駒ヶ岳をサクッと下山し、乳頭温泉でさっぱりし、サンダル片方もさっぱり忘れた東北最終日。
いよいよ長~いブログも最終回。ぜひパットメセニーグループの「Last Train Home」を聴きながら読んで頂きたいッ!

ご当地グルメとして「盛岡冷麺」をランチとして食べる!
ぴょんぴょん舎もいいけど、別のお店へ。
昨日の自然食レストランに行く時も、前を通った「ヤマト」へゴー!

DSC_1684.jpg
昨晩はお店の外までお客さんが並んでいたけど、平日のお昼は空いてました♪

DSC_1686.jpg
僕以外の3人は念願の冷麺をゲット!
ミニ冷麺&焼肉のセット。アップチャージで冷麺をフルサイズに!

KIMG1492.jpg
僕はカルビ定食!
牛タン専門店と違って、冷麺は焼肉屋さんなのでメニューが豊富で助かるw

ご当地グルメを熱望していたまきさん。
「あれ?冷麺ってキムチ入っててスープが赤かった気がするなあ・・」
まきさんは別皿で来たキムチを冷麺に入れ、N13さんにも「コレ入ってないと冷麺じゃないよ!」と入れるように強要していましたw

僕は去年ぴょんぴょん舎で冷麺を食べたのですが、そんなに好きじゃないのでスープの色までは覚えていない・・w

話を聞いていると、まきさんが盛岡冷麺を食べたのは学生のころ?
「そりゃまたずいぶん昔ですね!」と言いそうになったが、余計なコトを言うとアレなので、カルビと一緒に飲み込んだよ。

KIMG0939.jpg
帰宅して調べてみると・・確かに去年食べたぴょんぴょん舎の冷麺はスープが赤い。お店によってそれぞれなんでしょうね。

IMG_20180903_141611.jpg
「ヤマト」は肉も冷麺も美味しくて満足!
牛タンみたいに食べられなかったら、今度は暴動起きるもんねw

あとは東北道をひたすら南下。
1時間後に仙台を通過したけれど、さすがに満腹で牛タンは無理。また今度ね~

夕飯は佐野SAで佐野ラーメン♪
KIMG1495.jpg
サービスエリアなのに、麺は手打ち。美味しかったです♪

二泊三日の東北ぶらり旅、楽しかったな~。

一座目は岩手山。
DSC_1542.jpg

二座目は秋田駒ヶ岳。
DSCPDC_0001_BURST20180903073917654_COVER.jpg
関東の台風を避けて東北へ来て、本当に良かった。
普段は単独行ばかりの僕ですが、4人で賑やかに移動する旅は本当に楽しかったです。たぶん一生忘れない。旅の3人の仲間には本当に感謝!
いろいろあったけれど、ありがとうございました!

Effectplus_20180912_194551.jpg

「この旅行は・・・実に楽しかったなあ・・・いろんなことがあった・・・まったくフフフフフ・・・本当に・・・楽しかった・・・3日間じゃったよ」

三日間での総走行距離約1300km!
ホンダセンシングの力を借りて、全部僕一人で運転しました。
眠くならなかったので、運転は交代して貰わなかったのデス・・。

それに・・
一人はペーパードライバー
一人は腰を痛めて歩くのがやっと・・
そしてもう一人は・・
財布を忘れたので、必然的にアレも忘れているので・・運転は交代できないっ!

頼りになるのはホンダセンシング。
近くの友達よりも、ホンダセンシングッ!

ぜひこのコピーをホンダのCMで採用して頂きたいっ!
採用の謝礼は・・NSX が好き、速い、白い赤いNSXがイイ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

東北ぶらり旅~9 明治から来た男!

2018.09.21 (Fri)
「みそたんぽ」を食べようと、道の駅へ。
車から降りようとしたとき、トラ山さんが悲鳴を上げた!

その時の恐怖写真がある・・。

KIMG1491.jpg

僕はとても怖かった・・。「トラ山」という男が怖くなった・・。
今回の旅では、山行で危険な箇所はなかった。今この時、一番恐怖を感じた! 本当に背筋がゾクゾクしたのだ・・。

車内の片っぽだけのサンダルの写真だけではわからないかもしれないので、ヒントをあげよう。

昭和のヤンキーじゃないので、僕の車は「土足禁止」ではない。

いや、昭和どころの話ではない。
明治初期に汽車が開通し、初めて乗る客がホームで下駄を脱いで乗り、到着駅で客車を降りる際に下駄がないことに驚いた、という話を、僕は思いだした。

そう、トラ山さんは片っぽのサンダルを乳頭温泉の駐車場に忘れてきたのだ!!

現代の人間が、そんなことするのかっ!!

確かに温泉入ってから車に乗るときに、めっちゃスローで痛い痛い言いながら座席に座ったよ。
でも温泉から道の駅まで30分以上車を走らせたのに、サンダルが片方しかないことに気が付かないってコトある?
普通、車内ですぐ「あ、片方のサンダルがない!」って気が付くよね?

どうして車内で気が付かなかったの?、って聞いたら・・
「車内では裸足だった。」だってさ・・。僕の車は土禁じゃないぜ・・。

山登りあるあるで、
駐車場に脱いだ登山靴を忘れる、というのはある。下山して登山靴を脱いでサンダル等に履き替えたあとで、忘れてしまうのだ。
これは理解できる。もう脱いでしまったものを忘れるのは分かるんだ。
でも今現在履いているモノを忘れる?
そんなコトある?

僕は本当に怖くなったんだ。助手席に座るこの男が、心底怖くなった・・w

乳頭温泉に電話すると、「探してみて発見したら着払いで送りますよ。」との親切な返答だった。
そしてなんと翌日にはトラ山さんの元にサンダルが届いたのだ。東北の人は、こんな明治からタイムスリップしてきた男にも親切だなあ・・。

道の駅には「みそたんぽ」は売ってなかったけれど、みんないろいろとお土産を買った。
トラ山さんは左足はトレランシューズ、右足はサンダル、というルンペンスタイルでお買い物をしていたよw

初日は財布を忘れる男あり。
二日目のまきさんのバーナー忘れは大したことないけど、
三日目には左のサンダルを忘れる男。

みんなしっかりしろ!w
やれやれ・・遠足は家に帰るまでが遠足だからね!

まだ家まで500キロ以上あるのに、大丈夫かな~w

hqdefault.jpg

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

東北ぶらり旅~8 秋田駒から乳頭温泉

2018.09.20 (Thu)
トラ山さんはだいぶ腰が痛そうだったけど、無事に秋田駒ヶ岳に登頂した僕ら4人。

P9032143.jpg
絶景に後ろ髪をひかれつつも、下山を開始。

P9032144.jpg
「あ、おたまじゃくしがいますよ。」
「わ~ホントだ~。」

なにぃ!

小熊の傍には親熊がいるから危険なコトは、山登りの常識っ!
おたまじゃくしの近くにはがいるのだっ!

ココは危険だっ! 総員退避っ!

P9032153.jpg
山には予期せぬ危険があるのだ。油断は禁物だが、相変わらずの絶景だ。

P9032160.jpg
田沢湖もキレイに見える。本当に青いなあ。

DSC_1669.jpg
ウメバチソウ

DSC_1670.jpg
オクトリカブト
花で有名な秋田駒ヶ岳。他にもたくさんの花が咲いていました♪

DSC_1665.jpg
最後は鉱山跡に出た。山頂からは1時間で下山。全部で3時間ちょっとのショートトリップで様々な景色を見せてくれる、ステキな山でした。
ホントに東北は良い山ばかりだ。

下山後はクネクネ道を運転して乳頭温泉へ。
DSC_1676.jpg
トラ山さんはかなり腰が痛そうだ。温泉で治るといいけど・・。
男女別のお風呂と、混浴があり、それぞれ源泉が違うそうな。

DSC_1681.jpg
温泉の奥では砂防ダム?を建設中でしたが、それでも昔からの湯治場の良い雰囲気でした。

まだお昼だけど、温泉に入ってさっぱりした僕ら。
やはり1回温泉に浸かっただけでは、トラ山さんの腰痛は治らなかったようで、車に乗る動作が、めっちゃスローもうお爺ちゃんですw
「明日仕事できるかなあ・・」と心配顔。

秋田駒ヶ岳に登り、秋田の乳頭温泉に入った。秋田満喫には・・そうだ!きりたんぽ食べてない!という話になった。
「きりたんぽ焼いて味噌つけたヤツ」食べよう!と言って、道の駅に寄り道。

その時、車内にトラ山さんの悲鳴が響き渡る!!

hqdefault.jpg

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

東北ぶらり旅~7 秋田シャバヶ岳!

2018.09.17 (Mon)
コテージのベッドで迎える、東北二日目の朝はN13さんの爆音目覚ましで始まった・・。
スマホのアラームのボリュームマックスを、僕は初めて聞いた。恐るべし、ダブルベッダーズ・・。
昨日は謎の体調不良に悩まされたトラ山さんだったが、今朝からは腰がめっちゃ痛いそうだ。動くのも辛そう・・。二日連続で事前代償をきっちり払う男、トラ山リーダー。

よし、今日も晴れる!

土日はマイカー規制があるけれど、今日は月曜日なので秋田駒ヶ岳の八合目の駐車場へ行くことができる。
すれ違いに気を使いそうな道幅の道路をどんどん登り、駐車場へ。

P9032045.jpg
ガスって小雨交じりだけど、奥に青空も見える。
東北二座目に出発!

P9032053.jpg
すごく険しい道を進んでいるようだが、駐車場で標高1300mもある。秋田駒ヶ岳は1637m。標高差300mしかないw

P9032054.jpg
少し登ると、晴れてる!雲海だっ!
トラ山リーダーの事前代償のおかげだね!ありがとう!!

P9032055.jpg
目指す秋田駒ヶ岳の最高峰・男女岳(おなめだけ)!シャベーー!

P9032063.jpg
雲海の向こうには、昨日登った岩手山もちょこんと顔を出している!

P9032066.jpg
真ん丸な、焼森山。

P9032071.jpg
奥に裾野を延ばすのは、先月登った鳥海山!シャベー!

P9032076.jpg
雲海大好きっ!

P9032083.jpg
雲海を眺めながら飲むコーラ、シャベー!

P9032093.jpg
絶景だらけだ。
空の青、雲の白、湖の青、山の緑。シャベーー!

DSC_1620.jpg
眼下に田沢湖を見つつ、ガイリーンを歩く。奥には鳥海山。

IMG_20180903_075608.jpg
まきさん命名、抹茶ババロア山。
若干滝雲も。

IMG_20180903_082634.jpg
田沢湖は深さ日本一、423mもあるらしい・・。田沢と言えば、松尾だな・・。

P9032102.jpg
ガイリーンから降りて阿弥陀池へ。

P9032110.jpg
岩手山・・w

P9032105.jpg
阿弥陀池越しの秋田駒ヶ岳。3人が別々の方向を向いていて、お気に入りの写真だ。

P9032112.jpg
最後の急登を登るよ!

DSC_1649.jpg
秋田県最高峰・秋田駒ヶ岳(男女岳)、1637m登頂!

Effectplus_20180906_161504.jpg
シャべーーー!!
東北の山はサイコーだっ!

IMG_20180903_082753.jpg
雲海の先に岩手山、左奥に八幡平。手前には乳頭山が見える。

P9032124.jpg
乳頭山のアップ。あの近くに乳頭温泉があるのか・・。

IMG_20180903_083200.jpg
東北の山はいつも絶景で迎えてくれます。シャベーー!
駐車場から3時間かからずに、この絶景三昧!なんてシャベー山なんだ!
トラ山さんの腰も、なんとか持ったw

P9032131.jpg
頂上で景色を堪能し、阿弥陀池のほとりのトイレへ。やっぱりここもキレイ。恐るべし、東北のホスピタリティ。

P9032141.jpg
まだ午前9時。しかしこのあとの道のりも長いので下山を開始するっ!

hqdefault.jpg

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

東北ぶらり旅~6 旅の宿

2018.09.14 (Fri)
トラ山リーダーの体調不良はあったものの、無事に岩手山を登った僕ら。
下山してからガソリンスタンドが近くになくて、コンビニに寄って今日の宿に到着した時には50キロも走っていたw 
広いぜ東北っ!

KIMG1470.jpg
ここをキャンプ地とするっ!

近くの温泉へ行き、
KIMG1468.jpg
小岩井のコーヒー牛乳.。だってここは小岩井農場から数キロの場所だからね!
まきさんは「13」と押すところを「1」と「3」を押そうとした結果、飲みたいモノとは違うのが出てきていた・・。昨日の牛タンといい、飲食に受難の相がでていますね・・。でもどれもメイドイン小岩井なので気にするなっ!

食事は宿と提携しているレストランへ。車で17分らしい・・。なぜ15分でも20分でもなく、17分なんだ?
ナビにお店を入力して見ると、距離は17キロ離れている!17分じゃなくて、17キロの間違いじゃないのか?
というか、提携しているレストラン遠すぎねえ?

DSC_1570.jpg
自然食レストランのビュッフェスタイル。
「食に強いこだわりを持つ」僕は、豆腐とこんにゃくしか食べるモノないんじゃないのか?と心配したが、エビチリやパスタ、肉野菜炒めにから揚げ等があったので大丈夫でした♪

ものすごい品数のビュッフェで満腹&満足、今日の夕飯は大成功!宿に戻る。やはり17分では帰りつかなかったw

しかし下山したあとで、ガソリン入れてコンビニ寄って温泉入って夕飯食べて宿にチェックインしただけなのに、走行距離はなんと90キロ・・。
東北は北海道みたいに広いですな。

P9022044.jpg
N13さんは「男二人でダブルベッドで寝る」という悪の組織「ダブルベッダーズ」に所属しているので、僕は心配していたのだが、部屋はツインが二部屋にリビングという造り。ヨカッタ・・。

P9042172.jpg
僕が出発直前に購入した地図を見ながら、今日の岩手山を振り返り、明日の秋田駒ヶ岳の作戦会議。
今までの僕なら、幾つもある登山コースから一番長いコースを選んでいたのだが、それは昔の話だ。
4人で話し合った結果、一番短い8合目からのコースをチョイス。オトナ~

僕とN13さんで一部屋。暑がりのトラ山さんはクーラーのあるリビングで寝て、ツインのもう一部屋がまきさん。
二日目は、やはりテン泊じゃなくて良かった。コテージだと、とてものんびりできました♪
大人が4人もいるのに誰も「飲もう」とは言わない、真のオトナ旅。

男塾とは無縁の、のんびり旅だ。
明日は最終日、登るは秋田県最高峰の秋田駒ヶ岳!

hqdefault.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

東北ぶらり旅~5 チームの勝利

2018.09.12 (Wed)
P9022020.jpg

4人で岩手山に登れてよかった・・。
登り始めてすぐに、トラ山さんが「なんか調子悪い・・。もしかしたら途中で戻るカモ。」と言ったのだ。
トラ山さんとは何度も一緒に山に登っているが、こんなことを言うなんてコトは今までなかった。

「いつもより大量に汗をかいている。調子の悪い証拠だ・・。」とトラ山さんは言い、シャツの袖をめくって汗だくの腕を僕らに見せたのだ・・。


わかんねえ~~~~!!

トラ山さん、普段からめっちゃ汗かきだからわかんね~~w
しかも腕にもすっごい汗かくことで有名だから、全然わかんね~~w

まあ本人がそこまで言うんだから、調子が悪いのは事実なんだろう。
ペースを落としながら、4人で登ったのだ。

無事に登れて、本当に良かったデス。チーム力のおかげだね!

DSC_0000_BURST20180902105838258.jpg
山頂はすぐにガスに包まれてしまった。僕たちはそのままランチを食べながら、ガスが晴れるのを待つことにした。

まきさんがバーナーを車に忘れてきていたが、大した問題ではなかった。他の3人が火器は持っていたので、お湯をあげることができたのだ。忘れたのがお昼ごはんなら被害が大きいが、バーナーは無問題だった。
初日には財布、二日目にはバーナー。一日一つ、誰かが忘れ物をする。
そして三日目には、ついにあの人が忘れ物をしますよ。乞うご期待w

P9022024.jpg
今回も胃はやられず、お昼を食べることができた♪ もう完治したのかと勘違いしてしまいそうだ。
しかしガスは晴れなかったので、外輪山を回って下山することにした。

P9022030.jpg
時折風が吹いて、ガスが晴れて火口が見える。

P9022034サラシナショウマ
サラシナショウマという花らしい。キレイだな。クガイソウに似てる。

P9022038.jpg
下山は新道で。樹林帯だったが、麓の眺望が得られるところもあった。麓は晴れて暑そうだ。

P9022039.jpg
下りはまきさんが膝が疲れたと言っていたけれど、コースタイムより早く下山することができた。チーム力のおかげだね!
東北の山は、いい山ばかりだ。地元は雨らしいけど、遠く東北まで来て本当に良かったと、みんなで話した。
大勢で登るって、いいな。楽しいな。たれかつ丼の件は、水に流そうw

この日はキャンプ!ではなくてコテージ泊。
トラ山さんが、「二日連続でキャンプでは疲れが取れないだろう。」と言って、コテージを探してくれていたのだ。さすがリーダー!
旅慣れてるぜ!!

hqdefault.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

東北ぶらり旅~4 岩手県最高峰!南部片富士!!

2018.09.11 (Tue)
キャンプ場で迎える、さわやかな朝♪

DSC_1502.jpg
東屋でそれぞれ朝食を食べながら、テントを撤収する。トラ山さんもまきさんも、キレイにテントを畳むなあ・・。

P9021961.jpg
東屋には薪が積み上げてある。
「八合目の避難小屋まで担ぎ上げてくれると助かります」とのこと。

よし!運ぼう!!

DSC_1506.jpg
みんなザックの隙間に数本づつイン!

初回の時に今回の旅の仲間の紹介をしたけれど、一部訂正があるので、ザック姿の雄姿と共に新たに紹介します。

P9021966.jpg
トラ山さん 僕らのリーダー。今回の旅では体調不良に悩まされる。
薪、太っ!

P9021967.jpg
N13さん 最年少なのに健忘症。無一文なのに、「牛タンが食べたい。」と言い放つストロング・ハートを持つ。
無事カエルも一緒です!

P9021968.jpg
まきさん 最初の紹介から訂正。伊達よりも飛燕、濃い味よりも薄味を好む。紅一点。
まきさんが薪を!

P9021992.jpg
そして僕 食に強いこだわりを持つ長距離ドライバー。

P9021969.jpg
馬返し登山口を出発!
旧道で登り、新道で下ることにしたよ。

P9021971.jpg
登山道はたくさんある。

P9021979.jpg
うわ~真っ白~。
でも最近僕らは「持っている」ので信じて登る。

P9021980.jpg
雲を突き抜けるよ~。

P9021989.jpg
イエス!岩手山が全貌を表すっ!

P9021991.jpg
八合目避難小屋は大賑わい!トイレもきれい。東北は素晴らしい!

DSCPDC_0003_BURST20180902091331469_COVER.jpg
薪を小屋番の人に渡す。お礼を言ってもらえた♪

P9021995.jpg
登って感動!

P9022009.jpg
最後の急登を登る。

IMG_20180902_100227.jpg
富士山の剣ヶ峰手前の急坂と同じようなザレ激登り!
がんばって登ると~~

IMG_20180902_100650.jpg
来た~~!

P9022012.jpg
シャベー!

DSC_1542.jpg
浅間山みたい!シャベーー!!

IMG_20180902_100718.jpg
超シャベーー!!

Effectplus_20180906_161613.jpg
岩手山登頂っ!

hqdefault.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)
back-to-top