18年の分水嶺!

2018.07.15 (Sun)
P7141243.jpg

3年連続で、分水嶺トレイルレースに参加してきました♪
勘のいい方は「あれ?もうブログ書いてるの?」と思うでしょう。
そう、本来はらば明日の月曜にゴールするハズだったのですが・・。もう帰宅して家でコレを書いております。本当は今頃富士見平小屋で休憩をしている予定でした。

初めてのリタイアをしまして・・。

2016年は全9回、
2017年は全15回!と、ダラダラと長~いブログを書いてきましたが、今年は短くなると思うので安心してくださいw

特に大きなネタはないのですが、
去年よりも短く楽なコース、
去年と違って涼しかった山行、
なのに、僕は何故リタイアをしたのか?

次回から地味に、短く書きたいと思います。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

決戦は金曜日!

2018.07.13 (Fri)
もう少しで分水嶺トレイルレース!全然準備出来てないっ!

KIMG1372.jpg
今年はストックを長さ調整できるヤツに交換したから、ストックシェルターもピシッと張れるよ!
最近はカミナドーム2のテン泊ばかりだったから、狭いっ!五分の一くらいの広さに感じます・・w

P7131239.jpg
去年は胃をやられて食糧全然食べられなかったので、今回は少な目にしてみました。前回はラーメン3、アルファ米3だったもんな。
ポテチをトレイルミックスとして食べることにしてみました。食欲がなくなっても、好きなものだったら食べられるかなあ、と思って。

P7131242.jpg
そしてザックは20ℓ!去年一昨年は30リットルだったけど、小さくしてみました。パンパンっ!

では行ってきま~す。しまなみ海道チームにはブログネタの女王がいるけど、僕らもニセ札事件を越えるネタを探してくるよ!!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




Category: 山行 | Comment(0)

クマザサの 大海原から 女峰山

2018.07.04 (Wed)
分水嶺トレイルレースに向け、先週の土曜日に山に行こうと思い何人かに声を掛けるも断られる・・。
いいもん!普段通り一人で行くもん!

寂しい僕が選んだのは日光の「寂光滝」。
P6301104.jpg
7段にも及ぶ滝。マイナスイオンをたっぷり浴びた。ところで、マイナスイオンってなんだ?

駐車場から5分ほどで滝を見終わったので、ついでに女峰山に登ることにした。

P6301106.jpg
何度も下ったことのあるモッコ平。登るのは初めてだ。クマザサが生い茂っているのは分かっているので、今回はハイソックスを履いてきた。

P6301107.jpg
しかし予想以上にクマザサが生い茂っている。写真の場所はオンルートなのだ。
クマザサの攻撃にあって、僕のかわいい膝小僧は痛めつけられていく・・。
こんなにクマザサが元気なら、長ズボンでくれば良かった・・。短パンにハイソックスでは太刀打ちできなかった・・。

モッコ平は何回も来ているが、考えてみれば真夏に来たことあったっけな?

P6301113.jpg
大真名子・小真名子かな。高原のように開けた場所で、気分最高!

でも実は僕、道をロストしていますw
クマザサ攻撃の中で、いつのまにかロストw なにが何度もモッコ平来ている、だよ!w

P6301114.jpg
ステキな場所だな~。道をロストしているけれどw

GPSと地図を見て、なだらかな地形を選んで荒沢出合に復帰。
P6301115.jpg
こういう時焦らないのは、地図読み訓練のおかげですな。

P6301123.jpg
ガレ場を登って・・

P6301128.jpg
女峰山山頂♪
この時期特有の小虫がたくさんいたので、お昼は食べず。

P6301131.jpg
こんなキレイなところを通りつつ、東照宮方面へ下山。

P6301133.jpg
途中には有名な看板が。

P6301158.jpg
下山した場所は、輪王寺。めっちゃ観光地・・。

P6301159.jpg
汗だく短パン野郎は自販機でコーラをゲット!w
なんか恥ずかしいな・・。上高地でトレランした時みたいだ。

女峰山


分水嶺トレイルレースに向けて、山での遊びが足りない僕・・。過去二回の参加の時には、レース前にカモシカ山行を2回くらいやって身体を慣らして準備していたのに、今年は準備&体力不足なのが心配・・。
そして・・暑かった・・。梅雨明けが6月なのは史上初らしいですね。

今回、またアレになったんです・・。
オエッってなるアレ。

日帰りだし、それほどハードな山行でもないのに嗚咽。
食欲もなくてお昼は食べず・・。
こんなんで二泊三日の分水嶺で完走できるんだろうか・・。また絶食山行になるのでは・・。不安&心配・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

油風呂ラン

2018.06.25 (Mon)
本日の月曜日がお休みだった僕。昨日いろいろな人に「山行かない?」と聞いたけど、みんな仕事・・。
いつも通りの一人の山行か、と思ったが結局山には行かないというまさか。

久しぶりの休日だったので、身体を休めることにしたのです・・。
サッカーを見ることもなく眠り、午前中は近所をジョグ。

昨日は10キロ走ったので、今日は20キロ走ってやる!と走り始めたが・・
猛烈な暑さ!

真夏ほどの暑さではないのですが、今シーズン一番の暑さに身体がまだ慣れておらず、バテバテ。
まるで油風呂に浸かっているかのような暑さでした・・。

結局15キロ走って帰宅・・。なんだかすごく不健康なコトをした気がする・・w
山に行くのと、どっちがきつかったんだろうか?
でも、これくらいの暑さで音を上げていては、分水嶺の完走は危うい・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

KT8

2018.06.21 (Thu)
乾徳

先週、連休があったのですが、雨予報ばかり・・。合い間にやまてんで「A」評価の乾徳山へ登ってきました♪
ヤマレコ等で乾徳山を見ると、なんか一枚岩の鎖場の写真ばかり・・。びびりの僕は未踏だったのですが、登った人から「それほど怖くない」と聞かされ&先月GNJ61 をクリアした今なら登れるだろう、と判断したのです。

当日は頻尿のせいで早起きがオートマチックで出来たので、深夜に出発!
6時過ぎには、登山口に到着w 頻尿もいいコトあるね!w

P6121051.jpg
駐車場には、見やすい地図が。俯瞰で分かりやすい! この看板、市役所の方が描いたらしいです。
コースは銀晶水経由で山頂、下りは迂回新道&道満尾根で下山の8の字コース。ヤマレコだとコレが多かったのですw
日帰りトレラン装備で山登るの久しぶりだな・・。

P6121063.jpg
樹林から抜け、パッと視界が広がる扇平。
うわぁ~真っ白~♪

P6121070.jpg
そのあとにちょっとしたハシゴや・・

P6121072.jpg
ちょっとしたクサリ場。八ヶ岳八連制覇を成し遂げた今、全く怖くないぜっ!

P6121075.jpg
そしていよいよ鳳岩!写真でよく見るヤツです。20~30mとも言われる大岩だ。

P6121073.jpg
ちなみに手前に「迂回路」の看板あり。こっちのルートを紹介している人はあまり見ないな。こっち行ったほうが良かったか?

P6121076.jpg
登って見下ろす。GNJ61に比べれば、全然怖くない。足場がないので、岩の隙間に靴を挟むと、柔らかいトレランシューズなので痛かったくらいでした。ありがとう八連制覇♪
でも下りはイヤだねw

山頂に居た方と「天気Aだったのにねえ~」と話すw
P6121078.jpg
200名山、乾徳山山頂、2031m。
登る途中で見上げると見事な岩峰らしいが、ガスガスで一度も見えぬまま登ってきた・・。

P6121079.jpg
しかし、一瞬だけ青空が!富士山チラリズムっ!

P6121083.jpg
待っても晴れないので下山・・。
山頂の先へ進み、分岐を迂回新道へ。

P6121085.jpg
歩きにくい道が続いたが、高原ヒュッテまで到着。この建物、軽井沢の別荘みたいな造りで気に入った!

P6121088.jpg
こんな走りやすいトレイルもあり。でも以前のようには走れなかった・・。最近トレランやってないから、下りの脚が出来てない。

P6121094.jpg
下山すると晴れているのは、定番ですよね~!

12キロ、累積標高1300mのショートなトレラン。特にブログネタになるようなネタもなく4時間ちょっとで終了。
午後3時には帰宅。録画していたにっぽん100名山&ヨーキさんの200名山の乾徳山を見ました。数時間前まで登っていた山をテレビで見るのって新鮮w
駐車場の地図を描いた人も登場していました。登る前に見ておけば良かったなw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

見さらせ!八連制覇~エピローグ フカシ13kg

2018.06.13 (Wed)
KIMG1332.jpg
ココロが何度も折れそうになりながら、「八連制覇」をやり遂げた僕。
二泊三日、長い旅だった・・。

だがまだ終わりではないのだ。
蓼科山登山口から、車の置いてある富士見高原までの30キロくらい?をMTBで戻る。
おまけにトレイルライドを盛り込みつつ戻る。
デザートライド。いやエスプレッソ好きな僕は「ドルチェ・ライド」と呼ぼう。

P5311038.jpg
三日間駐輪していた。雨にも濡れたろう、待たせたね。アンカライト、力を貸せッ!
SPDシューズに履き替え、ヘルメットを被って出発!

N13さんと今年はバイクパッキングに行きたいね、と話している僕。今回、幕営装備を背負ってのトレイルライドは、バイクパッキングの練習にもなるのだ。

トレイル入ってすぐは岩が多くてほとんど乗れなかった・・。困ったな。ずっとこんな道だったらどうしよう?
でも昔は馬が走っていた道だから、きっと走りやすくなるはずだ。

P5311041.jpg
よし! 走りやすいトレイルになってきた♪

背中のザックが重いので、乗り始めはスムーズにライドできなかった。身体が振られてしまうのだ。
岩でよろけて足を着いて止まるが、そのままザックに引っ張られるように転倒したり・・w
しかし、少しづつコツも覚えて来た。曲がる時は自分の身体は倒さず(倒すとザックに引っ張られる)バイクだけを倒してまがる。リーンアウトってヤツですね。
ジャンプすると、ザックが背中で浮くのでやらないほうがいいこともわかった。

P5311045.jpg
ライド中の自撮りはメンドクサイっ! 見切れてるけど、コレでよしw
背中のザックは約13kg。

フカシ13kgだ。

ん?何か似た名前の人が居たような気がするけど、まあいいや。

P5311047.jpg
ダブル&シングルトラックを、ガンガン走ったぜ!
森からでると、雨がけっこう降っている・・。
まだ舗装路を25キロくらい漕がないとな・・。

MTB歴がそこそこ長い僕ですが、あんな土砂降りの中を走ったことはない・・
スゴイ雨だった・・。

八ヶ岳エコーラインをひたすら走った。登りでも足は着かないで走った。ペンション村付近にはカフェもいくつかあったけれど、全身びしょ濡れの僕が入店する訳にはいかないw 黙々と走りました。
「けしてムダなコトをしている訳ではないのだ」と自分に言い聞かせながら・・。

初日のホテル・オーレンで舞い上がり、二日目の双子池テン泊でズンドコまで落ち込み。三日目の晴天で再び気持ちを取り戻した。そしてドルチェ・ライドでまたまたびしょ濡れになって、再び凹みましたよ・・。
いろいろなコトのある旅だ・・。

P5311048a.jpg
大威信八連制覇、本当のゴール。
待たせたなフリードプラス、会いたかったぜ!

やっと終わった・・。チャッピーな旅のはずが、常に時間に追われていたなあ・・。
雨天やザックの重さに悩まされたが、予定通りのコースをハニートラップに引っかからずゴールできた。
この諦めなかったという達成感の為に行軍を続けて来たのだ。


俺の名を言ってみろっ!


初心者向けの縦走コースで天候と荷物の重さに苦労する、テン泊初心者あるあるな旅。
特に大きな事件もない、地味で冗長な「見さらせ!八連制覇」、プロローグからエピローグまで全8回のブログを読んでくれたアナタ。そこのアナタも「八連制覇」ですよ♪

                                ~完~

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(2)

見さらせ!八連制覇~6 辞めるのを止める

2018.06.11 (Mon)
落ち込んだ気持ちで眠りに着いた僕。オーレン小屋での一泊目とは雲泥の差だ・・。わずか一日で、こうも気分が変わるものなのか・・。

P5311002.jpg
今日は目覚ましで起きれた。早く撤収してロープウェイの始発に乗るのだ!
さすがのカミナドームも結露しました・・。でも水が垂れてくるほどじゃないのでヨシ!シェルターだと顔に水垂れてくるもんね。

あ・・。雨止んでる!昨日と同じパターンだ!これなら撤収が楽だぜ!
当然服は乾いていないので、着て乾かすしかないな・・。

P5311005.jpg
双子池も輝いて見える。これならアン・シャーリーじゃなくても「シャイニングウォーター」と名付けるね。
撤収し朝食を食べて出発!午前中には下山できると思うと心も軽い♪

P5311007.jpg
トレイルには木漏れ日。

スゲーッ 爽やかな気分だぜ
新しいパンツを履いたばかりの 正月元旦の朝のよーによォ~ッ

P5311014.jpg
来た道を戻る僕。雨の日には、マット外付けはしないほうがいいね!

P5300999.jpg
すぐに亀甲池の分岐に着く。ここから昨日も登った北横岳を経由してロープウェイ山頂駅へ向かうのだ。3時間はかからないだろう。
右に曲がると本来予定していた蓼科山か・・。

あれ?僕なんでロープウェイで下山することにしたんだっけ?
昨日の夜、決めたんだよな・・。
理由、なんだっけな? 思いだせないや・・

何かネコ型ロボットに懇願したような・・?

天気は晴れてるし、水も食糧もある。別にケガもしてないから歩けるぞ。
どうして蓼科山登るの辞めるんだっけ? わからん・・。
よし!辞めるのを止めよう!

P5311008.jpg
蓼科山が見える。すごい直線で急登な道もw

P5311010.jpg
天祥寺原に到着。ここからでもエスケープできるが、エスケープする理由がないので、ガンガン進む。

P5311013.jpg
地図には「ガレ場歩き」と書いてある。確かにガレ沢だ。雨後のガレ沢だろうが、昨日の三ツ峰の岩場に比べれば何でもない。
どんどん登るっ! 嗚咽もほとんどない。

P5311015.jpg
小屋まで30分!ホントか?

半信半疑で登ると・・40分掛かりましたw 足は復活してないようだw

P5311016.jpg
そして蓼科山荘に到着!
気さくな御主人と少し話をさせてもらい、トイレ休憩して進む。蓼科山までもうすぐだ!

P5311019.jpg
山頂直下の蓼科山頂ヒュッテ! 以前蓼科山に登ったときは残雪期で、この小屋は雪に埋まっていた。

P5311020.jpg
ついに来た!蓼科山山頂!!2530m。
諦めないで良かった・・。

P5311028.jpg
山頂は風が強い。雲もすごい速さで流れている。あれは八ヶ岳の峰々か・・。遠くまで来たもんだ・・。

P5311034.jpg
風が強いので、すぐに下山。こんなに岩々だったんだなあ。以前は雪が多くて分からなかったもんな。

P5311033.jpg
少し景色も見えて来た。油断せずに下山だっ!

P5311036.jpg
半分ほど降りて来た。また雨が降ってきた。しかしもう少しで下山だ!頑張れっ!

P5311037.jpg

ゴーーーーーール!蓼科山登山口に無事?到着だっ! 時刻は午前11時!

やった!僕はやったぞ、八ヶ岳全山縦走、「大威信八連制覇」を!!
諦めずに歩いて良かった。

俺の名は不可止!止めることができないって意味だっ!

そんなキツい行程じゃないチャッピーテン泊のハズが、何故か男塾行軍になっちゃったけど、成し遂げたぞっ。
いろいろあったけど、良い経験が出来ました・・。精神力の戦いだったなあ・・。これくらいの雨で根をあげてちゃダメですね。危うく山が嫌いになるとこでしたよ・・。

一日目でロープウェイで下山するのが、正しい判断だったのかもしれない・・。僕の短い旅は、ここで大団円を迎える・・。ありがとう、八ヶ岳・・。



イヤ・・


迎えないっ!


この蓼科山登山口からデポ地の富士見高原まで、30キロ近く離れているっ!
MTBで戻るのだっ!

ただ舗装路を戻るダケじゃないぜえ・・。

デザートにトレイルライドを楽しみつつ、戻るのだっ!


俺の名は不可止! 止め(ry
hqdefault.jpg

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)
back-to-top