FC2ブログ

嵐の前に

2019.10.11 (Fri)
昨日は久しぶりに木曜夜ランに参加した。数名の有志で毎週木曜夜に10キロジョグるイベントだ。
7月以来の参加となった僕は、半袖Tシャツ&短パン&ルナサンダルという夏の恰好で参加。

しかし他の3人の参加者は、全員パーカーを羽織っていた・・。そうか・・季節はもう変わっていたんですねw

走りだしてすぐに雨が。しかも本降り・・。こんな予報ではなかったのになあ・・。
近くの公園の東屋で雨宿りしながら、近況をおしゃべり。

伊豆のMTBのオリンピックコース、走ってみたいなあ。

結局雨は止まずに、早めに終了。
最近仕事が忙しかったので、短い時間でしたが良い気分転換になりました。ありがとうございました。
いろいろなお話が出来て、楽しかった♪

代わりに今日の午前中、ジョギングしましたよっ。

関東には明日の午後、台風襲来。ハセツネは中止だそうですね・・。
明日、夜勤の僕は朝の電車での出勤は大丈夫そう・・。夜勤明けの日曜、電車いつから動くのかなあ?
台風被害、ないといいですね。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

第二回・東北ぶらり旅~5 めしはん!

2019.09.10 (Tue)
2011年3月11日、僕は茨城県日立市の里山、通称日立アルプスを一人でトレイルランニングしていた。

最初の揺れは、近くの山で発破作業でもしているのかと思った。
二度めの揺れは、立っているのが怖い程だった。
麓まで近づくと、防災無線が「津波の高さ4メートル」と言っていた。何かの間違いだと思った。
下山して麓の駐車場に向かうと、海の方から続々と車が避難してきた。
車のラジオで、初めて地震の詳細を知った。
高速は通行止め、停電で信号も点かずガソリンスタンドで給油も出来なかったが、10時間かかって深夜に帰宅することができた。

あの時、東北地方はかつてない大きさの津波に襲われていたのだ・・。

P9011479.jpg

僕らの震災遺構を巡る旅は、ここ荒浜小学校で最後だ。

P9011482.jpg
ありがとう、荒浜小学校。
うまく言葉にできないけど、ズシリと何かが心に残りました。

震災遺構を訪ねたからと言って、明日から僕自身が急に変化するわけじゃないけれど、でも少し変化が生じたと思います。良いほうに。
津波被害の凄さ、防災への意識と備え、復興とはどういうことなのか。訪れた東北地方のニュース等に関心を持つようになりました。
亡くなられた方々のご冥福を祈らずにはいられません。
宮古市から南下して、防災の日にさまざまな遺構を訪ねて、本当に良かったと思っています。


帰りに、何かこのあたりの名物を食べて帰ろう。
牛タンが有名だが、去年の東北旅では牛タンVSソースカツ丼で遺恨がある。

食に強いこだわりを持つ僕。
まきさんと相談し、静岡の大人気ハンバーグ店「さわやか」、」のようなご当地ファミレス的なお店を探す。

「半田屋」という仙台発祥の食堂チェーンが検索にヒット。
名前聞いたことあるなあ?と思ったら、僕の家の近くにもお店がありました。行ったコトはないけれど・・。

仙台市内にお店はたくさんあり、そのうちの一つに入店。

ユニークなシステムでした。

スーパーのお惣菜売り場のイートイン版というか、学食っぽいというか・・。
たくさんの種類のおかずが、お皿や小鉢にラップをかけておいてあり、好きなおかずを取り、最後に「めし」をオーダーして清算するシステム。
ごはんではなく、「めし」というところに、強いこだわりを感じましたw

店内には、電子レンジもあり、お茶のペットボトルも売っています。24時間営業で、労働者の為の食堂、という雰囲気。

DSC_0617.jpg
当然安い。僕のこのオーダーで500円でお釣りがくる!
ハムカツと唐揚げと肉団子。バランスなんて関係ねえ!食べたいものを食べるのだ!

DSC_3132.jpg
ちなみに今朝のホテルでの朝食バイキングはコレ。
テーマは「黄色」

DSC_3215.jpg
まきさんは牛タン丼をオーダー。お値段390円っ!
ワイルドな食堂でしたが、まきさんは気にいったようでなにより・・w

DSC_3057.jpg
前日登った百名山・早池峰山の印象も薄くなりましたが、震災遺構を訪ねる旅はこれにて終了。
登山しか興味のない僕でしたが、大変良い経験ができました。

二日間で1289キロ、ホンダセンシングの力を借りて走りました。
そして今回気が付きました。

僕が、ホンダセンシングなんだ、と。
もう僕が、ホンダセンシングの一部なんだということに、思い到りました・・w
来年、また大勢で行きたいな~。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

第二回・東北ぶらり旅~4  石巻・仙台 

2019.09.08 (Sun)
東北の旅の続きを書きます・・。

震災遺構を巡り、お腹も空いてきたのでお昼にカフェを探す。
以前、浜松の旅では、店主のコーヒー愛が溢れすぎて、コーヒーに砂糖・ミルク不可、コーヒー豆は十種類以上あるのにフードは2種類で、しかもこのコーヒーはスイーツと一緒にはオーダーさせません!というクセの強さの店に入ったことがあった。

慎重にネットで情報を調べてもらい、僕の主食のハンバーグや名物らしい石巻やきそばもメニューにあるカフェを見つけて向かう。店の駐車場が見つからず、まきさんにお店に聞きに行ってもらうと、店員から「お店をご利用ですよね?」と聞かれたという・・。
店で食事せずに、店の駐車場使う客がいるのか?
駐車場は店の横のめっちゃ狭いスペースだったし・・。

イヤな予感がするのう・・

DSC_0613.jpg
コーヒーの横にある白い紙包み、何だと思う~~?


DSC_0614.jpg
シュークリーム!

シュークリーム・オンリー・ショップ

ネットの情報は古かったみたいだ・・
ずんだやチョコ等のいろんなテイストのシュークリームしかなかった・・w
あ、夏はかき氷もやってるみたいデス。

サクサク生地で美味しかった!
でも僕らが求めていたものとは、違いましたw
なんでこう、クセの強い店を引くのかねえ・・w

小腹を満たした僕らは、車を50キロ走らせ最後の震災遺構にたどり着いた。

P9011448.jpg
荒浜小学校。生徒や職員、付近住民320名が避難したとのこと。

P9011453.jpg
閉校し、震災遺構として残されている。

P9011461.jpg
2階の海側。津波の威力はすさまじい。

P9011457.jpg
震災当時にテレビで見た、屋上で救助を待つ人々。

教室で関係者にインタビューした映像が放映されていました。
校長先生が、体育館ではなく屋上に避難するように判断したそうです。
当時のことを淡々と語り、最後に「もっと出来ることがあったのではないか?」と話す姿に、胸が詰まる思いでした。
8月までは17時閉館だったようですが、9月1日からは16時閉館。時間ぎりぎりまで、校内を見て回りました。

P9011478.jpg
僕らも屋上に上がった。

P9011480.jpg
屋上からは海が見えました。
道路や堤防、盛り土等の工事が行われていました。校内には被災前の写真があり、住宅が広がっていました。

荒浜小学校の時計は、津波到達時間の15時55分ころで止まっていました。
2011年3月11日、僕は茨城県日立の里山をトレランしていました。
地震の揺れはすごかったけれど、津波のことは考えつかなかった・・。

当時のコトを、僕は思いだしていた・・。




イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

第二回・東北ぶらり旅~3 陸前高田・南三陸・石巻

2019.09.06 (Fri)
翌日曜日は、登山ではなく震災遺構を訪ねることに決めた僕ら。
急だったので、70キロ走ってビジネスホテルを探して一泊した。

朝、目覚めてみると外から防災無線とサイレンの音がずっと鳴り響いている・・。
なにかあったのか?とよく聞いてみると・・
「これは訓練です」と言っている。

このとき、僕は初めて気が付いた!
今日は9月1日、「防災の日」だっ!

このとき僕は知らなかったのだが、この日安達太良山ではトレランのレースが開催されていたのだ。
もし行っていたら、静かな登山はできなかっただろう・・。

選択は間違っていなかった・
計らずして防災の日に震災遺構を巡るとは・・偶然、いや必然なのか?

まずは50キロ走って、「奇跡の一本松」へ。
駐車場が、めっちゃわかりづらかった・・。

P9011413.jpg
工事していて、直近には近づけなかった。
松は枯死したため、幹には金属の心棒を入れ、枝葉は合成樹脂等で複製。1億5000万の費用がかかり、賛否両論とのこと。

P9011416.jpg
すぐ脇のユースホステルは、壊れたままだ。
木は復元して、建物はそのまま。

次は60キロ車を走らせ、南三陸へ。
P9011420.jpg
テレビでよく見た「南三陸さんさん商店街」だ。
続々と人が訪れていた。

P9011419.jpg
ここから「南三陸防災庁舎」を見た。庁舎の付近は工事中で、近づくことができなかった。

P9011421.jpg
防災無線で最後まで呼びかけ続けた方がいたとのこと。
三浦綾子女史の「泥流地帯」で、泥流に自ら飲まれながらも避難を呼びかけた話を思いだしました・・。

P9011430.jpg
30キロ走り、大川小学校へ。たくさんの生徒・職員が犠牲になった場所です。

P9011425.jpg
5月にN13さんが訪れた写真をアップしていた。どれほどの距離感なんだろう、と思っていた。

P9011429.jpg
避難するべきだった裏山は、本当に本当にすぐ近くだった。

DSC_0606.jpg
宮沢賢治の詩は崩れていました。

P9011426.jpg
天使は泣いているように見えた。

テレビや写真で見るよりも、やはり現地で体感しないとわからない、伝わらないものってありますね。
心にズシンと響きました。津波被害の恐ろしさ、被害の大きさを知りました。
来て良かった・・。声を掛けてもらって、良かった。

DSC_0612.jpg
すぐ近くの釣石神社にも立ち寄りました。
階段の水色の箇所まで津波は来たそうです・・・。

防災の日だが、どの震災遺構も特に混んでいることはなかった。
訪れた場所はそれぞれが数十キロ離れている。それだけ被害が広範囲だったということですね。
そしてどの震災遺構も、残すか取り壊すか、で被害にあった方々の意見が分かれていることを知った。

僕らの時間も残り少ない。立ち寄れる場所は、あと一か所だ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

第二回・東北ぶらり旅~2 宮古・田老地区へ

2019.09.04 (Wed)
予定よりも早く早池峰山を下山できた僕ら。
翌日は登山か震災遺構かを決められずにいましたが、時間もあるので、ここから一番近い震災遺構を見に行こう、となりました。
河原の坊の駐車場では電波が入らないので、一旦麓へ車を走らせる。狭い山道をクネクネと走り、やっと電波の入るところに来たのでスマホで調べると・・
一番近い震災遺構は、宮古市の「たろう観光ホテル」と判明。
住所をナビに入力すると・・

今きた山道を戻る、というまさかw

小田越登山口の先にも道が続いている、と昨日書いたが、まさにあの道を東に進むのだ!

再び山道をクネクネと走り、河原の坊駐車場を通りすぎ、さっきは舗装路を歩いて行った小田越の登山口も通りすぎる・・。
ついさっき下山してきた道を、車でまた通るとはねえ・・。

DSC_0580.jpg
早池峰山、今度こそさようなら。

小田越から先の道は、さらに狭くてクネクネ。枝や小石もたくさん落ちている。
いや~さっきよりイヤな道ですねえ・・と助手席を見ると・・。

ヘッドバンキングしているっ!
カーブの続く山道なのに、グワングワンとヘッドバンキング。
首、グキりますよ? 一か月前も別の人で同じのを見たなw
まあ僕の運転が安心ってことなんだろうと考え直す。

100キロ車を走らせて、たろう観光ホテルへ。東北は広い。
DSC_0586.jpg
津波の衝撃のすごさを見た。
やはり写真やテレビで見るのとは違う。実際目にしなければ、伝わらないものがある。
震災時、お客さんはいなかったとのこと。

DSC_0594.jpg
田老地区の「万里の長城」ともいわれた堤防が、崩れたまま残されていました。

DSC_0595.jpg
以前よりも、もっと大きな防潮堤を建設中。でも想定よりももっと大きい津波が来る可能性はないのでしょうか?

DSC_0593.jpg
キット、サクラサク野球場。その奥には住宅が見えました。

DSC_0587.jpg
津波被害の恐ろしさを目の当たりにして、衝撃を受けた僕ら。
翌日の予定が、これではっきりと決まった。

明日は震災遺構を巡る、と。
安達太良山は日帰りでも登れる。いつでも登れるのだ。
なかなかこんな遠くに来る機会もない。三陸海岸を南下しよう。

hqdefault.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

第二回・東北ぶらり旅~1 花の早池峰山

2019.09.03 (Tue)
Effectplus_20180912_194551.jpg

ちょうど一年前、4人で二泊三日の東北ぶらり旅に行った。
こんなに休暇が取れたのは十年以上ぶりだった。普段みんなと泊まりで遊びに行くことがないので、とてもとても楽しい旅だった。
だから、今年も行きたい!楽しい旅をもう一度!!と思って4人に声を掛けた。


しかし、今年はみなさん多忙で都合が合わず、二人だけになってしまい、期間も一泊二日のショートな日程になった・・。
旅としての楽しさは、半減してはいない。前回は二泊三日で走行距離1300キロオーバーだったが、今回は一泊二日で1289キロ走った。

そう、より濃縮したキツキツスケジュール、SKOだったのだ。

前回の1300キロのドライブは、諸般の事情により僕一人で運転した。大人が4人居たのに、僕一人で。

全10回に及ぶ、去年の東北ぶらり旅のブログを読んでいただければ、そのあたりのことは良く分かります。


「近くの友だちよりも、ホンダセンシング」という良いキャッチコピーを発案したが、未だにホンダからCMのオファーはない。

今回は、もう初めから一人でステアリングを握るつもりだった。
二日連続で600キロ以上の運転は、確かに疲れもしたが、得るものもとても多かったように思う。
思えば先週の蝙蝠岳も片道6時間以上運転したなあ・・。僕は長距離ドライバーw

前置きが長くなっちゃったですね。車の移動はあくまで手段であって、目的じゃない。
目的は、未踏の東北・岩手の100名山「早池峰山」だっ!

出発から7時間かかって、河原の坊駐車場に到着。ここから舗装路を歩いて小田越登山口まで行きます。
8月の初めまではバスが運行しているそうです。

P8311355.jpg


P8311357.jpg

30分ほど歩いて、小田越登山口へ。簡易トイレあり。
こういう山奥の登山口って、道がここで行き止まりというパターンが多いけれど、この先にも道が続いています。

P8311358.jpg
山頂ピストンのショートコース。天気予報は晴れだが強風。

P8311374.jpg
スタートしてすぐの木道。滑らないように工夫されていて、板チョコみたいだ。さすが東北の山は人に優しいっ!

DSC_3036.jpg
樹林帯を抜けると、展望が開けましたっ!確かに風が強いっ!
そして思ったよりも岩々・・。

P8311364ナンブトウチクソウ
「ピンク色のねこじゃらし」 (まきさん命名)。見たことのない花だなあ、と思ったら早池峰山固有種のナンブトウチクソウという花でした♪

P8311366.jpg
群生していて、とてもきれい! もう夏も終わりなので、花には期待していなかったのですが、さすが花の百名山だっ!

P8311370.jpg
岩と緑と青空のコントラスト。来て良かった。
それにしても、風が強かった・・。なかなかあんな強風の中で登ることもない・・。

DSC_3051.jpg
早池峰山といえば、このハシゴ!蛇紋岩にかかっています。
斜度が緩いので、それほど恐怖感ナシ!でしたが、降りるときは、少し怖かったw

P8311380.jpg
早池峰神社。修験の山なんですね。

P8311379.jpg
一等三角点ゲット!

P8311390.jpg
ガスってますが、百名山早池峰山1917m
強風のなか、無事に登頂。岩陰で風を凌いでカップラーメンを食べた。

P8311384.jpg
固有種のハヤチネウスユキソウ、咲いていました!
エーデルワイスに似ている、とよく言われますが、エーデルワイスを良く知りません・・

DSC_3093.jpg
下山時には、だいぶガスが晴れてきました。強風は相変わらずでしたが・・。
帽子を手で押さえてないと、飛ばされそう。

強風のため立ち止まって休憩することも少なく、スムーズに下山。

P8311409.jpg
下山して振り返ると、ガスが晴れているのはいつものことw
5時間ほどで、無事に下山。ステキな山でした。固有種の花も見ることが出来て良かったな~♪
風がめっちゃ強かったけどw

明日はどこに行くか、僕らはまだはっきりと決めてはいなかった。
僕は南下して翌日は福島の安達太良山登山を提案。
同行のまきさんは、震災遺構を巡るという、僕には思いつかないことを提案してくれたのです・・。

どうする、不可止?

P8311402.jpg


hqdefault.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

Bat is Good! #3 Rising Sun

2019.08.29 (Thu)
P8261240.jpg
なかなか寝付けなかったけれど、オーバースペックのモンベルのダウンハガー#3でヌクヌクしているうちに眠りについた僕。
4時に目覚ましをセット。日の出を見たいのです。

P8261249.jpg
そして夜が明ける。

DSC_0551.jpg
起きて外を見てみると、雲海の向こうが黄色に染まっている!

P8261258.jpg
来た来た~~。夕日は見ることが出来なかったが、朝日はいけるっ!

P8261266.jpg
富士山も雲海から頭を出しているッ!絶景ですッ!

P8261263.jpg
塩見岳、モルゲンロート。これが見たかった。

P8261278.jpg
悪沢岳と奥にちょこんと見える赤石には、まだあまり陽が当たってない。

P8261292.jpg
蝙蝠岳山頂と富士山。シャベー!!

P8261279.jpg
蝙蝠尾根&塩見岳。美しい稜線だ。来てよかった。日帰りで下山しなくて、良かった。

P8261287.jpg
セルフタイマーと勝負したが、山頂に着く前にシャッターが切れたw
ダッシュする僕の姿が激写されているw

P8261294.jpg
カメラを近くにセットしなおして、撮影成功っ!w
この絶景は、見飽きることがないですw

山でテン泊する人は、コレを楽しみにしているんだろうな。僕はこんなきれいな日の出をゆっくり眺めたのは、初めて。山の大いなる楽しみを、一つ経験しました♪

DSC_0564.jpg
陽はどんどん登る。僕はテントを片付けて後ろ髪をひかれつつ下山を開始する。

P8261313.jpg
再びライチョウが姿を表して、僕を見送ってくれた♪
また来るぜ、いや来ないかもw

P8261323.jpg
蝙蝠岳を振り返る。体力不足でショートカットしてしまったけれど、新しい山の楽しみを見つけました、ありがとう。

P8261330.jpg
稜線を外れると、南八ツのような苔むした森が美しい。行きでは見る余裕がなかったw

P8261340.jpg
コバルトブルーの大井川。下りはスタスタと歩くことが出来た。
一泊二日の山行で、登山者には一人しか会わなかった。作戦通り、静かな山行だった。

P8261345.jpg
行きでは真っ暗で寄らなかった二軒小屋へは、お昼前に到着。工事の関係で小屋泊はできず、テン泊のみ。
なんかリゾート地ですw

P8261348.jpg
なんと自販機あります!価格も良心的!オアシス!

P8261343.jpg
ただいま9000。国民投票の結果、高次元世界から帰ってきたよ。

ここで休憩して、MTBで30キロライド。下り基調で行きより楽w
工事関係車両がたくさん走っているので、もし走る方が居ましたら注意してくださいね。

無事に沼平ゲートまで到着。予定より1日早く下山しちゃったけど、いい経験できたなあ。

すぐ近くの、赤石温泉白樺荘で温泉入ってさっぱり♪ TJARの望月選手の写真がたくさんありました。
そのTJARで選手が寄るスーパー、寄りたかったのに帰りは気付かず・・。残念。

静岡といえば・・

DSC_0569.jpg
あみ焼き弁当!を買って帰りました。
コレ、めっちゃ好き♪

体力不足で挫折感を味わいつつ、それでも山をのんびり楽しむというリカバー。
山は懐が深い。

山は三度登る と昔、教えてくれた人がいた。まさしくその通り、ですね。          



  ~完~

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


back-to-top