走れ過ぎて疲れる!日立アルプス!

2018.02.18 (Sun)


来週の東京マラソンに参加するトラ山さんの最後の仕上げの為に、
夏以来のトレランに茨城・日立に行ってきました♪

P2170300.jpg
めっちゃちっさい観覧車のある、かみね公園をスタート!

P2170302.jpg
太平洋を見ながらトレイルラン。ステキっ!

P2170304.jpg
あの白い塔のあるところに行きます。ほぼ同じ高さの稜線が、ずっと続いている。

P2170309.jpg
雪はほんのちょっぴり。軽アイゼン不要でした。

P2170305.jpg
羽黒山山頂。東日本大震災のとき、僕はココにいた。トラ山さんと当時の話しをしながら先に進む。

P2170312.jpg
高鈴山山頂。今日のコースの最高峰で、花の百名山でもある。全く雪なし。バーナーでお湯を沸かし、ラーメンを食べた。

あとは下り基調のコース。岩場・クサリ場もなく、走りやすいトレイルが続く。休むところがないので、ずっと走りっぱなしで、すっごい疲れるw 午後は粉雪の舞う中、ずんずん走った。練習不足とは言っていたが、多少走り込んでいるトラ山さんに着いて行くのは大変だ。
こんなフラットなトレイル、なかなかないよね。

P2170313.jpg
風神山でゴール!夏以来のトレラン。足が疲れた・・。トラ山さんも東京マラソン前に、いいランができましたね!

P2170315.jpg
あとはあらかじめデポしていたMTBで、かみね公園まで舗装路を戻る。今年初めて乗るアンカライトは、やはりMERIDA9000に比べると漕ぎが重い・・。向い風&登り返しで、疲れました・・w
よって翌日の里山ツーリングは行かないコトにしたのですw

久々トレラン、楽しかったナ。いろんな思い出の詰まった日立アルプス、いいトレイルです。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


スノーシューハイク、西大巓で大転倒・・

2018.02.12 (Mon)
KIMG1184.jpg

先週の金曜日、二度めのスノーシューハイクに行ってきました!スノーシュー買ったら、スノーモンスター見たい! スノーモンスターといえば蔵王。ですが入山規制で少ししか歩けないので、福島と山形に跨る「西吾妻山」をチョイス! 

慣れぬ雪道をビビリながら運転し、グランデコスキー場へ。冬のスキー場に来るのは30年ぶり二度めw 

P2090257.jpg
ゴンドラ&リフトを乗り継いで、西大巓(にしだいてん)を経由して、百名山でもある西吾妻山を目指します。

P2090260.jpg
しかしスキー場でスノーシュー背負って歩いていると、アウェー感パネぇ!

P2090264.jpg
パフパフですが先行の二人組も居てトレースあり。樹々にも雪がたくさん着いています。午後から晴れる予報なので、スノーモンスターに期待♪

P2090272.jpg
スノーモンスターになりかけ、かな。

P2090268.jpg
ただの真っ白な写真ですが、西大巓(1982m)の山頂付近。雪がどんどん降ってきて、視界不良・・。この先の西吾妻山へのトレースを探していると・・

地面がなくなり、ゴロゴロと転がり落ちましたっ!

2~3回転転がり落ちて、パフパフのパウダースノー中へ・・。なかなか起き上がれませんでした。吹っ飛んだストックを探しだし、上を見上げると、3メートルほど上に雪庇があり、割れていました。あそこを踏み抜いて落ちたらしい・・。冬山って怖いなあ。
ケガはないし、登り返そうとしますが、パフパフすぎて全く登れず・・。では、と横にトラバースしながら少しづつ登ろうとすると、横はさらにパフパフでスノーシューでもどんどん沈んでしまい歩けない!ストックも底付きしないでどこまでも沈みます。

どうしよ・・。こういうときどうするのが正解なんだろう?

スノーシューを履いたまま落ちて来た斜面を登ろうとしても、まったくグリップせず、雪を掻くだけ。キックステップで登ってみようと、スノーシューを脱いで雪の壁を蹴り込んで見てもフカフカで崩れるだけ。スノーシューを脱いだせいで、さらに沈んでしまうので、再びスノーシュー装着・・。

ヤバい・・。登れないかも・・。ほんの数メートルなのに・・。

雪壁を登ろうと試みるも、ハムスターのようになるだけ・・当然登れない・・。
あれ?でもさっきより雪庇が近いぞ?
雪を掻いて、その雪を踏み固めたせいで、僕の立っている雪面が底上げされているっ!w

カラスが水差しに入った少量の水を飲むために石を入れる、あのイソップ寓話のように、僕も周りの雪を掻いて足元で踏み固めて、どんどん高さを出していくっ!

そしてなんとか元のトレースに戻りました・・。3メートル登るのに、30分もかかりましたよ・・。
相変わらずホワイトアウトなので、西吾妻山は諦めて下山っ!

P2090276.jpg
スノーシューにも少しづつ慣れてきました。

P2090285.jpg
ほんのちょっぴり陽が差してきました・・。登山指数はAだったんだけどなあ・・w

P2090291.jpg
帰りはリフトには乗れないので、ゲレンデの脇を邪魔にならないように歩く。めっちゃアウェーw

P2090294.jpg
あとはゴンドラで下山。スノーモンスターには会えなかったけど、プチ雪庇滑落も経験できたし、無事に下山出来てよかった。

KIMG1186.jpg
喜多方ラーメン食べて帰宅。往復500キロ以上運転したのに、山行時間は3時間という、アンバランスさw
晴れた日に、また登ってスノーモンスターを見たい。そして自分が転落した箇所を確認したいなあ。


 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

美ヶ原スノーシューイング~2 直進行軍!

2018.02.06 (Tue)
ちょっとしたアップダウンはあったものの、ほぼフラットな雪原を歩いて茶臼山山頂に到着!
P2010197.jpg

雲海も見られて幸せ♪ 予報通り曇天なので、空にも雲があり、雲と雲のサンドイッチだ。

P2010200.jpg
雪と雲海。
しかしこの後天気は崩れ、雪が降ってきました・・。茶臼山には寄らずに、先に王ケ頭や王ケ鼻に行けば眺望があったカモ・・と思っても後の祭り・・。

P2010201.jpg
ノートレースで、スノーシューでも膝まで埋もれるところは引き返し、結局来た道をピストンで戻る。
もう真っ白で眺望なんて望むべくもないが、「アルプス眺望コース」を進む。

P2010207.jpg
雪がないので、チェーンスパイクにチェンジ。

KIMG1158.jpg
王ケ鼻に到着!

山頂にあった看板に積もっていた雪を払いのける。
P2010216.jpg
ほほう、「百名山の三分の一が見える」とな。

P2010217.jpg
一面ホワイティ。心眼で絶景を見るとしよう・・。

P2010221.jpg
ソフトフラスクの飲み口も凍る、気温マイナス6度。

P2010219.jpg
こういう環境でラーメン食べたかったんです♪
もうね、食べてるうちからガンガン冷めるよ♪

食事したあとは、いよいよ王ケ頭へ!
P2010230.jpg
山頂直近には高級ホテルがあります。レストランもあって、暖かいコーヒーやココアが飲めるんだってさ。そしてビーフシチューが名物らしいですよ。
だがしかし、そんなセレブな食事よりも外で食べるカップラーメンのほうがウマイに決まっているっ!

KIMG1159.jpg
ホテルの裏手の地味な場所に山標はありました。
百名山「美ヶ原」登頂!!
雪は降り続いている。帰りの車の運転が不安なので、戻ろうっと。

P2010235.jpg
ホテルからは雪上車が出発。どうしてみんな歩かないんだろう?歩いた方が楽しいのにな。

P2010237.jpg
雪上車が耕した道を歩いてもつまらないので、冬季限定で高原の牧場の中を進むよ!
目指す美しの塔まで、まっすぐ進む、男塾名物「直進行軍」だっ!

P2010242.jpg
これぞスノーシューの醍醐味!!
最短距離でトレースのない道を歩く。
結局この日、歩いている人には一人も会わなかった。広い美ヶ原高原を一人で満喫♪
初めてのスノーシュー、楽しかったなあ。

P2010249a.jpg
駐車場に戻ると、雪が積もってきてました・・。帰りの運転怖かったデス・・w



 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)

美ヶ原スノーシューイング~1

2018.02.05 (Mon)
先週木曜日に初めてのスノーシューハイクに行ってきました♪
初心者向きという、長野県・美ヶ原をチョイス。百名山でもあるのです。
九州男児の僕は、スキーはやりません。王ケ頭ホテルのHPでは、朝はマイナス10度とのことで、未経験の寒さと駐車場までの雪道の運転が不安です・・。

美ヶ原の山本小屋駐車場までの道は、最大傾斜16度!車の横滑りランプが光るのを何度か見ましたがw 無事に到着!
以前はオートバックスの激安スタッドレスでしたが、今季はちゃんとしたスタッドレスを買ってよかった!

P2010162a.jpg

P2010164.jpg
見渡す限り雪原が広がってます!来てよかった。

P2010165.jpg
遠くに見えるアンテナ群が、美ヶ原高原の最高峰の王ケ頭。
標高2000m近い台地が、数キロ四方に広がっています。広い!雲取山の高さで数キロの高原があるってことですもんね。

P2010171.jpg
美しの塔はすぐに到着。奥に見える王ケ頭は、RPG的に魔王の城にしか見えないっ!

P2010183.jpg
遠くに浅間山が見えました。

P2010188.jpg
美しの塔から王ケ頭に行くだけだと、すぐ着いてしまうので正面に見える茶臼山に寄り道。

P2010190.jpg
そして遂にスノーシューを履いたよ!!
身体が固いので、履く時に足が攣りそうになったよっ!

P2010189.jpg
縦横無尽にどこでも歩ける!自由!僕は自由だっ!
ザクザクと好きなところを歩く。なんだか童心に帰りましたw

P2010194.jpg
振り返ると美ヶ原がテーブルトップマウンテンなのが良く分かりました。どうしてこういう地形になるんでしょうねえ・・不思議。
目指す茶臼山までは、あともう少し。

特にネタもないのですが、同じような白い景色の写真ばかりなので、続きは次回へ・・


 イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

何年ぶりかわからない筑波本山

2017.12.21 (Thu)
午前中にライドで楽しんだ後は、N13さんの提案で筑波山ハイキングへ。
筑波山域では、それこそ100回くらい遊んでいるのですが、筑波山自体って数えるほどしか登ったことがない・・。だって人が多いんだもの。

二人とも登山口もよくわからず、スマホとカーナビに頼ってなんとかスタートしました。MTBでは通ったことあるけど、車で通るのは初めての道ばかりでしたw

KIMG1101.jpg
御幸ケ原に到着。前回来たのは、たぶん3年前の「タヌキ合戦」の時。あの時は夜だったもんなあ・・。回転する展望台って、色塗り替えたのかな?こんな色じゃなかった気がする・・。

KIMG1103.jpg
雲海の向こうに富士山が!こんな低い山でも、こんな景色が見られるなんて。

KIMG1105.jpg
まずは男体山山頂。登ったコトはあるのですが、まったく記憶にありませんw

KIMG1106.jpg
そして女体山。こんな山標あったんだ・・。

KIMG1110.jpg
男体山から女体山を眺める。

KIMG1112.jpg
意外と高度感アリ。関東平野一望ですね。

KIMG1114.jpg
コレは山座同定標と言えるのか?富士山以外は「日本アルプス」「秩父連山」という超おおざっぱな記載のみw

のんびりハイクな山行でした♪


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)

三つ登って巻機山 ~2

2017.11.10 (Fri)
新潟と群馬の境にある「巻機山(まきはたやま)」。百名山一筆書きのヨーキさんは「登山者を欺き続ける山。」と言っていました。

PB010796.jpg
この「巻機山」山標のある箇所は「御機屋(おはたや)」という場所であり、ピークはここから東に10分ほど歩いた場所にある。

PB010809.jpg
ケルンのみで、山標はない。ここが真の巻機山山頂ということになっている。しかし最高点はこの奥に広がる池塘の中らしいが、植生保護のために立ち入り禁止。たしかにケルンのある場所より高い場所が奥に広がっていました。

このケルンに着いたことで巻機山に登った!と考える人が多いが、それではまだ足りぬ!

御機屋の両サイドにある「割引岳(わりめきだけ)」と「牛ケ岳」、そして先ほど通過してきたニセ巻機山の4つを総称して巻機山、というらしいのだ!

PB010798.jpg
割引岳への道は全くトレースがない。斜面をトラバースして進む。軽アイゼンしかない僕は、雪が凍っていたら撤退しようと考えていたが、膝まで埋まる雪なので滑落の怖れはなさそうだ。しかしこの雪のなか、ちゃんとしたアイゼンやピッケルもなく、ただのトレランシューズで進むことは間違っているのだろうか?

PB010799.jpg
腰まで埋もれた時は、めんどくさくなって撤退も考えたが頑張って山頂まで来たよ!

PB010801.jpg
三角点タッチ!割引岳1931m。トレラン用のカーボンストックはスノーバスケットがないので全部埋まる。また折りそうで怖い。

続いて牛ケ岳へ向かう。ケルンを通りすぎた先にあるピークだ。ケルンで振り返ると、先ほど登った割引岳のキレイな山頂が青空に映える。
PB010810.jpg

PB010811.jpg
このあたりは池塘らしいが、木道が雪で埋もれて見えない。わずかに顔を出す柱を見て、木道のラインを想像して進む。

PB010821.jpg
振り返ると、富士山のシルエット! 新潟からも見えるなんて知りませんでした。やっぱり富士山はすごいなあ。

PB010846.jpg

木道を踏み外し、池塘に足を落として氷水でびしょ濡れ・・。でも靴はキレイになったよw 夏に来たくない理由は池塘にがいるらしいからだ。僕は暑がりなので、よっぽど氷水に落ちる方がマシ。
この雪で全て死に絶えろ!と心の中で願ったよ。

PB010816.jpg
牛ケ岳の名の通り、牛のようになだらかな尾根。

PB010817.jpg
牛ケ岳山頂の三角点タッチ!1961m。これで僕は巻機山に登った、と言えるっ!

PB010827.jpg
風は強いが、快晴。

PB010818.jpg
越後三山もキレイに見えます。

PB010847.jpg
避難小屋でカレーヌードルを食べました♪休憩していると、どんどん人がやってきます。割引岳・牛ケ岳そして巻機山。僕が足あとをつけたんですよ!と言いたかったw

PB010855.jpg
暖かな気温もあって、下山時にはグチョグチョ・・。どうせシューズはびしょ濡れなので「男塾名物・直進行軍」でずんずん下山。

15キロ、累積標高1500mのショートな山行でしたが、雪があったので距離以上に楽しい登山でした!
安全な雪山ハイクのために、アイゼンやストック、シューズが欲しいなあ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(1)

三つ登って巻機山 ~1

2017.11.09 (Thu)
10月24日山形・大朝日岳・25日月山。28日は長野・白馬岩岳でDH。そして11月1日は新潟の百名山「巻機山」に登ってきました!この10日間で2000キロ近く車を運転。でもホンダセンシングのおかげで、遠出も楽♪
高速代は・・考えないw 楽しさはプライスレス!

巻機山も大朝日&月山と同じく、遠い割には山行が短いので未踏の山でした。そしてある理由により、夏には登れない山。
巻機山

登山口である桜坂駐車場に車をデポして出発!

PB010736.jpg
一番右の井戸尾根コースで登りました。ヌクビ沢と天狗沢は上級者コースとのこと。

PB010744.jpg
前回の反省を生かし、今日は軽アイゼン持ってきました!

PB010747.jpg
大朝日&月山に続いて、またもファストトラックゲット!

PB010749.jpg
トレラン用のカーボンポール、全部埋まります・・。スノーバスケットの付けられるストック、そろそろ欲しいな。

PB010752.jpg
ぶっといつららアリ。寒いんですね。

PB010760.jpg
天気は快晴♪ 谷川岳もキレイに見えます。向こうのほうが、雪少なそう。

PB010764.jpg
びっしり樹氷。

PB010769.jpg
だんだん雪が増えてきました。前日の足跡もなくなり、適当に登る。

PB010777.jpg
9合目、ニセ巻機山登頂。赴きのない名前ですよね。「前巻機山」という名前もあるそうです。

PB010779.jpg
9合目から巻機山山頂を見据えた・・つもりでしたが、アレは違う山でしたw 視線の先の山は割引岳でした。

PB010787.jpg
先ほど通過した避難小屋。クリスマスケーキのマジパンみたいだ。雪国の山小屋はコンパクトでかわいいね。

PB010790.jpg
針葉樹にも雪がびっしり。

PB010793.jpg
エビの尻尾。

PB010796.jpg
そして巻機山山頂、1967m!

しかし、ここは巻機山の真の山頂ではないのだ!僕は「巻機山に登った」と言うために、一人で雪と闘うっ!
詳細は後日・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

 
Category: 山行 | Comment(0)
back-to-top