水晶岳は最も遠く、そして厳しい山行だった #2

2017.08.18 (Fri)
念願だった水晶岳に登頂!アップダウンはあるものの、あとは下り基調で帰るだけだ。
混雑している水晶小屋に寄り、飲み物を買う。ペットボトルはポカリかほうじ茶しかなく、悩んだ末にほうじ茶ゲット・・。炭酸欲しかったw 缶のサイダーはあったんですけどね・・。

あとは9時間ほどで下山の予定。胃の調子は悪いが、9時間くらいならごまかしごまかし、何とかなるだろう・・と思っていたのですが・・。
下り基調なのでペースが上がると、胃が揺れるので吐き気がアップw ペースが上げられない。
深呼吸しつつ、出来るだけペースを上げる。
どんどん症状悪化w 胃が搾り上げられる感覚。背中とお腹がくっつきそうな嗚咽。
遂に胃液を吐き、動けなくなってしまいました。

マズイ・・一番近い野口五郎小屋に泊まるか?
分水嶺の時でも、動けなくなるほどの嘔吐はなかった。どんどん症状が悪化しています・・。
少し休んで歩きだす。タイム的にはCTの7割を切っている。ゆっくりでも前に進もう。

P8051010.jpg

竹村新道に入ると、思っていたほどではないが、なかなかのルート。破線っぽい感じで歩きにくい。しばらく歩くと走れそうなトレイルになるが、走るとすぐに動けなくなってしまう・・。

P8051021.jpg
キツイ・・嗚咽しすぎで腰が痛いw 涙目になりながら進む。

P8051022.jpg
湯股温泉が見えてからが遠かった。急坂下りが続き、なかなか辿り着かない・・。

P8051023.jpg
いや、ホントに疲れましたw

P8051024.jpg
晴嵐荘に着いたときは、ホントに安心しました。あとはフラットな林道&舗装下り。歩いても帰れる。
ここではコカ・コーラゲット!やった!
でも飲むと、オエッってなったよ!

コカ・コーラ、お前もか!
頼みの綱のお前まで私を裏切るのか!w

P8051025.jpg
いくらでも張れそうなテン場。

ダム沿いのフラットな林道。走れば時間短縮できるのに、走ると猛烈に気持ち悪い。

P8051032.jpg
走れれば、暗くなる前に駐車場に着くのに・・情けない・・。

ひたすら歩く。何度も嗚咽で立ち止まる。もしも分水嶺の時、これほど調子が悪かったら、きっとリタイアしただろう。
ヘッデンを点けて林道を進み、高瀬ダムまで辿り着く。あとは舗装の下りのみ。雨が降ってきて雷鳴も聞こえて来た。日本で2番目に高いダムの頂上に居る僕は、ヤバい。雨の中走り出す。雷鳴が僕を走らせる。なぜかこの時だけは、吐き気を催さなかった。その先にはたくさんのトンネルがあるので、雨にはあまり濡れずに済んだのは幸いだった。

P8051034.jpg
無事に下山。時刻は20:30.こんなヘロヘロでも、予定のCT70%より早く到着した。
水晶岳、やはり遠かった。下山できないかも、と思った山行は初めてだった。
距離46キロ、累積標高3500m、消費カロリー7159kcal。約18時間の山旅でした。
強がりと思われるだろうけど、足も体力も余裕があった。ただ、胃がやられまくったw

この日は、仲間も北アルプスに登っていた。オデさん&N13さんは焼岳から上高地。かき氷食べてた。うっちさんはお子さんと北ア縦走。きっと一生忘れない、ステキな思い出になったハズだ。はなこさ~んはまきさんと白馬。山の上とは思えない雰囲気の中、ケーキ食べたらしい。

この僕はどうだ? パンは2個食べたよ。分水嶺の時より、量は多いけど・・。
胃が辛くって、一生忘れない山行になったよ。
たった一人、真っ暗闇の雨の中、雷鳴に怯えつつ走る・・。

僕、気づきました。コースタイム24時間を日帰り。確かに達成感はあるよ。でもねえ・・

楽しくない

山を楽しめてない

こんなのヤダ。
僕も美味しいもの食べて、ゆっくり山を楽しみたい!
大きいザック物色中!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

水晶岳は最も遠く、そして厳しい山行だった #1

2017.08.16 (Wed)


ずっと分水嶺のブログを書いていたので、書いていませんでしたが、少し前の8月5日の北アルプス・水晶岳の山行について書きたいと思います。
日帰り百名山最奥ともいわれる水晶岳。数年前から考えていましたが、コースタイム24時間がネックになり、なかなか実行できませんでした。しかし分水嶺120キロを踏破した今こそ!と思ってチャレンジ。去年分水嶺80キロ踏破のあとに剣岳・早月尾根にアタックしたのと同じパターンw

前日夜に到着し、3時間仮眠してスタート。その前の日もあまり寝ていなかったのが、すぐに身体に現れてしまうのです・・w
七倉ダムを午前2時過ぎに出発!5時くらいになるとタクシーでダムの上まで(距離にして5キロくらい)行けるらしいが、そんなに待てない。
P8050902.jpg

濃霧の張り詰めたトンネル内は、視界1メートルほど。ヘッデンの光も届かない。トンネルの壁沿いに進むことで、その先曲がっているのかどうかが分かる。まさに手探り。

日本で2位の高さを誇る高瀬ダムを登り詰める。タクシーだと15分らしいが、歩きで40分だった。ちなみに高さぶ1位は黒部ダムらしい。左右にトンネルがあり、僕は右へ進む。帰路は左のトンネルから出てくるはずだ。川砂で歩きにくい道を進むと(途中にキャンプ場あり)、日本&北アルプス三大急登・ブナ立尾根へ。

P8050908.jpg

良く整備されているので、急登とはいえ登りやすかったです。がいたのがちょっと・・w

P8050919.jpg
雲海大好き♪

烏帽子小屋を越えて景色は北アルプスらしくなります。
P8050935.jpg
三つ岳。今回の山行では、百高山5座も登る「ハイ!」な旅なのです。

P8050953.jpg
これこれ、この景色が北アルプスに来た!って感じですよね~♪ 樹林帯ばかりの分水嶺とは違う景色w

P8050960.jpg
野口五郎と槍。この日は曇り予報が外れて快晴♪来て良かった。

P8050970.jpg
野口五郎小屋のスタッフの方はみなさん明るい!

KIMG0899.jpg
ペプシで休憩♪ (ホントはコカ・コーラがよかったけどw)

実はスタート直後から、またまた胃の調子が悪くなる兆候が表れていました。分水嶺でやられてから3週間も経つのに・・。
食べれなくなるまえに、前述のトンネル内を歩きながらパンを一個食べました。

P8050972.jpg
三百名山・野口五郎岳到着!あの野口五郎の由来ねえ・・w
ここでもペプシの力を借りて、パンを一個食べた。良かった、症状は軽そうだ。

百高山・真砂岳の山頂分岐は分からず、直近をスルーw
水晶岳は向かいます。
P8050981.jpg
中央右の黒い山が水晶岳。別名「黒岳」と言われる。
その左が鷲羽岳です。

P8050992.jpg
水晶小屋手前はガレ場や岩場も少し。
トイレがキレイになった水晶小屋に寄り、水晶岳を目指す。

P8050995.jpg
右側を見ると遥か遠くに黒部湖が見える。遠くにきたもんだ。

P8050998.jpg
百名山・水晶岳登頂!2986mです。山頂は岩場でかなり狭い・・。黒部五郎や薬師岳、鷲羽岳から見えていた水晶岳に、やっとくることができた・・。
近くの岩には、名の由来となった水晶っぽいものが含まれていました。持ち帰りはダメですよんw

胃の調子はイマイチだけど、分水嶺の時ほどではない。飲まず食わずで三日間過ごせたのだから、日帰りくらい大丈夫だろうとタカをくくっていました・・。

しかし、症状はこの後悪化・・。僕は今までの山行で一番のピンチを迎えるっ! 
続きは後日・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

分水嶺トレイル 2017Bの旅~15 単独行者のゴール!

2017.08.14 (Mon)
飯盛山を肉眼で確認。Bソロの二人とも別れ、ただ己の欲望のままに走る僕。
午後2時に間に合うとは思っていませんでしたが、「諦めない」ことを続けていました。

「あきらめないこと。どんな事態に直面してもあきらめないこと。結局、私のしたことは、それだけのことだったのかもしれない」
こういう時、いつも思いだす言葉です。

Aのチームの人達を、何組も追い抜いた。みんな「Bがんばれ~」と言ってくれる。みんなキツイ、同志だ。
どんどん飯盛山が近くなってくる。時計を見ると、自分でも信じられないペースで走ってきているみたい。振絞るものもないけれど、頑張った。
ゴールで待つ仲間から「タイムリミット13:45になりました」と発破をかけるメールがあったらしいけれど、幸いなコトに僕はそれを見ていなかった。見ていたら、ココロ折れて走るのをやめてしまっていたカモw 僕は褒められて伸びるタイプなので、追い込まないでくださいw

胃をやられた時、「もう無理だ」と思った。リタイアを考えたけど、それは甘えだと知った。いろいろな方と話をして、元気を貰いました。
「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった…無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ」

そして飯盛山の分岐に到着。武田さんに電話をする。
レースにエントリーした時から、ここからは走ると決めていた。まだ僕は走れる、僕はまだこの先だって走れるんだ、と自分に思わせる為に。

するとトレイルの途中でみんなが迎えに来てくれていた!ごめんよ、僕にはまだ帰れる所があるんだ・・。
みんなに手を振る。みんなも手を振り返す。合流して、「お待たせしました~」という僕。こんなに嬉しいことはない。
いやもう大変だったんですよ~、他の人は無事にゴールしてるんですよね?と会話をするが、僕はまだゴールしてはいないのだっ!
足が止まらないっ
再び走り出す僕。
みんなも少し走るが、僕を先に行かせる。

20179675_1941624202722993_1452192245_n.jpg

そのままゴール。迎えに来てくれた人達をぶっちぎってゴール・・
午後1時半にゴール!61時間かかりましたが、横尾山からはコースタイムの45%くらいで駆け抜けました。

120キロのBコースをゴールして、喜びや達成感とかよりもまず思ったことは・・
スイマセンでした!
本当に後悔&反省しています・・。みんなと一緒にゴールすれば良かった。今回のレース、「富士見平でトラ山さんと一緒に行かなかったこと」と「みんなと一緒にゴールしなかったこと」の二つ、すごく後悔しています。時間が戻るなら、やり直したいw
Bソロのお二人とも、出来れば一緒にゴールしたかった・・。

Effectplus_20170813_210919.jpg

レース終盤は、みんなの車に乗せてもらって楽して帰りたいというエゴばかりで走っていた気がします・・。
いつも単独山行の僕は、協調性のなさが露呈しましたね・・。
なんだかレースは完走できたけれど、自分には負けた気もする・・。自分の弱い面を再認識しました。なかなか自分に勝てないですね。

「もっとも『むずかしい事』は!『自分を乗り越える事』さ!


一か月前の今日、分水嶺レースは終了しました。三日間、自分と向き合える機会を与えてくれた方々に感謝します。
僕の特に盛り上がりもなくダラダラ続いたブログを読んで頂き、ありがとうございました。
来年参加される方の一助になれば幸いですw

KIMG0876.jpg
無事にカエル


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


分水嶺トレイル 2017Bの旅~14 走れメロスのように

2017.08.13 (Sun)
コーラで元気になった僕。信州峠をBソロ3人で午前10時に出発!みんなの待つゴールへ向かいます♪
横尾山までは登り。でも距離は短くて基本は横移動です。
先頭のU野さんに「登りのペースアップは無理だけど、平地と下りはペース上げましょう」と僕は言う。コレ、去年のチームの時も言ったなあw

横尾山まではコースタイム90分を60分で到着!終盤でCT66%で進めるとは!
しかし時間は午前11時。午後2時まであと3時間しかない!なのにゴールまでのコースタイムは約5時間半もある!
気分は「走れメロス」だっ!

P7170900.jpg
開けたところでは、今回登ってきた山々、さらに富士山が見えました。去年もここで3人で眺めた景色だ。ずいぶん遠くから来たねえ。歩けば着くんだねえ」と話したことを思い出しました。

横尾山を過ぎて、U野さんが「ちょっとトイレ。先に行ってて。すぐ追いつくから。」と言いました。僕のI崎さんで先へ進みます。U野さんは早いから、すぐに追いつくだろうと思いましたが、これがU野さんと会った最後でしたw
スタートからほぼ同じペース。破風山避難小屋からペースを造ってもらい、散々お世話になったのに、ちゃんとお礼を言うことができませんでした・・。

僕は午後2時には間に合わないにしても、できるだけ早くゴールしたいと思い。ペースを上げます。結果I崎さんとも離れてしまいました・・。なんて恩知らずな僕・・。反省しています。

電車で帰るのメンドクサイ。なんとか2時過ぎても待ってくれないかなあ。と頭の中はそればかりw
メロスは自分の身代わりになっている友人の為に走りますが、僕は違った。ただ自分の為、自分が楽するためだけに走っている。とんでもないメロスもいたもんだw

半永久機関を手に入れてPERFECT HUMANになった僕は、平地と下りはガンガン走る!そして姑息な手段を思いついたよ!

KIMG0886.jpg

小出しに通過写真を送って、「だんだん近づいているよ!」アピールw

P7170901.jpg
飯盛山が見えた!しかしまだ遠いなあw

十文字峠からの、猛烈な階段w
KIMG0887.jpg
午後2時は無理だけど、そこそこ近くまで来ているから、待ってくれないかな~という淡い期待w

だいぶ前から地図をみるのはやめていました。「まだゴールまでこんなにある。」と思いたくないからです。黒いメロスは頑張って走りました。みんなをあまり待たせたくない。早くザック降ろして靴脱ぎたい。早く風呂に入りたいw 帰りの車に乗せて欲しいw

エゴの塊w

こんな薄汚れた僕は、果たしてどんなゴールを迎えるのかっ!
ちょうどレースから一か月、次回感動反省のゴールを迎えるっ!!



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

分水嶺トレイル 2017Bの旅~13 僕はコーラに救われる

2017.08.12 (Sat)
信州峠への下りを小走りしつつ先を急ぐBソロ3人。完走は時間的に大丈夫なのですが、僕が午後2時までのシンデレラなので、二人が合わせてくれているのです。
多少急いだつもりですが、信州峠到着は午前9時半・・。峠からゴールまでは約6時間かかる。となるとゴールは午後3時半・・。さすがにみんな待っててくれないよなあ・・。

去年は信州峠で朝ごはんを3人で食べたなあ。今年はなんと、私設エイドが!友人がそろそろ通過するはずなので待っていて、僕らにも冷たい飲み物どうぞ♪とのお言葉。
あっ!コーラがあるっ!

しかしせっかく頂いたのに吐いてしまっては申し訳ないので、コーラを一口だけ飲んで少し様子見・・。
よし!オェッてならないぞ!!

紙コップになみなみ注いで飲む。うまいっ! 
「なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ…3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ」な味でした♪

雲取山荘で飲んで以来、すっかりコーラのファンになりましたよっw
これならパンを食べられるかもしれない!

KIMG0885.jpg
スタート以来、気持ち悪くて二日間で半分しか食べられなかったレーズンクリームサンド。
コーラの力を借りて完食!!

力が漲るっ!コーラはエリクサーだ!

エイドの方に「レース中なにも食べれなかったんですが、コーラのおかげで食べることができましたっ!」と感謝。本当にありがたかった。お話をしていると、「近々ステージ制のトレランレースに出場する、1週間分の食糧は自分で背負うんです。」と伺ったので、僕の持っていたリゾッタ2個をコーラのお礼としてプレゼントしましたw
どうせ僕は食べないし、渡せば荷物軽くなるしw
私設エイドの方も3分で食べられる新商品のリゾッタのことはご存知ではなかったようで、「逆に何だかスイマセン、ありがとう」と言って受け取ってくれました♪

うむ、気力が充ちて来た!午前10時に信州峠を出発!諦めずにゴールを目指すよ!みんな待ってて!お願いだから待っててw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

分水嶺トレイル 2017Bの旅~12 ミスターショートカット

2017.08.10 (Thu)
林道区間を抜け、新規地図読み区間へ。10日前に試走している僕が、柄にもなく先頭に出ますw
まず取り付きを忘れていましたが、何とか見つけて急登を登る。稜線に出るまで50分。、1~2回道を探すが、ロスは5分もない。試走して良かった。
稜線にでて少し尾根を外してしまいますが、U野さんの地図読みと僕のふんわり記憶でコース復帰。これも5分くらいしかロスしていない。これで去年の地図読み区間に出た。

この先はトラ山さん直伝のショートカットルートを進む。実は試走の時にがいたので、正直通るか迷っていたのだが、午後2時までにゴールしないと応援の友人達が帰ってしまうので背に腹は代えられぬっ!

バッチリショートカットして、先行していた二人組を抜かす。「あれ?」って感じで見られる。去年と同じで、コレが気持ちイイw 地図読みの醍醐味だねっ!
U野さんに「ミスターショートカットですね!」と言われるw その称号はトラ山さんにあげるねw
稜線でU野さんがアブに刺され、後ろの人に「そこ危ないよ~」と言ったのだが、間に合わずさらに一人犠牲に・・。こういう時短パン素足だとやられますよね。僕はこの区間だけヤブ漕ぎもあるのでタイツ履いてました。

このあたりになると、僕の嗚咽が他の二人に聞こえるくらいの音になる。恥ずかしいが仕方ない・・。僕はどうしても午後2時までにゴールしなければならないのだ!
信州峠からゴールまで6時間かかる。ということは午前8時には峠に着いていなければならない。しかし時計を見ると、もう9時を過ぎている・・。ダメかあ・・、ゴールまでだいぶ近くなったけれど、僕はかなり落ち込んでいた・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

分水嶺トレイル 2017Bの旅~11 永久機関を手に入れる

2017.08.09 (Wed)
富士見平小屋の水場に寄り、2:20にBソロ3人で出発!
富山から来たI崎さんは瑞牆山に登ったことがない、とのことだったので、山頂に寄り道。去年は「行かない」という意見で3人一致したので行かなかったのだw

KIMG0884.jpg
瑞牆山頂には4:20に到着。CT100%・・。日の出を待つ登山者が数名いましたが、僕らにはそんな時間の余裕はないっ!
U野さんは「富士見平からこのペースなら13~14時間くらいでゴールかなあ。」とのこと。ゴール関門は16:30なので、間に合う計算だ。

皆さんは「永久機関」って知ってますか?「外部からのエネルギーなしにずっと仕事を行い続ける」というもの。
数多の科学者が実現を夢見たが叶わなかった。だが、僕、実現したよ!ほぼ実現したよ!
飲まず食わずで何十キロも歩き続けている僕は、永久機関が身体の中にあるんだよ、きっと!
実際には水ちょっぴりとジェルも幾つか飲んでるけど、とってもエコだよ!
このままの胃の状態をキープできれば、ゴールはできそう。

だがしかし、僕には守る時間があった!
前日八ヶ岳を登った友人達が、ゴールの駐車場に待っていて、車に乗せてくれるのだ!なんと優しい!!
でも午後2時までしか待ってくれない、という!!
なんとかペースを上げたいが、胃がいうことを聞かない・・。

P7170896.jpg
不動滝着が5:30.着ていたシャツを洗い、身体を拭いてリフレッシュ。去年は夜間に休憩したので分からなかったけれど、この滝、すごい大きいね!ビックリしましたw
バーナーでコーヒーを入れるつもりで用意していたスタバのVIA。不動滝のめっちゃ冷たい水で淹れました。不動カフェのアイスコーヒーですw これが美味しくって、ちびちび飲むことができました。

30分休憩して出発。例の丸太橋、U野さんも去年発見できずに下流から渡渉したとのこと。
P7040739.jpg
トラ山さんと渡りたかったなあw

林道をスタスタ歩く。去年パタリとビバークしたのも懐かしい。この後は今年新設の地図読み区間。Bソロ3人のうち、試走しているのは僕だけ・・。迷わず行けるか?!



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


back-to-top