FC2ブログ

Bat is Good! #3 Rising Sun

2019.08.29 (Thu)
P8261240.jpg
なかなか寝付けなかったけれど、オーバースペックのモンベルのダウンハガー#3でヌクヌクしているうちに眠りについた僕。
4時に目覚ましをセット。日の出を見たいのです。

P8261249.jpg
そして夜が明ける。

DSC_0551.jpg
起きて外を見てみると、雲海の向こうが黄色に染まっている!

P8261258.jpg
来た来た~~。夕日は見ることが出来なかったが、朝日はいけるっ!

P8261266.jpg
富士山も雲海から頭を出しているッ!絶景ですッ!

P8261263.jpg
塩見岳、モルゲンロート。これが見たかった。

P8261278.jpg
悪沢岳と奥にちょこんと見える赤石には、まだあまり陽が当たってない。

P8261292.jpg
蝙蝠岳山頂と富士山。シャベー!!

P8261279.jpg
蝙蝠尾根&塩見岳。美しい稜線だ。来てよかった。日帰りで下山しなくて、良かった。

P8261287.jpg
セルフタイマーと勝負したが、山頂に着く前にシャッターが切れたw
ダッシュする僕の姿が激写されているw

P8261294.jpg
カメラを近くにセットしなおして、撮影成功っ!w
この絶景は、見飽きることがないですw

山でテン泊する人は、コレを楽しみにしているんだろうな。僕はこんなきれいな日の出をゆっくり眺めたのは、初めて。山の大いなる楽しみを、一つ経験しました♪

DSC_0564.jpg
陽はどんどん登る。僕はテントを片付けて後ろ髪をひかれつつ下山を開始する。

P8261313.jpg
再びライチョウが姿を表して、僕を見送ってくれた♪
また来るぜ、いや来ないかもw

P8261323.jpg
蝙蝠岳を振り返る。体力不足でショートカットしてしまったけれど、新しい山の楽しみを見つけました、ありがとう。

P8261330.jpg
稜線を外れると、南八ツのような苔むした森が美しい。行きでは見る余裕がなかったw

P8261340.jpg
コバルトブルーの大井川。下りはスタスタと歩くことが出来た。
一泊二日の山行で、登山者には一人しか会わなかった。作戦通り、静かな山行だった。

P8261345.jpg
行きでは真っ暗で寄らなかった二軒小屋へは、お昼前に到着。工事の関係で小屋泊はできず、テン泊のみ。
なんかリゾート地ですw

P8261348.jpg
なんと自販機あります!価格も良心的!オアシス!

P8261343.jpg
ただいま9000。国民投票の結果、高次元世界から帰ってきたよ。

ここで休憩して、MTBで30キロライド。下り基調で行きより楽w
工事関係車両がたくさん走っているので、もし走る方が居ましたら注意してくださいね。

無事に沼平ゲートまで到着。予定より1日早く下山しちゃったけど、いい経験できたなあ。

すぐ近くの、赤石温泉白樺荘で温泉入ってさっぱり♪ TJARの望月選手の写真がたくさんありました。
そのTJARで選手が寄るスーパー、寄りたかったのに帰りは気付かず・・。残念。

静岡といえば・・

DSC_0569.jpg
あみ焼き弁当!を買って帰りました。
コレ、めっちゃ好き♪

体力不足で挫折感を味わいつつ、それでも山をのんびり楽しむというリカバー。
山は懐が深い。

山は三度登る と昔、教えてくれた人がいた。まさしくその通り、ですね。          



  ~完~

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Bat is Good! #2 Viva-Bivouac

2019.08.28 (Wed)
P8251205aa.jpg

ビバりましたっ!

心が折れて3番をチョイス、ビバークしましたっ!

自分のブログを読み返すと、8年前に南アルプス・鳳凰三山から、高い山に登り始めた僕。

今まで先に進むか戻るかの選択を迫られたときは、
どうする不可止!
の前フリの後は、体力任せで進むのがお約束でしたが、今回は初めて折れましたw

コースタイムの90%で計画を立てていましたが、どんどん遅れてしまうので、日没までに小屋には着かないと判断。
MTBが予想以上に足に負担がかかったのが原因ですな・・。
まさかに備え、ビバーク適地を何か所か下調べしてあったので、そこにテントを張りました。

お昼12時前にビバーク・・。
テント張ってお昼食べて・・

P8251211.jpg
絶景を眺める。進むハズだった蝙蝠尾根、塩見岳・・。

P8251213.jpg
ずっと絶景見てると飽きてくるという、まさかw

起きているとどうしても水分を取ってしまう。水場はないので、節約したい。前日寝てないから、贅沢に昼寝でもしよう!
山で昼寝って、一度やって見たかったんだよね!!

P8251215.jpg

暑くて寝れねえ!!
ビニールハウスと同じですねw

テントの外は涼しい風が吹いていて気持ちいいのですが、ハエが・・w

前門の虎、後門の狼。
いや、ハエ。

テントの日陰に座り、大好きな「山と高原」地図をずっと見て過ごしました。
夕方になり陽が陰ってくると、何故かハエもいなくなる。
アルファ米と缶詰の夕食を食べて、陽が沈むのを待つ。

お昼にテント設営して、ここまで長かった・・。
さあ日没ショーを見せておくれ!


P8251217.jpg
雲がっ!

P8251226.jpg
アーベントロート、見れず・・。

テントに戻り、横になる。
すると外からゲェグェと鳴く声が!

まさかと思ってテントから顔を出して見てみると

P8251233.jpg
ライチョウが3羽、僕を慰めに来てくれました♪

予定の三分の一ほどしか歩けず、ビバークして自分にがっかりしたけれど、良いこともありますね!
ライチョウに癒された僕は、暖かい気持ちでシュラフに潜り込んだ・・。

ライチョウ、僕をついばんだりしないよね?

hqdefault.jpg



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Bat is Good! #1

2019.08.27 (Tue)
お盆期間、全く休みなしで働いた僕に、夏休みがやってきたよ!
目指すは、南アルプス深南部の蝙蝠岳(こうもり)!
破線ルートで小屋もないマイナーな山。

しかも登山口となる二軒小屋へのバスは、今年は工事の為に運休。夏休みシーズンでも人に会わない静かな山行ができそうだ。

MTBで二軒小屋まで行き、デポして蝙蝠岳を目指す。さらに100名山の塩見岳、悪沢岳を経由して二軒小屋へ戻るというルートを二泊三日で行くのだ。

テント泊は1年ぶり。登山は一か月半ぶり。MTBは3週間ぶり・・。ちょっと不安を感じるが、まあ大丈夫だろう・・。

静岡の畑薙ダムへ行くのは2度め。高速を降りてから70キロの山道が遠い・・。トランスジャパンの選手は、最後にココを走るんだもん、すごいなあ・・。おなじみのスーパーもあった。帰りに寄ろう♪

P8251168.jpg
家から6時間かかって畑薙ダム・沼平ゲート前に到着。MTBを準備する。

5年前はここを出発して、椹島まで行って、赤石・悪沢と日帰り周回した。チャレンジングな山行だった。
今回は椹島よりもさらに奥にある二軒小屋へ。距離30キロ。
P8251169.jpg
この林道は「自転車OK」と公言してくれている。

DSC_0568.jpg
(翌日撮った写真です)
OMMのクラシック40はパンパンだ。二泊三日分の食料、そしてこのコースは小屋も水場も少ないので多めに持つ。重さ13㎏。
レーパンを履いていないので、ケツが痛い・・。
午前1時半に出発!懐かしい椹島を通りすぎ、二軒小屋に着いたのは午前4時。MTBライドはウォーミングアップなので、足に疲れを残さないように走ったつもりだ。

4年前は27.5インチに改造したばかりのアンカライトで来た。今回はメリダ9000だ。高級バイクなので、デポするのに少し不安が残る・・。
必ず帰るから、待ってておくれ。高次元の世界に行って戻ってくるよ。

P8251175.jpg
道を間違えながらも、蝙蝠岳登山口に到着。

P8251176.jpg
いきなりの急登。
登りだして10分で気がついた。

太もも、終わってるw

足がプルプルするw

ザックの重さに身体がなれていない&やっぱりMTBで疲れていたっ!
やばいな・・。

P8251181.jpg
グヘグヘと登る。樹林の間から富士山!近いからデカいっ!

P8251187.jpg
ザックの重さが肩に食い込む。もう疲れすぎて、花にピントを合わせることもできない・・。

P8251189.jpg
やっと稜線に出た!暑くもなく寒くもなく、絶好の登山日和だっ!
目指す蝙蝠岳は目の前!
奥には次に目指す塩見岳が見えている。

しかしコースタイム通りに歩くのがやっと・・。要所要所でザックを下して休憩するものだから、予定より大幅に遅れている・・。
自分がこんなにヨチヨチ歩くことになるとは思わなかった・・。情けない・・。

P8251198.jpg
やっと到着、蝙蝠岳山頂!2865m。
誰にも会わない山行だった。

P8251206.jpg
白峰三山~白根南嶺と続く稜線。

P8251202.jpg
次に向かう塩見岳・・遠くね?

P8251203.jpg
さらに明日登る荒川三山(悪沢岳)もキレイに見える。

時刻はまだお昼前。と言っても1時半から動いているから、もう10時間は動き続けている。寝てないし・・。
疲れたな・・。

予定より90分以上遅れている・・。この先、挽回できるとも思えない。コースタイムよりも遅くなるだろう・・。
日没までに三伏峠小屋に着けないだろうな・・。

1 今までどおり、体力任せでガンガン進む。
2 日帰りに変更して、下山する。
3 諦めてビバーク。

どうする不可止っ?


hqdefault.jpg

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


鳳凰三面拳 #2

2018.09.01 (Sat)
太ももにダメージを受けつつも、無事に鳳凰三面拳を一座め地蔵岳に登った僕ら。

IMG_20180829_102636.jpg
次は鳳凰三面拳最強の男、観音岳・月光!
む・・ちょっと登るな・・w

IMG_20180829_103559.jpg
振り返ると、どんどんガスが上がってきて地蔵岳が隠れそうだ。しかし、それも絵になるオベリスク!

P8291930.jpg
1時間ほどで観音岳山頂!標高2840mで鳳凰三面拳の最高峰だ。

P8291931.jpg
山標の奥の岩のところに三角点がある。
ここでランチだ。今日もお昼を食べることができる。嬉しい。最近全然胃をやられないよ♪

P8291933.jpg
前回の鳥海山でN13さんが「車にカレーメシを忘れる」という事件があった。今回は僕もカレーメシ。実は初めてなのだ。
キーマカレーを試しに買ってみたら、N13さんとカブったw
まさか・・無明察相翫(むみょうさつそうかん)!?

食べてみると・・

めっちゃウマいね、これ!

味が濃ゆくてイイっ!

ランチ食べながら南アの絶景でも・・

P8291935.jpg
白じゃねえか!

この月光、生来目が見えん。そのわたしに目つぶしなどとは笑止千万!!

心眼で絶景堪能っ!

ラストは薬師岳・雷電だっ!
ほぼ解説役なアイツだっ!

IMG_20180829_122511.jpg
花崗岩の砂礫の稜線を進むよ。

P8291943.jpg
アップダウンもほとんどなく、薬師岳の山頂が見えて来た!

P8291944.jpg
鳳凰三面拳、三座め。薬師岳山頂!2780m。

P8291948.jpg
すぐ下に赤い屋根が見える。

「あ、あれは!」

し 知っているのか、雷電!?

うむ。


P8291949.jpg
去年新装なった、薬師小屋だっ!

だがしかし、この小屋にもコーラはなしっ!
しかたなくアクエリアスを買いまちた・・w

再び薬師岳山頂に戻り・・
IMG_20180829_125828.jpg
今日は豪学連総長、北岳・伊達臣人の姿は拝めず・・。

P8291950.jpg
あとは中道コースを青木鉱泉へ下山。
全く眺望のないコース・・。前半は段差が大きくてふとももに来るっ!

P8291951.jpg
途中目印といえば、この御座石のみ。どの山でも、このつっかえ棒やるねw

後半は多少歩きやすくなり、CT約4時間を2時間ちょっとで下山!
太ももガクガク!

大往生!!

P8291947.jpg
8月は富士山・鳥海山・鳳凰三山と登り、いずれも胃をやられなかった。
友人と一緒に登ると、やられないみたいだ♪

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


鳳凰三面拳 #1

2018.08.31 (Fri)
N13さんと南アルプスバイクパッキングに行く予定が、天気が不安定・・。
鳳凰三山日帰り山行に変更となりました。

P8291877.jpg
青木鉱泉から出発!登山口に自販機&トイレがあるのは嬉しいですね♪
ここに来るまでに、一部未舗装路があるのがちょっとw

P8291878.jpg
ドンドコ沢登山口スタート!名前がかわいいね!
鳳凰三山は過去二回登っているけど、このルートは初めてだ。

P8291881.jpg
途中工事している箇所あり。入門っ!

P8291882.jpg
法面の工事。見たことのないほど、スゴイ足場だ!
ぜひジャッキーに上から落ちて欲しい!もちろんノースタントでね!

続きを読む

二度めのテン泊は聖岳! #2

2017.09.15 (Fri)
思ったより早く聖平小屋に着いたので、聖岳に登ることにした僕。
午後二時、小屋をスタート。4時間あれば往復できるだろう。ちょうどアーペントロートも見られるかもしれない。
シェルター・シュラフ・インフレータブルマット・ダウンジャケット・クッカー等を置いてきたので、ザックがだいぶ軽い。さっきまで肩が痛かったけれど、これなら大丈夫そうだ。

P9100182.jpg
お昼前に登頂した上河内岳がキレイに見える。今あの山頂にいれば、絶景が見えたんだろうなあ・・。

山頂手前はザレの九十九折れの急登。見上げるように聳え立っている。どんどん下山の方が降りてくる。

P9100185.jpg
山頂間近!一瞬の青空!

P9100186.jpg
聖岳(前聖岳)3013m。最南端の3000m峰だ。やっと来ることができた・・。
もう後続は来ない。どうやらこの日最後の登頂者のようだ。

P9100191.jpg
誰もいないので、うろ覚えの「岳」のポーズで撮影w

せっかくこんなとこまで来たので、奥聖岳にも行こう。前聖と奥聖、二つ合わせて聖岳だ。
P9100197.jpg
奥聖岳(2982m)に三角点があるのです。往復で30分。

P9100204.jpg
赤石岳も少しだけ見えた。デカイ。赤石・悪沢・塩見。どれもガスガスで登ったなあ。南ア南部とは、僕は相性が悪いらしい・・。

P9100206.jpg
ザレザレの道を小屋まで戻る。

P9100212.jpg
日没には間に合って小屋に戻って来た。だいぶテントが増えている。ストックシェルターも二張あった。
暗くなる前に夕食の準備を始めるがアルファ米を20分待っている間に、すっかり日が落ちてしまったw

P9100217.jpg
ハンバーグ丼とオニオングラタンスープ。今回の山行では、時折「オエッ」となったが、胃をやられなかったのは嬉しかった♪
午後7時前なのに、隣のテントは就寝体制。テント場の夜は早いのねw
僕もシュラフに入って地図を見て時間を潰し、眠りに落ちた。

翌朝は3時に起床。ダウンシュラフにエスケープヴィヴィだと暑いくらいで良く眠れた。寒さを感じない幕営は初めて。かさばるインフレータブルマットの効果もありそう。
朝食を食べ、ガスガスで期待できないが一応日の出を見るために出発。

薊畑まで登り、日の出を見るも・・

P9110224.jpg
これが限界でした・・。

あとはもう下山するだけ。
有名なゴンドラを見る。
P9110237.jpg
川が増水しているときはこれで渡るらしい。

P9110238.jpg
僕も乗ってみた。ロープを自力で引っ張るのだけれど、非力な僕ではなかなか大変。

P9110240.jpg
普通に橋で渡りましたw この橋が流されると、あのゴンドラしかないw

P9110252.jpg
やたらとでかいクガイソウが道端にたくさん咲いていたなあ。

あとは林道をジョグって駐車場へ。
P9110254.jpg

走行距離43キロ、累積標高約3700m、消費カロリー6600kcal。日が長ければ日帰りでも行ける行程だが、今回はテントでのんびりしてみました。
山はいいですねえ。
前回の木曽御嶽山は暴風雨だったので、それに比べれば良い天気でしたが、やっぱり景色見たかったなあ。テン泊の醍醐味である、日の出日の入りをキレイに見たいっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

二度めのテン泊は聖岳! #1

2017.09.14 (Thu)
10,11日と南アルプス、聖岳に行ってきました♪ 6月の光岳と同じく片道6時間かけて北沢渡に駐車。遠い・・。でもホンダセンシングのおかげで、高速の運転はだいぶ楽なのが救い。

前回紹介したオレンジ色のぶかっこうなアイツ、OMMクラシック40に14キロの装備を詰め込み出発。

P9100113.jpg
3か月振りの芝沢ゲート、時刻は午前4時過ぎ。
この先は6月の光岳と同じルートで登山口から易老岳へ。

P9100120.jpg
縞枯れ&ガスのせつない景色w 胃をやられないようにゆっくり歩くつもりだったけれど、南アルプス深南部を歩く登山者はみなさんペースが早い!ついつい僕も引っ張られCT60%で歩いてしまう・・。

P9100121トリカブト
トリカブトの花。今回の山行で一番良く見た花です。山小屋にコーラが無くてもガッカリしないように、今回あらかじめコーラをザックに入れてあるので、安心。コーラ持って登るの初めて。休憩時に飲むと、ホントにうまいっ!

P9100122オトギリソウ
朝露に濡れたオトギリソウ。二輪並んでキレイ。

P9100125.jpg
途中木道&池がありました。癒しの景色とは僕は感じない。がいるかもしれない!と足早に通りすぎるだけw

P9100129ヤマハハコ
山行中、この花の名前を思い出そうと試みる。「ママハハコ」だっけなあ?「ママ・母・子」?ちょっと家庭環境が複雑だよなあ・・。帰宅して調べた結果・・「ヤマハハコ」でした・・w

P9100131.jpg
はなこさ~んオススメの易老岳から聖平までの尾根。山と高原にも「南アルプス南部でも特に美しい尾根」と記載あり。
しかしガスガスで何も見えず・・。山を愛し、ガスに愛された男ぉーー!

P9100138.jpg
一瞬の晴れ間!

P9100140.jpg
亀甲状土といって氷河時代の名残。でこぼこに盛り上がってます。光岳にもあったなあ。

P9100146.jpg
200名山、上河内岳山頂。ガスに愛されていなければ、360度の眺望が見える・・らしい・・。
すれ違う方みんな「天気残念だね~」と話すw

P9100151.jpg
チングルマは、もう綿毛。

P9100153マツムシソウ
マツムシソウ。景色が見えないから、花を撮るよw

P9100159.jpg
お昼すぎに多少晴れ間が広がる!

P9100165.jpg
聖平。小屋へと伸びる木道。奥に雲被っているのが聖岳。

P9100166.jpg
本日の宿泊地、聖平小屋到着!

P9100167.jpg
有名な「ウェルカムフルーツポンチ」テン泊の人にも頂けるとは!おいち♪

P9100168.jpg
15分かかって、ドームシェルター設営完了!細引き忘れたけど強風じゃないから大丈夫でしょw
翌朝に聖岳に登る予定だったけれど、小屋着が予定よりも3時間早かった・・。よし、今日のうちに聖岳登ってきちゃおう!

日本最南端の3000m峰「聖岳」。天候は回復傾向、果たして僕は山頂で絶景を見ることは出来たのか!?
続きは後日・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top