光岳!南ア南部に進路を取れ!

2017.06.12 (Mon)
光岳
南アルプスの最南端、百名山「光岳(てかりだけ)」に行ってきました!
遠い、遠かったです。自宅から350キロ以上、6時間近くかかり、高速代は片道7000円越え・・。往復だと・・ダメだっ! そんなセコい計算をしてはいけないっ!山行はプライスレス!!

ああ、山の話しを書くんだった。
通行止めの多い易老渡への林道。去年行く予定でしたが「指定車両(タクシー)のみ通行可」で時間の縛りがあるので断念。今年は易老渡の手前5キロまで乗り入れができるようになったのでゴー♪
連休なので聖岳・光岳1泊縦走も考えたのですが、強風&雨の怖れがあったので諦め、長野側からの光岳の日帰りピストンにしました。

林道を進み、北又渡発電所ダムの駐車場へ。新しいゲート&駐車場がこの先1キロに出来たのですが未舗装路。新車の僕はココに停めて1キロ余分に歩くことにしました。
新しい芝沢ゲートからはさらに林道を5キロ歩くと易老渡登山口に到着。

P6100590.jpg
最近吊り橋よく渡るなあ・・。

P6100594.jpg
樹林帯のザレ急登。たま~に景色が見えたりしました。ホント、たま~にねw

P6100602.jpg
尾根に出ると景色が開けます。南アルプスは崩壊しているところが多いなあ。

P6100607.jpg
残雪の雪渓もちょっぴり。

P6100609.jpg
だいぶ緩んでいるので、たま~に太ももまで踏み抜きます・・

P6100610.jpg
登りはよかったのですが、下りではスリップ。お尻で滑り下りましたよ・・。

P6100629.jpg
光岳近くのイザルケ岳に寄り道。360度のパノラマ!聖岳が眼前に見えます♪

P6100643.jpg
そして地味な光岳、2591m。百名山の最後に登る方が多いとか・・。

P6100645.jpg
その名の由来となった、光石にも寄ってみました。

P6100647.jpg
オベリスクや五丈岩等、デンジャラスな場所には登らないビビリな僕でも登れましたw

P6100652.jpg
光石からの帰りにも再度山頂を通ります。

P6100659.jpg
光小屋でランチ。チキンラーメンぶっこみ飯。ジャンクでうまいっ!

P6100657.jpg
キレイ、と評判の県営光小屋。

P6100660.jpg
内部もホントキレイでした。まだ営業前なので開放中なのです。トイレは地獄と化していましたがw

P6100671.jpg
あとは来た道をピストンで戻ります。途中でギンリュウソウを見つけました。

P6100673.jpg
南アルプスらしい、静かで深い森。ザレた急斜面の下りでは何度も尻餅。林道に出てからはキロ6分で走って駐車場でゴール♪

P6100627.jpg
前回の山行の反省を生かし、短パンはやめましたよ!

山自体はあまり印象に残らなかったですね。自宅からのアクセスのほうが大変でした。
距離約32キロ、累積標高2700mくらい。4700kcal消費の山旅でした。




イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



トレラン@櫛形山~南ア前衛の200名山

2015.11.15 (Sun)
先日、山梨県の櫛形山に行ってきました♪
櫛(くし)のような山容のテーブルトップマウンテンです。東洋一ともいわれるアヤメが有名らしいですが、鹿の食害にやられているとのこと・・。
場所は北岳登山の玄関口、芦安の南。鳳凰三山を始め、北岳・間ノ岳の3000mの稜線がバッチリ見ることができるハズの山旅です。

クリップボード01
ウッドビレッジ伊奈ケ湖の駐車場に車をデポし、舗装路を走って北尾根登山口から登山開始!

PB120117.jpg
落ち葉&階段で岩多めなトレイルを上ります。

PB120118.jpg
「花の百名山」の著者、劇作家の田中澄江さんの碑。「花の百名山」を発表した後に田中さんはこの山に登り、選ばなかったことを後悔したとか。そのあと櫛形山は新・花の百名山に選出されたそうです。

トレイルの脇に黒い生き物が座っていたので、またクマか!と思ったらカモシカでした・・。
びっくりさせないでくれ!
PB120122.jpg

PB120126.jpg
少しづつ霧が晴れてきました。なんだか幻想的。

PB120127.jpg
鹿よけのフェンス。大菩薩の南でも見たなあ。

PB120144.jpg
富士山もちょっぴり顔を出していました。雪が少ない気がするけど、どうなんだろう。

PB120145.jpg
北岳も樹林からチラ見。来年は、また登りたいな。

PB120149.jpg
おととし出来たらしい、新しいトレッキングコースにゴー。このあたりの登山道は、よく整備されているし、危ないところもありません。

PB120151.jpg
鳳凰三山&甲斐駒。新トレッキングコースは南アルプスの眺望よし。展望台がこの先あるので、楽しみだっ!

PB120152.jpg
素敵なトレイルを抜け・・

PB120153.jpg
いかにも「造りました」的なトレイルも走り抜けて、北岳展望デッキに到着っ!

PB120165.jpg
なにも・・見えへん・・
どんどんガスが上がってきていたのでした・・。

PB120163.jpg
ホントならこんな絶景が見えるらしいです・・。
最近快晴のトレランが多かったので、こんなこともあるよね~。

PB120167.jpg
この展望デッキには、近くの駐車場から来ることができます。車いすも可だそうです。

PB120175.jpg
櫛形山山頂到着!2053mです。二百名山&新・花の百名山&山梨百名山。
眺望は特にない山でございます。
南アルプス、見たかったなあ・・。

山頂からは標高差1000mのダウンヒル。1時間ほどで走り切って、伊奈ケ湖の駐車場に戻りました。
距離24キロ、標高差1900m、消費カロリー2600kcalのショートなトレラン。午後2時に走り終わってしまったので、温泉にも入らずに5時過ぎには帰宅っ!パーフェクトではないトレランでした・・。

PB120166.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


2年ぶりの仙丈ケ岳・地蔵尾根ピストン ~2

2015.06.15 (Mon)
小屋経由で回り道をしたとはいえ6時間もかかってしまったけれど、いよいよ仙丈ケ岳山頂まで、あと少し。
女王さまっ!

景色ババ~ン!!

P6130313.jpg

あれ?

昨日もブログ読んでくれた方、デジャブ感を感じてます?
昨日アップした、2年前の写真はコレです。
P6169821.jpg

ウォーリーを探せ的な、微妙な違いw

山頂到着が午後二時。もうガスが上って来ていました・・。
先ほどの小屋への分岐で、小屋に寄らずにまっすぐ山頂に来ていれば、絶景が待っていたかもしれない・・判断ミスでしたw
女王様は、微笑まず・・。

P6130314.jpg
先ほどの小屋は見えます・・。2年前は全く何も見えなかったので、まだましだとポジティブシンキング!

普段は長くても30分しか休憩しない僕ですが、今回は50分もガスが晴れるのを待ちました。

P6130316.jpg
北岳がギリ見えてますw

P6130318.jpg
小仙丈ケ岳方面・・。これは行っても景色見えそうにないな、と考え、今回も小仙丈ケ岳には行きませんでした・・。
時間も押しているので、下山を開始。
また来なくちゃな、仙丈ケ岳。

下り始めて10分ほどで振り返ると、
P6130320.jpg
あっ!鳳凰三山・地蔵岳のオベリスクが見えているっ!
今山頂に戻れば、絶景が見られるかもしれないっ!

しかし2年前より1時間遅く登頂したので、時間に余裕なし・・後ろ髪をひかれつつ、下山。

P6130322.jpg
さよなら仙丈ケ岳&カール、また来るよ。必ず来る。今度こそ、絶景を見せてくれ。富士山&北岳&間ノ岳のスリーショットを撮らせてくれ。

P6130324.jpg
下山時に松峯小屋分岐で休憩。テントを張っている方がいました。

2年前は山頂から1時間半でここまで来たのに、今回は1時間40分掛かっている。やはり下りも衰えているんだな・・。
松峯小屋からゴールまでも1時間半の行程。
2年前の自分に負けたくない!

普段の下りよりペースを上げて頑張って走り、1時間25分でゴール!2年前の自分に一矢報いました。
仙丈ケ岳、なかなか絶景を見せてくれません。

しかし考えてみると、長い地蔵尾根で登るとどうしてもお昼を過ぎてしまうので、ガスが発生しやすくなるんですよね。
もっとスタート時間を早くするか、行程の短い北沢峠から登るか、あとは登りでお会いしたTJARのランナーのようにすげえスピードで登るか・・w

距離約31キロ、累積標高約2700m、消費カロリー5100kcal。今年もっともハードな山行でした。

2年前のブログを帰宅後読み返してみました。
このころは週1以上のペースで山に登っていて、「俺今マックスっす」だったらしく、全く疲れずに走った、と書いてありましたw
どうりで早かったワケだw



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

2年ぶりの仙丈ケ岳・地蔵尾根ピストン ~1

2015.06.14 (Sun)
クリップボード01

昨日は南アルプスの女王、仙丈ケ岳に行って来ました♪
2年前の同じ時期に登った時は天候に恵まれず、こんな感じ・・

P6169821.jpg
山頂はガスガスで景色どころか、自分で登った仙丈ケ岳の姿も一度も見ることはありませんでした。

晴れの予報だったので、南ア女王に再度の謁見!

孝行猿の駐車場に車を停めて出発。2年前は登り5時間、下り3時間の計8時間。距離は30キロですが走れるトレイルなので、それほどきつかったという印象はナシ。

最初のお出迎えは・・
P6130272.jpg
クリンソウ!
2年前に林道合流手前に咲いているのを見て「キレイな花だな~。なんていう名前なんだろう。」と思って帰宅後調べたことを覚えています。
2年前と同じ場所に咲いて、待っていてくれました♪

しかし2年前と変わっているところもアリ。
P6130277.jpg
林道が延伸していました。幅員の広い立派な林道。
しかし、コレホントに必要なのか?
蓮舫に造っていいのかを、確認したのか?w

P6130280.jpg
林道の終点には、MTBがデポされていました。僕も以前から考えていましたが、やはり実行する人いるんですね~。

以前はなかった林道からの道が、入り始めは分かりにくい・・
P6130281.jpg
シダの生い茂る森を、ピンクテープを頼りに進みます。

地蔵尾根ルートの約半分地点である松峯小屋を目指しますが、なかなか着かない・・。
前回は2時間半くらいで小屋に着いていたのに、すでに2時間半経過・・。
2年前と、そんなにペースが違うんだろうか?

やはり加齢による衰えが原因だろうか?
最近遊びが足りずに運動不足だしなあ・・。
あと考えられるのは、前日・前々日と4時間くらいしか寝てないから、身体に粘りがないことくらいか・・。

2年前の僕、元気だったのねw

仙丈ケ岳の稜線に出る手前付近で、後ろから鈴の音が聞こえてきました。
普段の山行で、追いつかれることって滅多にないんだけどな。

下の方から、ノースリーブに短パン、ダブルストックのランナーがハイペースで登って来ます。かなりの手練れだ・・
「早いですね~、何時スタートですか?」と聞くと、なんと9時半。つまりここまで3時間半で登って来たと!!
ちなみに僕は8時スタートで、すでに5時間経過w 2年前の僕なら、もう山頂なのに・・w

この僕より「1.5倍早いランナー」の方に、「トランスジャパン出たんですか?」と聞くと、去年出場し、ヒトケタ順位だったそうです!スゴイ!!
M美さんのコトもご存知でした。
このランナー、山頂まで4時間かからないんだろうな・・。

話し終えると、あっという間に登って行きましたw
P6130289.jpg
人間って、スゴイなあ・・w

P6130291.jpg
稜線に出ると、仙丈ケ岳&カールが見えてきました!
2年越しだっ!

P6130297.jpg
若干の残雪あり。軽アイゼンは使いませんでした。2年前より、雪は少ないデス。

P6130298.jpg
そんなことはナイと思いますが、もしも2~3メートル崖側に滑ったら、助からないと思います。

P6130299.jpg
山頂は後回しにして、2年前は残雪で近づけなかった仙丈小屋へ寄り道。
小屋の手前の雪の斜面は、けっこう斜度があって怖かったなw

P6130303.jpg
仙丈小屋到着。藪沢カールを見上げます。あの上が仙丈ケ岳山頂。
小屋には寄らず、小仙丈ケ岳方向へ登り返し。
女王様、もうすぐですっ!

P6130304.jpg
キバナシャクナゲが咲いていました。

P6130306.jpg
甲斐駒も見えていますっ!

P6130307.jpg
あの真ん中が、山頂。

P6130311.jpg
北岳も近くに見えるっ!

いよいよ南アルプスの女王に謁見の時が来た!
僕は2年待ったよ!
カール♪カール♪

続きは後日っ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ





スカイデュアスロン@赤石岳・悪沢岳 その3~今年の目標クリア

2014.07.25 (Fri)
悪沢岳も踏破し、あとはできれば日没まで登山道を終わらせMTBに戻るぞ。
今回の赤石岳・悪沢岳は百名山なので、先日放送されたグレートトラバース第2部のラスト15分くらいで、ヨーキさんも登頂してました。

悪沢岳を出発してすぐに、千枚岳手前にちょっとした岩登りポイントあり。赤いマークを辿って登ります。
P7182252.jpg
コワし・・w

ビビリながら登り、後ろを振りかえると、今まで通ってきたトレイルが見えました。
P7182255.jpg

P7182259.jpg
富士山も相変わらずギリ見えます。

このあたり、林道がかなり上の方まで伸びています。伐採した木を下すためだそうです。
千枚小屋から下山するのに、コースタイムでは4時間と書いてある。
しかし地図を見ると、4時間で下山できるのか?と思う距離&標高差・・。
コースが厳しいのか、僕のペースが遅いのか・・。

P7182257.jpg
良く見ると、荒川小屋の赤い屋根が見えます。思えば遠くに来たもんだ。

P7182291.jpg
当然揺れる吊り橋を、下を見ないで一気にわたりますw
すっごい高い場所に掛かってるんですよね~。

P7182292.jpg
滝見橋に出る手前は崩落の為、手すりがつけられていました。
ここを渡って、無事にトレイル終了。MTBの元へ。
下り4時間のコース、そこそこ走ったのに3時間かかりましたw
暗くなる前にMTBに戻れてよかった。
チャリもパクられてなくて良かったw ちゃんと待っててくれました。

トレランシューズからSPDシューズに履き替え、ライトの準備をして出発。
P7182297.jpg
すぐに林道は暗くなりましたが、ぶっ飛ばしました。
なぜなら足が全く疲れていない!
休憩込で13時間もトレランしていたのに、アウターでガンガン漕げる!やっぱりチャリとランは別の筋肉ですねっ!

とはいえ、時速30キロで林道転ぶと痛そうなので、途中からペース落としましたw ココでケガしてもね・・。
行きは90分かかったけど、帰りは60分で駐車場に到着。
撤収時も小虫が凄かった・・w

無事にデュアスロン終了。
MTBは往復31キロ、トレランは34キロくらい。累積標高は合わせて3500m、消費カロリーは7000kcalでした。
エクステラのデュアスロンもこれくらいの長い距離にしてくんないかなw
述べ14時間半、山の中に居ました。
温泉はすでに閉まっているので、トイレで身体を拭きました・・。風呂入りたかった・・
林道70キロを運転して高速イン。さすがに途中のPAで少し仮眠しました。

今年一番のハードな山行でしたが、意外と疲れはなく翌日もどこも筋肉痛ナシ。
日帰り登山のHPで、かなり高難度のこのコースでしたが、もっと長い距離を走れそうな、そんな手ごたえアリ。
今年の目標クリア、次は北アルプスだっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

スカイデュアスロン@赤石岳・悪沢岳 その2~日本六位の高峰へ

2014.07.24 (Thu)
クリップボード01

MTB区間を終了し(思ったより時間かかったけど)、いきなり階段で始まる急登の東尾根(大倉尾根)を登ります。

P7182148.jpg
静かに歩けば、ハチには刺されないのか?

赤石小屋のトイレはとてもきれい。100円です。
P7182159.jpg
小屋の方も親切で、この先のルートのアドバイスを頂きました。

P7182164.jpg
富士山も見えるよん。

P7182181.jpg
だいぶ溶けている雪渓はちょっぴりデンジャラス。

P7182184.jpg
お花畑がとてもキレイです。

P7182185ハクサンイチゲハクサンイチゲ

P7182186イワベンケイイワベンケイ。これって花なのかな?

P7182187.jpg
山頂直下、ガレ岩場を登って・・

P7182192.jpg
赤石岳山頂!3120mで日本七位の山なんだって! (下山後知ったw)
この山はトランスジャパンアルプスのコース内で最高地点なんだそうです。意外とピーク通過しないのね。
またまたガスで眺望ナシ・・。ここ最近ずっとこうだっ!

P7182213.jpg
厚い雲の下、これから進むトラバース道が見えます。快晴だったらステキな景色だろうな。

P7182216.jpg
眼下に荒川小屋が見えます。某有名女性トレイルランナーが「カレー食べた」と言ってた小屋ですな。
ここのキレイな小屋。山開き直後なので、小屋の方がいろいろ準備されてました。

P7182246.jpg
アルプスと言えば雷鳥♪ このあとひな鳥も見ました。超かわいかった。

P7182250ミヤマオダマキミヤマオダマキ
この山域は、ホントに花が多い。

CA3I0357_20140724104822a33.jpg
登りで少しバテたけれど、悪沢岳(荒川東岳)3141m登頂♪ 日本六位の高峰です。これで標高1~7位まで、トレラン日帰りで登ったよ。あ~景色が見たいっ!
この時午後3時。日没は午後7時。あと4時間で下山してMTBに戻りたいな。林道ライドは暗くても問題ないですからね。

続きは後日。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




スカイデュアスロン@赤石岳・悪沢岳 その1~真っ赤なスカーフ

2014.07.22 (Tue)
先週月曜に塩見岳に行った僕。今度は木曜の夜に自宅を出発し、初めて走る第二東名に感動しつつ、赤石&悪沢岳に登るため、新静岡ICから静岡県・畑薙ダムへ。

前回の塩見岳への鳥倉林道23キロの運転で「もうやだ、長い」と思っていましたが、今回、畑薙ダムまではなんと・・70キロ以上!! 真っ暗でグネグネな林道。ココは日本か?車の運転だけで疲れます。

だがしかし!驚くなかれ、トランスジャパンアルプスの選手は、レースの最後にこの林道を畑薙から下ってくるのだ!
太平洋まで下るから100キロ近くあるんじゃないのかな?
人間業じゃない・・。
そんなものすごいレースの女性優勝者と、先週火曜にランチさせて頂いたなんて、光栄至極っ!

自宅を出て、6時間かかって畑薙ダム駐車場に到着。車中泊の準備中に、ものすごい数の小虫にたかられつつ、熟睡
3時半に起床して、MTBの準備。
今回のコース、登山口は畑薙から18キロほど奥にある椹島にあります。椹島行のバスに乗るには、椹島の宿か山小屋に泊まることが条件。宿泊者以外はバスに乗せてくれないのです。
つまり日帰りは出来ない、ということ。

だがしかし、僕は日帰りで行きたいっ! ネットで探すと、ナイスなプランを発見。
椹島までのバス移動区間をMTBで走ろう、というワケ。ネットで探しても実行した人は、あまり多くないケド・・。
MTB乗りの僕にとって、大したアップダウンもない片道16キロ程度の林道なんて、ウォームアップ&クールダウン程度だぜっ!
肝心のトレランはコースタイム20時間だけどねっ! みんながシマノの前日で準備している中、僕も今年一番のチャレンジをしていたのです。応援もなく、ただ一人のデュアスロンw

珍しく30分ほどで準備を済ませ、MTBでゴー♪
P7182140.jpg
27.5サンチ砲を装備し、恒星間航行用に生まれ変わったアンカライトで走ります。
意外と赤石ダムあたりの登りが辛かったケドw

P7182143.jpg
ダムの湖水、エメラルドグリーンでキレイだったな。

90分ほどで走り終わり、椹島の赤石岳登山口にMTBをデポ。
P7182144.jpg
必ず帰るから、待ってておくれ。コス〇クリーナーを持って帰るよ。

コースタイム20時間は、過去に走ったことがない。日本6&7位の山を含め、3000m級を4つだか5つ縦走するワイルドな周回ルートでエスケープはなく、ダメなら「戻る」か「それでも進む」の二択しかない。
ロマンを感じない?

続きは後日。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top