DHな10月

2014.10.31 (Fri)
PA030357.jpg

10月は
  ラン   77キロ  (前月-40キロ)
  MTB  124キロ  (前月比+74キロ)

今月はかなり忙しく、ブログを書く暇がなかった。それでも山にはそこそこ行った。
トレランは、かなりヤバかった谷川岳馬蹄縦走と里山を2回。
谷川岳、まさしく魔の山。
PA030364.jpg

MTBは富士見パノラマとダイナコパークのパークライドと、T山ライドと日曜ミニツーに参加。

PA090496.jpg
富士見は今年最初で最後だったな・・。
連続して行かないと、スムーズに走れない。来年は1回以上は行きたいな。

KIMG0017_14.jpg
ダイナコパークは、自分のテクのなさを痛感しましたw
いつもは勢いだけの応用でごまかしていますが、基本のスキルも見につけないとダメですな。

「山を下る」MTBでもトレランでもサイコーの瞬間ですねっ!

どんどん日が短くなるし、気温も下がってくる。
今冬はどの山に行こうかな。

PA030473.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ベッキーは、もういない。

2014.10.27 (Mon)
先日のデュアスロンの帰り、いつも寄るラーメン屋へ。

KIMG0009.jpg

こってり&チャーハンセット。美味しかった~♪

以前はCMキャラクターのベッキーのポスターが店中に貼ってあったのに、今は一枚もナシ・・。
やはり不祥事が続いたからか?w


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: | Comment(0)

「家のピアノ」を聴きながら

2014.10.24 (Fri)
久しぶりの休日♪ 
久しぶりのT山ダブルへ。

、先日の「クラ輪さん糾弾飲み会w」の際に、トラ山さんから頂いた「種とも子スペシャルセレクションCD」を車中聞きながらゴ~。
イイ曲ばかり。トラ山さんのを感じましたw

KIMG0004.jpg
A峠はねえ・・前日までの雨でトゥルットゥル。ツルツルじゃないよ、トゥルットゥルだよ。
意外だったのが、まだ蜘蛛の巣があったコト。蜘蛛も頑張ってるなあ・・。
蜘蛛対策グッズを夏に買ったけれど、結局まだ試してない。持ってくればよかった、と後悔。

2本転ばずに走って終了。
転ばなかったけど、少し道に迷いましたw

午後は小田山で軽くトレラン。
今日は暑くって、ノースリーブ&短パンで走りました。
KIMG0008.jpg
平日なのに、ハイカーさん多かったなあ。

MTB25キロ、トレラン10キロのエクステラデュアスロン・ディスタンス。ダブルの楽しさ♪
もっと高い山・長い距離を走りたいな。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

疲れた夜の 晩餐は

2014.10.19 (Sun)
休日が潰れ、帰宅時間も遅くなりがちなこのごろ・・
疲労回復に、と思って先日食べた僕の夕飯がコレ。

CA3I0387.jpg

オムライス料理のチェーン店「ラケル」のブリュレのフレンチトースト♪
おいしかったです。そして何より・・

店員がカワイイ!

テーブルクロスと同じ、赤のギンガムチェックのエプロンを着ているバイトの子。

絶対、顔で採っているっ!

癒されました気がいたしますw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: | Comment(0)

トレラン・ムービー

2014.10.17 (Fri)
ようつべで、鏑木選手と石川選手のトレラン・ムービーの予告編を見た。

MTBだと「collective」や「SEASONS」のムービーがあって、何度も見てしまうようなカッコイイライドなんですが、トレランの、つまり人が走っている絵を何度も見るだろうか?という疑問をちょっぴり感じた・・。

僕は石川選手が好きなので、石川選手の映像のほうがカッコよかったな。
僕のウェアもパタゴニアのほうが多い。ノースも持ってるけどね。

石川選手の「From The Trais」はもう発売になっているらしい。

こういう映像を見ると、やはりトレランに行きたくなる。
もう今シーズンはスカイランは終わりかな。休みがないので、走りに行けないのがもどかしい・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

孤高のミニツー

2014.10.13 (Mon)
昨日は台風の進路によっては、休日出勤になるカモ・・だったので、ふじてんには行けず・・。
行きたかったなあ・・。

仕方ないので日曜ミニツーへ。
しかしモチベーションの低さのせいか、二度寝。
慌てて出発しましたが、お店には15分ほど遅れて到着。当然誰もいない・・。

いつものコースを追走するも、誰にも会わず・・。
じゃあ森でみんなを待とう、と思い一人で森をクルクル走りました。しかし1時間たっても誰もこない・・w

今日は参加者ゼロか?と思いつつミスドに行くと・・みんないましたw
スズメバチを恐れて、森には入らずに通過したそうですw

ミスドに着くと、職場から電話で「夕方から出勤」

とりあえずミスドでドーナツ食べて、自宅へ。その後夜まで仕事・・。
今日は自走だったので約50キロ近く走りました。一人で・・w


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

フルアーマー富士見

2014.10.10 (Fri)
昨日、富士見パノラマに行って来ました。今年初めて。1年ぶりです。ここ数年は年に1回しか来なくなりました・・。

PA090497.jpg
八ヶ岳、雲がかかってます。

週末にレースが開催されるので、平日なのにたくさんのDHer。
僕は一か月ぶりのMTB。夏はトレランばかりで全然乗らなくなったナw。
感覚が鈍りまくっているので、数年ぶりにボディプロテクターを着用。8月に転んで、アバラにヒビ入った前科もあるのでフルアーマー装備ですw

一本目、Cコースをゆっくり走りますが、ウエット路面でスリップ。立て直すも目の前に木が・・w
ぶつかって吹っ飛びましたw
いや~フルアーマーでヨカッタw 右ふともも強打したけれど、ケガはなし。

2本目もCコース。今度はドロップ後の衝撃に腕が耐えられず、顔がハンドルにヒットw
フルフェイス&ゴーグルなので無傷w
上半身の筋力も落ちてるなあ・・。MTB乗らないと腕が細くなりますね。握力もすぐになくなります。

PA090498.jpg
メゲつつ、何本か走る。気温は20度ないくらい。朝イチの山頂駅ではストーブ焚いてました。でも僕は汗だくw

握力がなくなり、ブレーキを掛けたくても僕の人差指に力が入らない。指の動きが超スロ~モ~w 何度かコースアウトしそうになりました。
ジャンプも全然飛べないし・・。MTBもっと乗らないと楽しめないな~。

Aコースの一本目は、怖かったです。スピードとドロップがコワい。こんな感覚久しぶり。
徐々に慣れましたが、ブランクを感じましたね~。

CCCAAAACの計8本、と走った本数はいつも通り。、44キロ下りっぱなしのライドでした。
PA090499.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

日本一のモグラ駅

2014.10.08 (Wed)
先日の谷川岳馬蹄形縦走、まさに前門の虎後門の狼。厳しい山行でした。

谷川岳の前日夜に自宅を出発し、夜9時過ぎに土合駅に到着。
この駅はユニークな駅で有名。
「日本一のモグラ駅」らしいのです。

PA030493.jpg
谷川岳をモチーフにした三角屋根の駅。
ちょっと見学してゆこう♪

駅の前は未舗装の砂利。結構デコボコで登り坂。車高の低い車は擦るカモw

CA3I0374.jpg
ここは無人駅。電車も一日10本くらいしか停まらない地味な駅です。
登りホームは普通なのですが、下りホームが、面白いらしい。
「486段の階段を下りますので、10分かかります。」

ちょうど誰もいないし、ちょっぴり冒険。
どれどれ、行ってみよう♪

CA3I0375.jpg
まずは渡り廊下のような道を進みます。これで道路を越えて行くのです。

CA3I0376.jpg
少し進むと、マトリックスに出てきそうな廊下にw
夜間で誰もいないし、電車ももう止まらないのに、電気が点いているんですね。

CA3I0378.jpg
幅の広い階段が見えてきました。まっすぐに降りています。下まで見えませんw

右側にはエスカレーター用の場所を確保してあるのですが、設置の予定はないそうですw
だって一日に2~30人しか利用しないらしいのですw

ず~~っと下ると、ホームに到着。
CA3I0382.jpg

CA3I0380.jpg
待合室&トイレがありました。なんか退廃的でかっこいいw

CA3I0379.jpg
モグラ駅の解説。よくこんな場所にホーム作ったなあ・・。

CA3I0383.jpg
さっきの写真と似てますが、今度は下から階段を見上げてみました。
クロックスでスタスタと登ってみたら、ホントに10分かかりました。
この階段を登れないようでは、谷川岳はやめておけ、というコトらしいですw
言うなれば、谷川岳のジャンダルムか?

CA3I0384.jpg
ホント映画に出てきそうな雰囲気。真ん中の白い壁は風よけ。確かに階段ゾーンに入ると一気に風が来ます。

CA3I0377.jpg
階段を登り切ったところにあるガラス戸。

いや~面白いモグラ駅でした。見学してよかった。
ここはトイレがキレイ。
このまま車中泊して、翌日の谷川岳縦走に備えました。

寝るときは僕の車だけだったのですが。朝起きてみると4台に増え、駅の待合室のベンチに、シュラフで寝てる方もいました。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

TGDBTJS 後篇

2014.10.05 (Sun)
谷川岳馬蹄形縦走も残すは西黒尾根を下るのみ。時間もほぼ予定通り。

PA030460.jpg
この看板、ホントは「初心者下山不向き 中級者以上(健脚者向き)」と書いてあるのですが、だいぶ字が足りなくなってます・・。大事なコトだと思うけどなw

PA030463_201410051754005a2.jpg
こんな階段状に岩が削れているところも・・。岩がね~雨に濡れて滑るんですよ。

PA030466.jpg
ガスが少し晴れ、東側の天神尾根&ロープウェイ駅が見えます。
小雨も止んできたし、日没前には下山できるな~♪

PA030481.jpg
(この岩場は事件があった場所ではありません。その時は写真を撮る余裕はありませんでした。)
西黒尾根には「蛇紋岩」という種類の岩があります。この岩、とっても滑りやすい!
滑落事故多発の岩です。

蛇紋岩の一枚岩、クサリを掴みつつビビリながら足場を探しつつ降りているとき、最大のピンチが僕を襲うっ!!
いろんな山に登ってきた僕ですが、こんなピンチには出会ったことがないっ!

一枚岩のわずかな窪みに足を置こうとした時!
なにかがその窪みに飛んできた!
なぜだ!なぜこんな場所にいるっ! 












OH!NO!!!!

1センチくらいのが、僕が足を置くべき場所にいるっ!!

どどどどうする俺っ!

その窪み以外に足を置けそうな場所はないっっ!
他の場所に足を置けば、滑って滑落するっっっ!

を踏むか、滑落するかの二者択一っ!!

落ち着けっ、何か策があるハズだっ!
僕は手近にあった小石を掴み、に向けて投げた!
するとびっくりしたは飛びのいたっ!

よし!作戦成功だっ!
のいなくなった窪みに足を置くことができました・・。

びっくしたぜぇ・・なんでこんな場所に・・まだ標高は1500m近い場所だし、川もないのに・・。

やれやれ・・
次に足を置く場所は・・そうだな、岩の裂け目にしよう、と見ると・・

さっきのがいるっ!

オマエそこに逃げたのかよっ!

ガッデムッ!

再び小石を投げ、を再びどかす。今度はの行先をちゃんと見たよ!
見たくないケド、見ないとヤバいっ!

過去最大のピンチな岩場を何とか潜り抜け、僕は先へ進む。だいぶMPを削られてしまった・・。
「魔の山」谷川岳、恐るべし。遭難死者世界一なだけはある・・。恐るべし日本三大急登「西黒尾根」、下りもデンジャラスだぜ。

PA030471_20141005175402c76.jpg

細尾根を通過する際、左のヤブから何かが飛び出して来た!



あわてて右に飛びのく僕。
あやうく尾根を踏み外しそうになったよ・・。

を避けて滑落・・勘弁してくれ・・。

もう風に舞う木の葉も全部に見える。
こんなことなら西黒尾根じゃなくてロープウェイで下山すればよかった・・。
山行前に、入念に西黒尾根のコトを調べた僕。すれ違う登山者にも道の状況を聞いたよ。
だが誰も!ただの一人も!がいるとは言わなかったっ!

こんな危険な情報を共有しないでどうするっ!

PA030479.jpg
ラクダのコルにて巌剛新道との分岐。巌剛新道の方が最後に林道区間があり、下山が少しは楽らしい。
の連続攻撃ですっかりヘタレた僕。

地図を取りだし、予定タイムを確認すると・・
予定より20分も遅れているっ!
にビビリ過ぎたからだな・・。

日没に間に合わせるなら、安全策は厳剛新道だ。
だがしかし、西黒尾根には多分もう来ないw
西黒尾根を下らなければ、きっと後悔する。

僕は西黒尾根をチョイスしたよ。

まだまだ続く岩場・クサリ場。
またもやが現れる・・
しかも今度のはデカイ!2センチ近くあるっ!

PA030482.jpg

魔の山の波状攻撃が僕を苦しめるよ・・
もういや~ん・・

だが、ゆっくりしてはいられないぜ!
日が沈んでしまったら、ヘッドライトでクサリ場を降りるのは危険だ。
暗闇からの攻撃を受けたら、僕は避けられないだろう・・。

小石を投げ、の行先をガン見して、岩場をクリア!

普段は岩場やガレ場等の危ない下りは、慎重にゆっくりペースで下る僕ですが、ペースを上げて下ります。ハイリスク・ハイリターンだっ!幸いの攻撃も止み、日没前に西黒尾根を下山!

PA030484.jpg
ラクダのコルから90分かかる予定が、1時間で走り切りました。
ほぼ予定通りの時間に帰着。

無事でヨカッタ・・。恐ろしいトレイルだった・・。

やれやれ・・

PA030492.jpg
出発時には僕の車しかなかった駐車場。戻って来ると2台増えてました。
アレ?
僕の車のマップランプ&ルームランプ2個が点灯したままだっ!
12時間以上点きっぱなしだっ!
慌ててエンジンを掛けると、ちゃんとエンジン掛かりました・・危ない危ない・・。

やれやれだぜ・・
PA030476_20141005175404e1f.jpg

移動距離約28キロ、累積標高約2400m、消費カロリー5500kcal。
今回ほど単独行を後悔したことはありませんでした。誰か一緒にいればどけてもらえたのに・・
午前中の絶景はすっかり記憶からなくなり、の恐怖だけが印象として残った[「もっとも危険な」山行でした・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

谷川岳馬蹄形縦走 前篇

2014.10.04 (Sat)
PA030394.jpg

関東近郊の登山者ならば、一度は「そこにシビれる!あこがれるゥ!」と言われている、谷川岳馬蹄形縦走に行って来ました。一か月ぶりの山行なのでちょっと不安ですが、最近ジョギング多めに走ってるからダイジョブだろ・・w

クリップボード01
馬の蹄のようにぐるりと周回。僕はアドバイスを参考に、最後に谷川岳にのぼる「反時計回り」で登りました。万が一の時、ロープウェイが利用できることを考慮してのコース取り。ま、足が折れでもしない限り使わないケドね。

前日に現地入りし、車中泊。日の出前にヘッデンつけて土合橋駐車場をスタート。いつものように準備にモタつき、予定より20分遅れでの出発でゴザイマスw
PA030327.jpg

今回は12時間半で周回の予定。下山予定時刻は日没の17時半。ギリギリのプランです。

PA030332.jpg
夜が明けてきました!

PA030338.jpg
日が昇る~

PA030341.jpg
谷川岳が朝日を浴びて輝いていますっ!
日の出前にスタートすれば、日帰りの僕でもモルゲンルートを見ることができます♪

PA030345.jpg
雲海に浮かぶ山々・・昨日は雨だったけれど、来てみてヨカッタ・・感動。

PA030348.jpg
真ん中のピョコっと尖った山は「関東以北、これより高い山はなし」の日光白根山。
今シーズンの山行で、一番の天候じゃナイか?
いつもは悪天候で景色なんてちっとも見えず、「日頃の行い」のせいだと考えて絶景を諦めていた僕・・。
でも今回は違うぜっ!
最近仕事頑張ってるもんな・・因果応報、善因善果・悪因悪果ですねっ!

PA030359.jpg
紅葉もキレイ。谷川岳は新潟と群馬の境。気候が厳しく森林限界は1500mと低い。

PA030372.jpg
白毛門(1720m)に到着。ここまでなかなかの急登でした。しかも絶景に目を奪われて写真撮りまくり、なかなか前に進めませんでした。スタート遅れの20分を加えて、予定より30分の遅れw

PA030385.jpg
次に進む笠ヶ岳・朝日岳もキレイに見えます。サイコーだなあ。こういう山行がずっとしたかったのに、今年はガスどころか雨に降られてばかりだったもんな・・。

PA030389.jpg
笠ヶ岳手前の笹原もキレイです。気持ちいいな~。

PA030403.jpg
紅葉の絨毯。

PA030423.jpg
写真では伝わりにくいですが、ホントに景色最高でした。

PA030429.jpg
清水峠の避難小屋が見えます。三角屋根の建物は実は避難小屋ではなく、東電の電気関係の施設。その手前に小さく避難小屋があります。
清水峠で馬蹄縦走のちょうど半分くらいかな。ココでお昼休憩。予定より30分遅れてます。

お昼を食べ終わり出発すると、ガスが湧いてきやがりました・・。

PA030440.jpg
七ツ小屋山の山標が、十字架みたいに見える。

PA030447.jpg
視界は5メートルほど。霧の向こうから登山者が来たのでびっくりしましたw  スタートして7時間で、初めて人に会いました。
いつものガスだらけの僕の山行になってきたな・・。でも午前中絶景だったからヨシ!
ガスってて何も見えないので、撮影タイムなし!ペースが上がりました。30分の遅れを取り戻し、逆に10分ほどの貯金が!やったね!

PA030456.jpg
谷川岳・オキの耳(1977m)到着。

PA030457.jpg
双耳峰のトマの耳。こちらは山標が新しいですね。

あとは今コースのハイライト、西黒尾根を下山するだけだ。予定通り日没前に下山できそう♪
しかし「日本三大急登」の西黒尾根の下りは、そんなに甘くありませんでした・・。

今までいろいろな山に登ってきましたが、西黒尾根ヤバかったです。進退窮まる大ピンチ!
後篇を待て!w


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top