トレラン@会津駒・山小屋で初のお買い物♪

2015.10.26 (Mon)
クリップボード01

先日、会津駒ヶ岳に登ってきました♪
紅葉真っ盛りの山に行こうかと迷ったのですが、紅葉がピークだと、登山者が多い可能性が高い。混んでる山が好きな人はいないですよね。
よってすでに紅葉が過ぎ去っているw 会津駒ヶ岳をチョイス。

9月に会津駒より奥にある燧ケ岳と平ケ岳を登りましたが、その時に会津駒の登山口は車で通りすぎていました。
よってひと月半ぶりの再訪になります。以前はこの山域は遠い、と思っていましたが、行って見るとそうでもない。3時間半かからずに登山口の駐車場に到着です。

PA230807.jpg
麓の滝沢登山口周辺は、紅葉がキレイ。

PA230815.jpg
危険箇所もないルートを登って行くと、視界が開けてきました。なんてステキな尾根だっ!

PA230819.jpg
駒の小屋も見えてきました。カワイイ小屋で、なんだかメルヘンチックな景色。

小屋から会津駒ヶ岳山頂は15分ほど。
PA230824.jpg
標高2133mの会津駒ヶ岳山頂到着! 二時間半ほどで着きました。この日は快晴で、半袖で汗だく。

山頂からは先月登った燧ケ岳がはっきりくっきり♪ 登った時は雨天だったので、燧ケ岳は見えなかったんですよね~。かっこいい双耳峰です。
PA230827.jpg

PA230831.jpg
中門岳へと続く、美しい尾根。池塘と木道です。

PA230834.jpg
天空の庭園と呼ぶにふさわしいっ!

PA230837.jpg
中門岳の山標。中門大池のほとりに立っていました。中門岳自体の山頂はないそうで、付近一帯の名称だそうです。
神秘的な景色でした。ここから来た道を折り返して駒の小屋まで戻ります。

PA230841.jpg
池塘と燧ケ岳。燧ケ岳は双耳峰で分かりやすいけど、平ケ岳は分かりませんでしたw

PA230843.jpg
駒の小屋前の景色。小屋に泊まるとずっとこの景色を眺めていられるんですね・・。

ここで今回のトレラントリップの目的を果たさねば!
山小屋はトイレ以外で利用しない僕ですが、この小屋で初めてのお買い物!

それはコレ!
KIMG0231[1]
このTシャツが欲しかったのです!w ステキだと思いませんか? 僕はネットで見つけて一目ぼれしたのですw
ベースのTシャツが、エクステラのものと同じメーカーだったので、サイズも迷わずSをゲット!

小屋の姉さんは、評判通り明るくて元気の良い方でした。
Tシャツを11リットルのザックに無理やり押し込んで、下山開始っ!

PA230848.jpg
小屋から富士見林道を大津岐峠方向へ向かいます。振り返ると会津駒が見えます。

峠からキリンテ登山口へ下山。このトレイルは落ち葉フカフカで、段差等も少なくてとても走りやすい道。
PA230867.jpg
コースタイムの3割ほどで駆け降りることができました。最近調子がいいな。

あとは国道を4キロほど走ってデポ地へ戻って終了。
麓以外は紅葉が終わっていて、登山者が少なかったのは作戦通り。
距離約24キロ、累積標高約1600m、消費カロリー2500kcal。天候に恵まれて景色を堪能、初めてのお買い物もうまく行った山行でした。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

MTBがヤバイ

2015.10.19 (Mon)
先日の皇海山デュアスロンの時、MTBの衰えを感じた。感じたのだ。
この1~2年はMTBに乗る機会が激減し、最近は月イチでしか乗っていない。登りも平地もみんなに着いて行くことが出来なかった。そりゃそうだ。漕げなくなるのは仕方ない。

でも皇海山で林道を走った時、さらにもう一つ先のランクへと僕は進んでいた・・。
足がキツイのは当然だし仕方ない。さらに「乗車姿勢が辛い」のだw

お尻と腰、それと手の平も痛い。コレって自転車に乗り始めたばかりの人の悩みですよねw
衰えも極まった感じがする・・。「乗車姿勢が辛い」の次に来るのは「自転車は漕がないと進まないし、疲れるから乗らない」かもねw

これではイカン!ということで、今日は久々T山デュアスロン。
KIMG0226.jpg

久しぶりだと言うのに、下りで飛ばしてしまい転倒しました・・。
多分30回以上走っているトレイルですが、今回新しいラインでバンクをクリアしようとして、滑り落ちてしまったのですw 判断ミスですなw

PA190800.jpg
左側頭部を打ち付け、メットにヒビが・・
ついにメットも買い替えか~。7年くらい使ったから、元は取ったね!

2本目はゆっくり下って無事終了。

続いて・・
KIMG0227.jpg
小田山へ。
平日なのに駐車場はほぼ満車でしたよ!

足が軽かったので、出来るだけ走りました。往復1時間の自己ベスト。ランは調子イイネ!

MTBも少しづつ昔の感覚を取り戻したいな。
しかしたま~に乗ると転倒ばかりだw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

スカイ山@デュアスロン

2015.10.10 (Sat)
クリップボード01

先日、群馬と栃木の境にある百名山「皇海山」に登ってきました♪ この山の漢字、読めます? 僕は最近まで知りませんでしたが、「スカイサン」と読みます。この名前に惚れましたw
信仰登山で有名な山で、メインルートは東側の修験道を行くルート。ですがこのルートは岩場鎖場が多いらしく、僕のテイストじゃないw

東の沼田側から「栗原川林道」を走って皇海橋登山口から登るイージーなルートチョイスしました。
20キロの林道ですが、悪路で有名らしく四駆や車高の高い車がオススメで普通車向きではない林道。パンクも多発らしいのです。
車でパンクはイヤだな・・。
ということでMTBでゴー! 林道片道20キロなんてウォーミングアップだっ!

吹割の滝駐車場に車をデポし、出発したのはいいものの、栗原川林道の入口を探して集落内を右往左往w 30分ほど迷ってやっと見つけました。いつも思うのですが、登山口取り付きを探すのが一番難しいw

一か月ぶりのMTBで、栗原川林道をゴー!
林道自体は、アップダウンも少なくて全然ガレてませんでした。
栗原川林道、噂ほどではないわっ!

しかし30分も経つと・・
腰&お尻が痛い・・
ブランクって恐ろしいな・・。

走っているうちにどんどん痛くなり、目に涙が滲む・・w
こんなに腰が痛いのは、王滝以来だ。
最後の方は、5分乗ったらMTBを下りて腰のストレッチ。コレを繰り返して進みました・・。辛かった・・。途中で帰ろうかと思ったw
こんなに衰えているとは・・帰りのMTBが不安だ。

PA070766.jpg
房総にあるような、素掘りのトンネルも通りました。

迷った距離も含めて25キロを走り、皇海橋登山口に到着。ここから皇海山山頂までは7キロちょっとのショートトレイル。

PA070769.jpg
MTBをデポして、シューズを履き替え出発!(写真用に置いただけでココにデポした訳ではありませんよw)

PA070771.jpg
不動沢ルートの走りだしはこんな気持ちの良いトレイル。ここだけでしたが・・w

PA070774.jpg
不動沢の急坂&ガレ。距離が短いのでまだ良かったです。なかなかの悪路。
MTBで予想以上に足に疲労が貯まっています。ウォーミングアップどころじゃなかった・・。もう僕は「MTB乗り」ではないんだと実感・・。

PA070780.jpg
皇海山山頂到着! 標高は2144m。キレイな青空の皇海山♪ しかし百名山の中でも「地味」で有名な山。山頂は木に遮られて眺望はありません。コースタイム3時間を半分の1時間半で登ることができました。

山頂で休憩して、登って来た道を下ります。このあたりはまだ紅葉してなかったナ。
頭の中は帰りの林道のコトばかり考えています。「林道の登り返し、今度は降りて押すハメになるんじゃないだろうか? お尻が限界で、サドルに座れないかも・・。」

とりあえず下山!
PA070793.jpg
ベアフットのトレランシューズをSPDシューズに履き替えます。下りはコースタイム2時間10分を1時間で下ってきました。ここのCTはかなり甘いね。

これから20キロの林道!下り基調とはいえ、登り返しもあります。大丈夫かな、僕の腰とお尻・・。
PA070792.jpg
アンカライト、僕に力を貸せっ!

乗ったとたんにオシリのほっぺが痛いw
でも頑張って漕ぎましたよん。

PA070798.jpg
無事にゴール♪ 登りは2時間20分もかかったけれど、下りは1時間で下りてこれました。僕の腰とオシリは限界ですがw
アンカライトが力を貸してくれたんだなっ!

MTBは往復45キロ、トレランは7キロちょっと。合わせた累積標高が約1800m。消費カロリーは3300kcal。
MTBの乗車姿勢をキープすることが、こんなに大変なコトだとは知りませんでした・・。
日曜ミニツーリングで、一から出直します・・。

って明日雨予報じゃん!



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

トレラン@紅葉の飯豊山・大日岳

2015.10.04 (Sun)
西会津ICから狭い道を通り、弥平四郎駐車場に着いたのは日付が変わる少し前。前日も数時間しか寝てない。翌朝3時半に起きて出発。でも眠さや疲労はなかった。気力が充ちている。どうしてだろう。この日はスーパームーンだったからか?w

クリップボード01
今回は弥平四郎から長坂ルートを登り飯豊山山頂へ。時間があれば最高峰の大日岳にも足を延ばす予定。
コースタイムは22時間を越えるし、まだ体力が戻っていないので、無理はしない。飯豊山到着タイムで先に進むか判断するのだ。

P9290664.jpg
ヘッドライトを点けて出発。少し進むと森の中からガサガサと音がするのでビビるw
いつもはカバーを付けて音を抑えているクマ鈴ですが、ヤバいと思ってカバーを外しました。

P9290668.jpg
すぐに夜が明け、雲間から光が差す。こういう景色を見ると「神々しい」といつも思う。

P9290680.jpg
紅葉は始まったばかりのようだけど、充分キレイだ。最近は雨の山行ばかりだったので、こんな晴天の中を走れると、一人でニヤけてしまうw

P9290695.jpg
それほど急な登りもなく、なだらかなトレイル。
ダブルストックを使い初めて4~5回山に登っている。今回の山行で、やっと楽に登れる感じを掴むことができた。
奥に見えるのが、飯豊山。

P9290700.jpg
シラネニンジン。

P9290706.jpg
あの雪型が「御鏡雪」。ヨーキさんは小屋の主人から説明を受けていた。

続きを読む

東北の山深さを知った9月

2015.10.03 (Sat)
P9290699.jpg

9 月は
  ラン   111 キロ  (前月比+86キロ)
  MTB  47キロ  (前月比-6キロ)

今月はトレランに3回行ったので、ランの距離が伸びました。3回は東北の山巡り。燧ケ岳、平ケ岳と飯豊山。福島新潟方面、アクセスが遠かったです・・。そして3回とも雨に降られました・・。
に会い、に会い、そしてアラレにも降られ・・様々な経験を積ませてもらいました。でも3つの山、それぞれが良い山でした。

MTBは日曜ミニツーに自走で参加した一回だけ・・。相変わらず低調でございます。

しかし夏に大幅ダウンした僕の体力に、復調の光が差してきました♪

P9290671.jpg

10月、だんだん寒くなってくるけれどどこの山に行こうかな。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

飯豊山プロローグ~五つの僕史上初~

2015.10.01 (Thu)
前回のブログではせっかくの連休が雨で潰れ、登りたかった飯豊山に行けずに映画を見に行ったコトを書きました。
しかし起死回生?でもういっちょ連休ゲット!東北の名峰・飯豊山に行って来ましたよん♪

P9290693.jpg

前回登った平ケ岳もアプローチ含め山深かったのですが、今回の飯豊山も遠かった・・。車を5時間近く走らせました。
僕史上、もっとも北まで足を延ばしましたよ。

しかも「弥平四郎登山口」手前の未舗装林道がなかなかの悪路。車の腹を擦るんじゃないかとドキドキですよw
スピードは20キロも出せません。これならMTBの方が早かったと思いますw
僕史上、もっとも悪路でした。

ヨーキさんが飯豊山に登るときに使った「川入登山口」は林道が崩落で通行止めの為使用できませんでした。しかし帰宅後調べると、2キロほど林道歩きがプラスになるものの、登山者は通行できるとのことでした。

「東北のアルプス」とも言われる飯豊山。長大な山塊で万年雪残る信仰の山。そして百名山でもあります。いのさんオススメの山w
今回は飯豊山の南側の弥平四郎登山口から、飯豊山へ。調子が良ければさらに奥の大日岳まで足を延ばす予定。飯豊連峰の最高峰は、飯豊山(2105m)ではなく大日岳(2128m)なのです。

「山と高原」のコースタイムは実に22時間50分!
僕史上、最長コースタイムだっ!

今回の山行はロングコース。体力が戻っていない僕にはハードなコースだ。さらに大自然は僕に二つの試練を与えたっ!
天気予報では「晴れ&曇り」の予報だったのに、実際は早朝だけ晴れであとは「霰(あられ)&強風」
霰が降るなかでの登山は、僕史上初!

そしてさらに僕史上初!!クマに遭遇っ!
下山中の疣岩分岐直近を通過中に、山側の斜面からクマが駆け下りてきました!
僕の前方5メートルちょっと先の登山道にクマが立ち止まり、振り返って僕を見るっ!
僕も「目を逸らしてはいけない」というクマに会った時の対処法を思い出し、クマを見つめる・・。

ヤバいっ!ど~しよう、ど~すればいいんだっ!
柔道黒帯&ボクシングの経験のある僕ですが、相手のほうが強そうだw

しかしクマはぷぃっと顔を逸らし、斜面を駆け下りて行きました。
ヨカッタ・・。超ビビった・・。

ザックに着けているクマ鈴を手で持ってチリンチリン鳴らし、1分ほど様子見。どうやらクマはいなくなったみたいと判断し、猛ダッシュでトレイルを駆け抜けましたw

無事で良かったです。この山域はクマが多いとは聞いていましたが、実際に遭遇するとは・・。クマ鈴はもちろん着けていました。普段の山行ではクマ鈴にカバーを付けて音を小さくしているのですが、今日はカバーを外していたのです。そのおかげで熊は逃げていったのかな。

飯豊山、僕史上初がたくさんの山でした。でも楽しい山行でした。良い山です。
詳細は後日・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top