雨天の幕営と丸太橋とお茶づけと象。

2016.06.28 (Tue)
map.jpg
先週木曜日の山行を書きます。忙しくて書く暇がなかったのです。
もう細かいこと忘れかけてるから、箇条書きで。
コースは瑞牆小屋から富士見平小屋で幕営、瑞牆山から不動沢、信州峠で獅子岩までのコース。

先日のブログにも書きましたが、初めての幕営は雨。翌日のお昼には晴れる予報だったのに、ずっと雨・・。結局下山してからすげえ晴れてたw

シェルター設営時、荷物が雨に濡れまくる。そっか、設営途中でも、シェルターの中にとりあえず荷物入れればヨカッタんですねw

以前瑞牆山に登った時にに遭遇したことがあるので、良い思い出のない山。しかも今回は雨天。
でも遭遇しなかった!
KIMG0458.jpg

KIMG0460.jpg
瑞牆山山頂到着時は雨も収まりつつあった。この時はまだ「お昼にはやむ」と信じていた。

KIMG0462.jpg
ワイルドな一本橋。雨だとさらに怖い・・。

13509388_1713065845632645_1641831888_o.jpg
対岸から「笑って~」と言われても、笑えないっす・・。

アルファ米はお湯を入れて20分、水だと60分もかかる。そんなに休憩していられないけど、暖かいモノが食べたい。
川で「白米」に水を入れ、60分後に到着した信州峠で、ジェットボイルでお湯を沸かして永谷園のお茶づけを入れて食べた。これなら休憩時間も短く済むし、美味しかった!

信州峠から横尾山までは実線ルート。
KIMG0466.jpg

ここから先は破線ルート。ですが踏み跡がしっかり着いていました。さらにその先で、地図読み区間。トラ山さんはココを知り尽くしているので、僕が地図読みにチャレンジ。アドバイスを受けながら進みます。地図読み、やっぱり面白い!
同じく地図読み好きなタカサンと交代しようとしたら・・
タカサン、おめめが見えないのでできないとのこと・・。僕にもそんな日が来るんだろうなあ・・。

10日前にも来た、清里・飯盛山。あの時は一人だったけど、今回は3人で無事に歩き切りました。全く走らなかった。
KIMG0472.jpg
むっちゃ逆光のゴール写真を、記念にアップしますw 夜じゃないよ、夕方4時です。
何のトラブルもなくてヨカッタ。

距離は約23キロ、累積標高1500ないくらい。トータル時間は11時間。それほどのコースじゃないのに、達成感があります。
初めての幕営、雨天の長時間の山行。収穫の多い山行でした。

もうひとつ収穫あり。
タカサンがザックに着けていたスマホケース。マムート製で黒と赤がカッコイイ!
聞くと、ビーパルの付録とのこと・・。

KIMG0480.jpg
僕もゲット!w


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 秩父 | Comment(0)

言えなかった言葉を言うよ

2016.06.26 (Sun)
8年前に言えなかった言葉を言うよ・・

13523851_1713065855632644_1951727953_o.jpg

ここをキャンプ地とする!

ついに、この言葉を言える日が来たか・・(涙)

いつも日帰りで山に登っていた僕。
先日やっと幕営経験をすることができました♪

深夜駐車場に到着し、そのまま小一時間歩いて小屋前のキャンプ指定地へ。
タカサンとトラ山さんはツェルト、僕はULドームシェルターを使用。

深夜&雨降りというバッドコンディションの中、トラ山さんにアドバイスを受けながら設営できました。
タカサンのファイントラックのツェルトもキレイに張れていたなあ。
写真手前のオレンジがタカサンのツェルト。真ん中黄色がトラ山さんのストックシェルター&タープ。一番奥の緑色が僕のシェルターです。

僕のシェルターは3人の中で一番重たいのですが、自立式でフロアもあり生活環境は一番グッド。
マットはエバニューのULマット
KIMG0414.jpg

SOLのエスケープライトヴィヴィにモンベルのウォームアップシーツで寝ました。
P5040075.jpg

シェルターは透湿性のない生地なので、2か所にベンチレーションが開いていて雨天には不向き。
寝ていると、結露なのか雨漏りなのか、滴が垂れてきました。
でも2時間くらいは寝ることができましたよん。

他の二人は寒くてほとんど眠れなかったとのこと。「どこでも眠れるっていいよね~。」と言われましたが、けして僕が無神経な訳ではないですよ!
前日は夜勤で、あまり寝ていなかったので眠れたのですっ!
初めての幕営が雨天だったのは、良い経験でした。次回、晴れていれば余裕で眠れますね。

ここをキャンプ地とする
たとえバレバレでも、言うことが出来て本当に幸せです。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ





Category: モノ | Comment(0)

ミニマムな クッカーシステム 重ならず

2016.06.21 (Tue)
P4200055.jpg

エスビットポケットストーブに、EPIgasチタンシングルマグで直火。かなりミニマムなクッカーです。お湯を沸かすだけですけどねw
コーヒーはコレで飲めるけど、リフィルのラーメンも食べたい!
でもラーメン食べた後のマグカップでコーヒー飲むの、ちょっとイヤだなあ・・。キッチンペーパーで拭いても、ラーメンの油が残っていそう・・。

ネットで見つけたのが、一回り大きいマグカップを買って、スタッキングするやり方。これならコーヒーとラーメンのマグを別にできるし、重量と嵩張り具合もセーブできる!

P6020002.jpg
新たにスノーピークの450を購入!
これでミニマムクッカーシステム完成だっ!



P6020003.jpg
重ならねえっ!!!www 

同じスノーピークの300なら重なるらしいのですが、EPIgasのマグは330mlで少し大きめだったのです・・。
人と違うマグがいい、と思って買ったEPIgasのマグでしたが、こんな落とし穴が・・w

どうしよ・・w

コーヒーだけの時はEPIgas、ラーメンも食べるときは450持っていって、キッチンペーパーで拭く、ということになりますねw
450にラーメンのリフィルがギリ入るのは、N13さんがいつもやっている。
EPIgasは330だけど、450と重ならないということは直径が450に近いというコトか。
ならば、EPIgasにもラーメンのリフィル入るカモ・・。

今度試してみよう!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: モノ | Comment(0)

スリーピークスの前日譚

2016.06.18 (Sat)
P6110083.jpg

先週の12日の日曜日は、スリーピークス八ヶ岳トレイルレースに参加してきました。
このレース、前日受付しか対応していないので、前日入りしました。

土曜は、まず・・
KIMG0431.jpg
ベタなJR最高地点を見たり・・

KIMG0432.jpg
二つの記念碑?があるんですね。

野辺山はついでで、本当の目的地はココ。
KIMG0433.jpg
平沢峠、獅子岩駐車場。

P6110079.jpg
ここも分水嶺。来月行われるレースの、ゴール地点になります。
距離80キロ、累積標高8000m、制限時間は53時間のタフなレース。
果たしてゴールできるだろうか?

明日はレースなので、この平沢峠から軽くラン。
P6110080.jpg
飯盛山をピストン。
標高が高いので、日陰は涼しいのですが、陽射しは強い。
ウエストベルトにボトルを差してスタート。
小学生が遠足に登る山らしく、なだらかです。

KIMG0435.jpg
奥に見えるのが、飯盛山。その名の通り、こんもりとした円錐形の山です。

レースで実際に通過するピークから、飯盛山を見る。
KIMG0436.jpg

登りCT1時間を35分で山頂に到着。
KIMG0439.jpg

パノラマの山頂ですが、この日はガス多めでした。
下山はCT45分を20分で降りました。うん、好調だ。

この後は
KIMG0440.jpg
三分一湧水でレースの受付を済ませて、パノラマの湯に入り、アウトレットに行って買い物。

相方と何度か来たことのある、萌木の村のロックへ。
KIMG0441.jpg

お土産に地ビールを買って、車中泊するために、道の駅南きよさとへ。
この道の駅はキャンピングカー用の電源サイトがあるんです。

清里は夜涼しいですね。モンベルのダウン#3にくるまって寝ました。
翌日は早朝に起きて、レース会場へ向かったのです。

相方と休みが会えば、一緒に来たかったなあ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


スリーピークス八ヶ岳トレイル ~2 完走するって気持ちイイ!

2016.06.16 (Thu)
KIMG0451.jpg

前回の続きを・・

25キロを過ぎたあたりから、ずっと一人旅。
トレランもMTBも同じだと思うのですが、こういうエンデュランス系では

 〇体力
 〇筋力
 〇精神力
       の三位一体だと思うのです。

もちろん体力も消耗しているし、ふくらはぎや太ももの筋肉もダメージが蓄積しています。
しかし一番最初にダメになるのは・・精神力ですw まあ人に寄るのでしょうケドねw

カフェイン入りのカーボショッツを飲んだり、歌を歌ったり、前方遠くに見えるランナーを目標にしたりしつつ頑張ります。
前半飛ばし過ぎたかな?とも考えましたが、僕には一つ目標があるのです。

それは「ゴール後に倒れ込む」こと。

以前はMTBのレースにいろいろと参加しましたが、余力を残したがるコンサバな性格のせいで、レースで全力を出し切ったことがない。
最後のエイド鍵掛松に到着した時には、疲労感が出てきました。今日は全てを出し切れそうな気がするっ。
だいぶ前から、脇腹が痛い。キリアン専用ザックのフロントのボトルが当たって痛いのです。このレースで一番ダメージを受けたのは、この脇腹。ソフトフラスクにしておけば良かった・・。
エイドでは水分補給せず、ボトルを軽くして脇腹へのダメージを軽減してみました。

エイドから先は、朝通った信玄棒道を戻るコース。緩やかなダブルトラックの下りが、少しづつ足にダメージを残します。
先を走る人になんとか着いて行くことで、モチベーションを保ちました。
その人は、立ち止まって何度か休憩をするので、ついに追いつき、話をしつつ一緒に下りました。
おかげで気持ちが切れずにゴールまで走り切ることが出来ました。ありがとうございますっ!

KIMG0456.jpg
ゴール! やった、完走だっ!

ゴール後は、疲れてしまい芝生に座り込んでしまいました。倒れ込みはしなかったけど、目標を達成っ!
順位はちょうど真ん中。予定よりだいぶ早く走ることができました♪

エイドでの補給&トイレ以外で、一度も立ち止まることなく進み続けることが出来たのは収穫。来月のレースに行かせそうです。
気持ち良く走れる下りも多いし、スタッフも会場も良い雰囲気のこのレース、楽しい休日を過ごすことができました。
レース関係者のみなさま、ありがとうございました。

走行距離38k、累積標高2700m、消費カロリーは4700kcal。今までのレースの中で一番頑張ったかも。


参加賞のバフも、良い感じ♪
P6150088.jpg




イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


スリーピークス八ヶ岳トレイル ~1 このレース良いですよ!

2016.06.15 (Wed)
クリップボード01

12日の日曜日に開催された「スリーピークス八ヶ岳トレイルレース」に参加してきました!
武田信玄が造った「三分一湧水」をスタートし、ロングコースは38キロ・累積標高2700mを制限時間10時間で走るレース。
トレランレースでは山の麓をぐるりと走るダケのモノが多い中、このレースは標高2500m近くまで登ります。
参加人数がロング250名、ショート23キロは500名と少な目。さらにショートは30分遅れてスタートするのです。

トレランレース2戦目の僕ですが、このレースかなり良いです!!

先月の道志村トレイルレースと違って、全く渋滞がありませんでした!!
レースの雰囲気、スタッフの方もとても良い。関門時間も緩くって、コースタイムの60%くらいでも完走できます。
10キロごとにエイドがあるので、水分もそれほど多く持たなくてもダイジョブです。

KIMG0446.jpg
前日受付を済ませて、当日は午前5時に駐車場へ。レースのスタートは7時です。
ゴツい人のラジオ体操で身体をほぐしてから、スタートの為に並びます。
先月の道志村では、最後尾スタートで渋滞に引っかかり、関門で足切になった反省を生かし、最後尾より少し前に並んでみまし  た。

いよいよスタート、今回は完走したいなあ。
トレイル率95%のコース、スタート直後の舗装路登りで後ろを振り返ると・・おそらくスイーパーであろうスタッフが横一列にいる!
他にはランナーが5名ほどしかいない!
最後尾より前に並んだハズなのに!
しかしスタートラインで僕より後ろに並んでいた人達は、スタートを応援しにきていた30分後にスタートするショートの人達だったみたいです・・w

また最後尾スタートか、と思うと少し焦りました。
すぐにトレイルイン、信玄棒道というダブルトラックの緩やかな登りです。
幅の広い道なので、全く渋滞はありません。

マーシャルの女性の方が良いペースで歩いていたので、後ろを着いて行きました。MTBのレースではありえないことですが、登りでどんどん抜かしていきます。
第一エイドの観音平でボトルに水分補給&トイレ。
この先は2500m近くまで登ります。
前回のレースでは、遠慮してしまって人に着いて行くだけだった僕。今回は積極的に声を掛けて登りで抜かせてもらいました。

要所要所にスタッフの方がいて、応援してくれるので楽しいですね。 
KIMG0452.jpg
八ヶ岳ってギザギザだなあ・・。
三つ頭分岐が本日のピーク。金髪ウサギがお出迎え。レースの主催者の一人だったらしいですw ありがとうございます!
ここまでくれば一安心。あとは大きな登りはなくて、細かなアップダウンのみのハズ。

岩場やガレ場の下りでは5人くらいの方に抜かれてしまいました。MTBだと下りで抜かれることはナイのに、情けなし・・。
しかし走りにくいところでは、無理せず足は温存だっ!

少し走ると、斜度も緩やかなスラロームのトレイルに。
MTBライドを意識しつつ、バンクに合わせて身体を倒してスピードを落とさずに走り抜けました。
ココ走るの気持ちイイ!

これも前回のレースの反省を生かし、ガツガツ走って抜かされた人達を抜き返します。レースだから気持ちを強く。
第二エイド天女山でも水分補給。20キロ地点です。ここから先はアップダウン多めのトラバース道です。
もう人もばらけてしまい、前後にほとんど人はいません。
マップに「きつい♪」と書いてある登りで、女性の方に抜かされる。結局この日登りで抜かされたのは、この人だけでした。

このレースの距離と累積標高は、普段のトレランでも行く程度でそんなにきつくないハズと思っていましたが、レーススピードだとやはり違いますね。だんだん疲れてきて、気持ちがユラユラしてきましたw
予定していたペースだと関門ギリギリのハズだったのですが、だいぶ早いペースでここまで来ました。飛ばし過ぎかな?

レースは終盤、まだまだこれからが頑張りどころだっ!
続きは後日・・



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

7時間のラン、6時間のドライブ

2016.06.12 (Sun)
今日は八ヶ岳のトレランレースに参加♪
予定タイムよりだいぶ早くて7時間10分で無事完走できました。

そして帰りの日曜の中央道。ヤバイのは承知していたのですが、小仏トンネル含め30キロの渋滞・・。
通常の倍の6時間もかかりました・・。

トレランも疲れたけど、運転も疲れました・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

6月7日、8人の火曜メン

2016.06.08 (Wed)
KIMG0428.jpg

一か月ぶりのMTB! 火曜ミニツーリングに参加してきました♪
なぜか人数が多くて、8人もいる! 山に行けばヨカッタですね~。
超久々のコバヤシさんも!!

大勢でライドすると、楽しいですね!

路面コンディションも良く、鉄塔下の下りもみんな成功するも、僕だけ失敗・・。

13412971_1087739611319812_5797080008009356344_n.jpg
成功するまで帰れないよっ!と言うプレッシャーの中・・

13343019_1087739627986477_1971065548671305182_n.jpg
なんとかクリア! (店長、写真ありがとうございます。)

F田の森も久々。コースが少し変わったんですね。
ライド後のミスドも久しぶり。
たまにしかチャリ乗らない人、になっちゃったなあ~。

今年はトレランのレースにあと3つエントリーしているので、MTBは無理して転ばない程度に遊びたいと思っておりますw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

甲武信ケ岳で火をつけて

2016.06.06 (Mon)
雁峠から甲武信ケ岳への縦走中、破風山避難小屋からの続きを・・。

P6030048.jpg
コイワカガミ。6月になり、花も増えてきましたね。夏に花の名を少し憶えては、冬には忘れるの繰り返しを毎年・・w

甲武信小屋ではトイレをお借りしました。100円です。
P6030053.jpg
小屋からはギターの音色が聞こえてきました。
以前テレビで、ここの小屋番さんがギターを弾いているのを見たことがあったので、その人なんだろうな。イイ感じですね。僕も乾杯くらいなら弾けますw

小屋から山頂はすぐです。登山の方が俄然増えてきました。
P6030054.jpg

百名山、甲武信ケ岳山頂!2475mです。
登頂は3回目かな。今日は平日なのに、山頂には7~8人もいます。
7月のレース区間である、雁峠から甲武信ケ岳山頂まではCTの62%でした。

小屋の朝は0度だったらしいのですが、お昼の山頂も寒い!吐く息が白いです。
こういう時は、コーヒーブレイク!

P6030055.jpg
エスビットポケットストーブを初めて山で使いました!

P4150003.jpg
このポケトーチ、簡易ライターをセットすると強力なバーナーになるという優れもの。
風にも強いとのことなのですが・・

全然着かないっ!
なかなかエスビットの燃料タブレットに着火しないのです・・。50回くらいカチカチやったなあ・・。
どうしても暖かいコーヒーが飲みたかったので、頑張りましたw

でも苦労して入れたコーヒー、美味しかったです♪

P6030057.jpg
遠いな~金峰山・・レースではもっと遠くまで行くんだよな~。

下山は木賊山に寄り道してから下りました。
P6030059.jpg
昔ブログネタにしたけど、「とくさやま」です。

P6030061.jpg
戸渡尾根の分岐。徳ちゃん新道と近丸新道に分かれます。
歩いたことのない近丸新道へゴー!

P6030066.jpg
こっちにはトロッコの軌道跡があるんです!
こういう遺構を見ると、山行がを連想しますねw

P6030067.jpg
崩落箇所もあり。渡渉も何カ所かあります。

P6030068.jpg
昔はトロッコが走った跡を、僕が走りますよん。

P6030071.jpg
無事に下山。予想外の気温の低さでしたが、そのおかげであまり汗もかかず疲れませんでした。

距離28キロ、累積標高2400mくらい? 消費カロリー3700kcal、コースタイム64%の山行でした。幕営装備を背負って歩くことにも、少しは慣れてきたかな。
笛吹の湯で汗を流してから帰宅しました。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 秩父 | Comment(0)

先週の続きで雁峠から甲武信ケ岳まで。

2016.06.04 (Sat)
クリップボード01

先週は徹夜で鴨沢から雁峠までを歩きました。
今日はその続き。雁峠から甲武信まで歩きます。道の駅みとみに車をデポして、まずは亀田林業林道で雁峠まで。
この道、何年ぶりだろ。

P6030011.jpg
クリンソウが咲いていました。オールレンジに花が咲いているこの花、好きです。

P6030012.jpg
ヤマツツジもキレイ。

2時間ほどで雁峠に来ました。一週間ぶり。
P6030015.jpg
今日は誰も昼寝してないねw

P6030020.jpg
先週は登る気にならなかった、燕山への登り。今日は直登で行くぜ!

P6030021.jpg
少し登って振り返る。ベンチが、あんなに小さくなってる。
このミツバツツジ、いい場所に咲いているなあ。

斜度は急だが、距離は短い登り。
P6030024.jpg
燕山に到着!あとは2000mの稜線のアップダウンだ。

P6030027.jpg
今日も富士山が見てくれています。

P6030029.jpg
水晶山2158m。ここから雁坂峠までは緩やかな下りで、走ることが出来ました。

P6030031.jpg
これから進む破風山へのキレイな稜線。その奥には目指す甲武信ケ岳。こういう景色を見るとゾクゾクするっ!

P6030034.jpg
日本三大峠、雁坂峠。今日は便所国道には寄りませんw
雁峠から雁坂峠まではコースタイムの50%。水晶山からの下りでだいぶタイムを縮めました。

P6030040.jpg
縞枯れの森。エヴァを連想しますねw

P6030042.jpg
西破風山、2317m。手前に東破風山山頂もあります。雁坂峠から破風山まではCTの70%でした。
ここから破風山避難小屋までは一気に下ります。

P6030045.jpg
キレイな小屋です。

P6030046.jpg
前にはベンチもあり。

P6030047.jpg
中にはストーブが!
銀マットにアルファ米、カップ麺のリフィルも一つづつありました。
7月のレースでは、ここで休憩を取ることになるんだろうか。

長くなったので、続きは後日。特にトラブルもなかったので、引っ張るほどではないんですけどねw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 秩父 | Comment(0)

山行好調の5月

2016.06.02 (Thu)

P5260164.jpg

5月は
  ラン  132 キロ  (前月比+49キロ)
  MTB  20キロ  (前月比-20キロ)
  他にハイキング36キロ。

今月は良く遊びました。休日は一日だけ雨天だったほかは、全て山へ行きました。
MTBは里山ライドの1回だけ。ツルツルスリッピーで、転んだけど楽しいライドでした。

トレランレースに初挑戦(リタイアだったけど・・)とそのレースの試走に1回。
KIMG0395.jpg

そして数年ぶりにフォトロゲイニングに参加、こちらは賞状頂きました。
P5220155.jpg
走り終わって汗だくの七峰キャップ。N13さんにプレゼントしようとしたら、断られましたw

他には里山をトレランと奥秩父・笠取山とオーバーナイトハイキングで雲取山から雁峠まで。
13313727_1702740519998511_1880591208_o.jpg

通勤ラン30キロもやったなあ。いろいろチャレンジ!
7月のレースに向け、モチベーションが(珍しく)高いです。

6月こそ幕営したいなあ。

P5180106.jpg

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top