深田久弥、終焉の地「茅ケ岳」へ

2017.06.01 (Thu)
kaya.jpg

百名山の著者、深田久弥が最後に登った山「茅ケ岳」に行ってきました。山梨県の甲斐市にあるこの山に登る途中、脳卒中で亡くなったそうです。
まっすぐ登るとハイキングコースなので、ぐるりと周回作戦。
太刀岡山登山口に車をデポして舗装路を深田公園まで行き、そこから登山開始。茅が岳、金ケ岳、曲岳、黒富士と周回し太刀岡山で下山のルート。

深田公園までの舗装路が長かった・・5キロ近くあったのかなあ。途中11%の坂もあり、スタートから疲れました・・。
深田公園では,

P5290406.jpg
「百の頂きに 百の喜びあり」の碑文を見る。

百名山、以前は良い印象を持っていなかったなあ。・・。山頂で会う老人達に聞かされる、百名山登頂の自慢話・・。ロープウェイや一番短いルートで楽して登ったスタンプラリー的な登山に何の意味があるんだろう、と考えていました。
しかしたくさんの山を登っていると、百名山を意識しますね。
田中陽希さんの影響もあってか、百名山に関心のある人が増えている気がします。

P5290411.jpg
脳卒中により、山頂手前のこの場所で亡くなったそうです。夏にはイワカガミが咲くことを聞き喜んでいたそうです。

P5290414.jpg
イワカガミ、キレイに咲いていましたよ。

P5290415.jpg
茅ケ岳山頂、1704m。たくさんのハイカーが休憩していました。

P5290419.jpg
南アルプス一望。今年も行くよ!

P5290420.jpg
富士山も雲間から顔を出してくれました。

山頂で休憩したのですが、ここでも自らの山の知識&経験をフルにしゃべっている老人がいました。話している内容は大したことなかった・・。

茅ケ岳からは
P5290423.jpg
こんな岩をくぐりつつ金ケ岳へ。

P5290424.jpg

あとは一気にマイナールート、ほとんど人には会いませんでした。
P5290441.jpg
眼下の双耳峰が太刀岡山。

P5290457.jpg
特に金峰山が見えるところもありつつ・・。

P5290471.jpg
太刀岡山を経て、鹿よけの柵を開けてゴール。

22キロ、累積標高2000m、消費カロリー3600kcalのトリップ。まだまだ登りの脚が出来ていないことを痛感しました。まだアルプスの縦走は無理だなあ。
百名山、半分以上は登っているハズ。でも百名山ばかりにこだわらのではなく、ロングで楽しい山行をこれからも続けて行きたいな。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top