横尾でテン泊して紅葉の涸沢へ~3 涸沢の混雑を見ずに渋滞を語るなかれ

2017.10.07 (Sat)
PA010391.jpg

涸沢ヒュッテから涸沢小屋へ散策を開始。

PA010376.jpg
下山の人で、だいぶ混みあっている。

PA010379.jpg
近くでテン場を見て、「うわ!岩ばっかりで平らなトコないのに、みんな張ってる!」と驚くw テントの四隅が浮きまくっているテントもある・・。

PA010384.jpg
雪渓の上にもテント。フラットだけど冷たいだろうなあ・・。

PA010385.jpg
朝日が涸沢カールにも当たりだす。陽が当たると、とても暖かい。おひさまってすごいねえ。

PA010396.jpg
涸沢小屋も混雑していました。テン場を見下ろす。1400張の景色も見てみたかったな。

PA010374.jpg
涸沢の紅葉を満喫!来て良かった。

そしてこれからが大変!横尾まで渋滞のなか戻りました。
見渡す限り、前も後ろも繋がっています。急ぎようもないので、トレインでゆっくり進むのみ。細い登山道でのすれ違いで、止まること多数。
紳士な僕はこんな渋滞の中でも登りの人に積極的に道を譲るよ! 僕は渋滞とか混雑は苦手、というフェイクニュースが一部の仲間内で流れているようだけど、そんなことはアリマセンよw
渋滞にはまりつつ、「なんだろうこのデジャヴ感?前にも似たような経験が・・」と考えていたら・・秩父七峰縦走だっ!アレに比べれば涸沢紅葉渋滞はマシかもしれません。涸沢から本谷橋までは、ほぼ繋がっていた気がします。登りですれ違う人は皆びっくりしていましたから。

PA010399.jpg
本谷橋に到着。橋が二本に増えたんですよね~。ここで休憩する人多数。涸沢からここまでCT70分を90分で歩いてきたので、思っていたよりは混雑しなかった、ということで・・。

この先も道が広くなるまでは変わらず混雑。横尾まで1時間かかりました。
PA010400.jpg

テン場にはちょうど日が当たり始めていて、テントやシュラフ、グラウンドシートを乾かしながら撤収。無風だし、絶好の撤収日和でしたよ!w
22199251_1305919902869371_467723045_o.jpg


KIMG1002.jpg
不慣れな僕が、撤収は一番遅かったデス・・。行きよりも荷物ちょっぴり減っているのに、帰りのほうがザックパンパンは、テン泊あるあるですよねw

涸沢からの下山時、ジャケットを脱ぐ際にカメラを置き忘れてしまったオデさんでしたが、親切な方がちょうど小屋まで届けてくれていました!
KIMG1003.jpg
安心の笑顔でカメラを持つオデさん。
良かった♪

あとはフラットな林道を歩いて上高地まで。
他の人達に抜かされまくりますw みんな平らなところダケは歩くの早いな~w

PA010401.jpg

激混みの徳澤でカレーを食べて休憩。
上高地からの戻りのバスも当然混雑ですが、思ったよりも早く乗れました。
憧れていた紅葉の涸沢、目に焼き付けましたよん。

二日間天気にも恵まれ、槍も見えたし最高の山旅でした。歩いた距離は50キロくらい?累積標高は2500m。意外と歩きましたね。
こんな混雑した山に来ることも、そうそうないでしょう。良い経験になりました。オデさんN13さん、忘れられない山行をありがとうございました♪

22219231_1305899979538030_524106246_o.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


back-to-top