FC2ブログ

今年はケガなく過ごすことができました

2017.12.31 (Sun)
去年の12月にレースで転倒し小指を骨折。今年はダークなスタートでしたw

KIMG0708.jpg

その鬱憤を1月の勝田マラソンにぶつけ、なんとかサブフォー達成。
KIMG0722a.jpg

P6020535.jpg
テント泊を始めて、さらに山が楽しくなったなあ。

今年は
  南アルプス 光岳・聖岳
  中央アルプス 御嶽山
  北アルプス 野口五郎岳・水晶岳
  東北・山形に遠征して、大朝日岳・月山
  
紅葉の涸沢にも行った。
PA010391.jpg

一番の思い出は、分水嶺トレイル120キロを走破できたこと。
Effectplus_20170813_210919.jpg

12月に新しいMTBをゲット!ここ数年トレランばかりで、MTBに乗るのは一か月に一度くらいになっていましたが、コイツが来てからは毎週乗ってます♪

KIMG1125.jpg
こんなに機材で変わるんだ!と感動しまくり。今まで手こずっていた登りが、だいたいクリアできる。MTB熱が再燃しまくっております!
去年の12月にMTBで転んで骨折して出た保険金で、新しいMTBを買う。正しいお金の使い方ですよね~w

たくさん遊んだ一年でした。年々体力の衰えを感じている僕。残された時間は少ないっ!来年も新しいコトに挑戦しつつ、遊びまくりたいと思います。
今年一年、ありがとうございました!来年もよろしくお願いいたします。

26114096_1970390589900168_6383727516001079187_n.jpg

明日も仕事だぜっ!


 イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



自転車なんて、エンジン次第だと思っていた。

2017.12.27 (Wed)
クリスマスイヴの日曜日、ショップのミニツーリングへ。
ビッグセブンで初めてホームコースを走った。

いつも自走でショップまで向かうのだが、舗装路区間でビッグセブンの漕ぎの軽さに驚いた!アンカライトだともっと足に負担が掛かったのに、ビッグセブンはスイスイ進む。

土手登りセクションでも違いは歴然だった。以前はアンカライトでも登れていたのだが、ここ数年は上まで登れなかったのに・・。ビッグセブンだと楽勝。こんなに機材で変わるモノなんですね・・。
自転車って、乗り手のエンジン次第だとずっと信じて来たのにw

先日レースの行われたコースも走りましたが、やはり登りが楽。でもハンドル幅が広いのにはまだ慣れないな・・w
機材に頼らず、己の実力でライドを進化させたいな~w

KIMG1116.jpg
ミスドでは「ベイクドフレンチ」を食べてみました。揚げずの焼いてあるのでヘルシーかな。サクサクで美味しかったですよ。



イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

何年ぶりかわからない筑波本山

2017.12.21 (Thu)
午前中にライドで楽しんだ後は、N13さんの提案で筑波山ハイキングへ。
筑波山域では、それこそ100回くらい遊んでいるのですが、筑波山自体って数えるほどしか登ったことがない・・。だって人が多いんだもの。

二人とも登山口もよくわからず、スマホとカーナビに頼ってなんとかスタートしました。MTBでは通ったことあるけど、車で通るのは初めての道ばかりでしたw

KIMG1101.jpg
御幸ケ原に到着。前回来たのは、たぶん3年前の「タヌキ合戦」の時。あの時は夜だったもんなあ・・。回転する展望台って、色塗り替えたのかな?こんな色じゃなかった気がする・・。

KIMG1103.jpg
雲海の向こうに富士山が!こんな低い山でも、こんな景色が見られるなんて。

KIMG1105.jpg
まずは男体山山頂。登ったコトはあるのですが、まったく記憶にありませんw

KIMG1106.jpg
そして女体山。こんな山標あったんだ・・。

KIMG1110.jpg
男体山から女体山を眺める。

KIMG1112.jpg
意外と高度感アリ。関東平野一望ですね。

KIMG1114.jpg
コレは山座同定標と言えるのか?富士山以外は「日本アルプス」「秩父連山」という超おおざっぱな記載のみw

のんびりハイクな山行でした♪


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)

転んだのは亀のせいだ・・

2017.12.19 (Tue)
KIMG1099.jpg
今日は火曜里山ツー♪
山が初めての方2名を含めて総勢6名で賑やかにライド! 
初めての方二人とも上手でした。山ライドの楽しさを感じてもらえたのでは?

2本走った後に3名離脱。残り3名でもう一本ライド。
アプローチの舗装路を登り終え、トレイルの登りに入った途端に、みちさんが「足パンパンなので」と言って離脱。なぜこのタイミングでっ!
結局N13さんと二人でライド。
ニューマシンで里山を走るのも今日で3回目。多少慣れてきた、と思っていたら・・

オーバースピード →ラインを外す →避けきれず木に激突
避けれるかと思ったけど、ハンドル幅が広くて右手で木を殴って転倒っ!
サドル曲がりましたよ・・。でもケガなくてよかったデス。

まだまだニューバイクに慣れていないなあ・・。

KIMG1098.jpg
そういえば心配していた車載問題。
初期のバーゴでは15ミリスルーのオプションがないので、積めないかと思ったけど20ミリスルーのアダプター使ったらOK!でした。
変な負担がサスにかかってないか、ちょっと心配・・。

帰宅してサス下側にあるリバウンドノブをチェックしたら・・めっちゃ遅になってました。うさぎさん側にクルクル回したらどんどん周るっ!
下りでボトムするなあ・・と感じていたのは間違っていなかったのか!
とりあえず「最早から3クリック戻し」にしてみました!これで下りが多少は安全に下れるハズだっ!
早く試したいっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: MTB | Comment(0)

シワシワでいいんです!ポリゴンネスト

2017.12.16 (Sat)
PC110111.jpg

昨日のカミナドームについて書いたブログのこの写真を見て、
   なんだよ不可止、シュラフシワシワじゃねえかよ・・
   あれ?見たことないシュラフだな?
                                って思った人、いないでしょうねw

このシュラフ、秋に買ったファイントラックの「ポリゴンネスト 3×2UL」なんです。
シート状立体保温材ファインポリゴンを使用し、水濡れに強いのが特徴!
そこそこ軽くて、そこそこコンパクトです。

PB270084.jpg
重さ315g(公称325g)。

PA250701.jpg
スマホと比べると、こんな感じの大きさです。

涸沢で紅葉を見た後、もう少し寒い環境でもテン泊したい、と思って購入。インナーシュラフとしてダウンシュラフの中に入れて使うつもりでしたが、結局秋のテン泊は雨でお流れ・・。使わずじまいでした。
この「3×2UL」は見てのとおりフード部分が省略されていて、ファスナーもない。これ単体では下限10度を想定してあります。夏のファストパッキングに使えますね。

KIMG1094.jpg
カミナドームでのお昼寝で初めて使用。テント内は13度だったので快適に眠れました♪
ファインポリゴンはシワシワの方が空気の層が出来て暖かいのだとか。スタッフバッグに仕舞う際に、シワを気にせずグイグイ詰め込めるのがグッド!


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
Category: モノ | Comment(0)

広くて快適♪ カミナドーム

2017.12.15 (Fri)
KIMG0984.jpg
9月末、紅葉を見に涸沢にテント泊をした。3人でテント泊だった。他人と一緒にテン泊は初めてのコトだった。
そして「快適性の差」というものを痛感した。

僕は手前のULドームシェルター。僕の持っている3つのツェルトのうち、最も快適なヤツだ。他の二人はダブルウォールのテント。
夜は冷え込み、僕のシェルター内は凍っていた。天井が低いので頭がシェルターに触れる。すると氷の雨が室内に降り注ぐ。前室がないので靴は外に置いていたのだが、中敷きが凍っていた。そもそも出入り口が狭いので、身を捩るようにして出入りをしなければならない。他の二人のテントは快適そうだった・・。この時僕は「普通のテント」を買うことを誓ったのだ!

たくさんの種類のテントがあり、さんざん悩んだ。迷った時は「一番イイのを買え」

PC110094.jpg
ファイントラックのカミナドーム。しかも二人用にしてやったぜ!オレンジの袋がテント。長方形に収納されているので、パッキングしやすそうだ。スマホの隣はグラウンドシート。テント&ポールで1492gという重さ。ダブルウォールテントとしては軽量とのこと。先ほどのULドームシェルターの倍近い重さだけどねw

そしてベランダで試し張りだっ!

PC110095.jpg
まずはグラウンドシートを広げる。その広さにドキドキするよ!

PC110096.jpg
インナーテントを広げる。

PC110097.jpg
DAC社のポール。有名メーカーらしいが、テントのポールってだいたいココのような気がする・・。赤と黒で太さが違い、ドーム型をキレイにキープするらしい。

PC110098.jpg
インナーにポールを通した。ぶきっちょな僕でもできたよ。少し手こずったケド。うっすい生地です。

PC110099.jpg
細引きが最初から付いている。親切~。

PC110100.jpg
フライシートを被せて完成!ペグダウンしてないからシナシナですけど・・。

PC110107.jpg
アルミのVペグが付属。コレもDAC製。12本必要らしいけど、8本のみ付属。

PC110101.jpg
吹き流しはこんな感じ。スナップボタンでインナーとフライを連結。

PC110103.jpg
室内にはポケット。こういうのって、なんだか嬉しいw

PC110104.jpg
僕が憧れていた「前室」 こそこそバーナーで調理したいっ!

PC110105.jpg
室内から見上げると、グレーのフライも青に見える。

PC110111.jpg
シュラフを広げてみました。室内は二人用だけあって、広い!そして天井が高い!もう頭をぶつけないぞっ!

KIMG1093.jpg
早くテン泊してみたいな~。コレを背負ってファストパッキングやりたい。



イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: モノ | Comment(0)

XCフラッグシップモデルなのに、ゆったりポジション

2017.12.11 (Mon)
KIMG1088.jpg

今日も里山トレイルライド!駐車場では偶然しげ田くんとお会いしました。(隣のプリウスα)
いつもならバーゴで車載するのですが、初代バーゴなのでニューバイクの15ミリスルーは対応していない・・。三代目の最新バーゴは積めるらしいですな。バーゴの20ミリアダプタは持っているのですが、初代バーゴ用の15ミリアダプタってないのかな?

前輪外さず、そのまま車載してみたのですが、積んでる状態が汚いw 安定もイマイチ。

KIMG1090.jpg
二度めのライドは、だいぶ慣れてきました(^^♪ 登りも自己ベスト! と言ってもトラ山さんやN13さんほどは登れませんが・・。
下りもリズムを掴んできたので、だいぶ飛ばせるようになりました。現在チューブドなので、チューブレス化すればもっとタイヤのグリップが上がるかな。

P6281992.jpg
アンカライトではステムとサドルの高さはほぼ一緒のXCポジションでした。

KIMG1092.jpg
BIG SEVEN9000だとずいぶんハンドルが高い。ゆったり下りポジションですw
これでもコラムスペーサー一個分下げたのですが・・。

昔のXCと言えば、「できるだけハンドル低く・遠く・幅も狭く」でしたがねえ・・。
乗りやすければイイ!

やっぱりMTBって楽しいなあ♪

イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

MTB 2kgの減量

2017.12.07 (Thu)
先日トラ山さんのニューバイクを見て「新しいMTBってスゴイなあ・・」と思った僕。フルサスが壊れてしまったので、セミファットバイクを買うつもりだったのに、軽量バイクが欲しくなってしまいましたw

お店にある中古バイク、背の低い僕には合わないサイズと思っていましたが、なぜかちょうどいい!

KIMG1081.jpg

27.5のクロカンレーサー。去年のフラッグシップモデル♪ 愛車アンカライトよりも2キロ軽い9.3キロ!軽さは正義ですねw
今日はさっそく試し乗りしました。ポジションがまだ出ていませんが、登りは確かに軽い。変速もXTRなのでパチパチ変わります。
カーボンフレームに良いパーツが付くとスゴイですね。早い人はこんなのに乗っていたなんてズルいっ!

KIMG1082.jpg
元々着いていたクランクが175mmのXTRで長かったので、165mmのXTにデチューンとなったのが、ちょっと残念w

登りの乗車率は上がりましたが、劇的というほどではなかったw 結局乗り手次第ですねえ。
下りはアンカライトと同じように下れました。だいぶアップライトなポジションだったからかな。もう少しステムを下げよう。

みんな気になる担ぎウェイトレシオは1㎏あたり200gから169gと大幅に負担減!
体重の約17%の荷物になりました。

早くコイツで山ツー行きたいっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

サロモン S/LAB X ALP CARBON 2 GTX

2017.12.05 (Tue)
最近は珍しくMTBネタが続きましたが、山登りに向け冬用シューズも購入しました!
冬でもローカットのトレランシューズで山に登っている僕。

PB010747.jpg
どうしても冬は低山ばかりになってしまう。もう少しいろんな山に行きたいと思って、冬用のシューズを物色。

PC050086.jpg
そして選んだのがコレ!サロモンのS/LAB X ALP CARBON 2 GTX。
一見するとゲイター付きのハイカットシューズに見えますが、中身はローカットシューズ。マイナス7度まで対応だそうです。

PC050088.jpg

ソールは雨、雪対応のグリップの良いモノ。
PC050087.jpg
ソールも固くて、先代の白黒モデルは本格12本爪アイゼンにも対応していた。

PC050089.jpg
しかし2代目になって、アイゼンと一緒に写っている写真はナイ。そんな本格アイゼンを付ける気はないですが・・。
トレランシューズにチェーンスパイクを着けると、アッパーが柔らかいので足が締め付けられて痛くなったりしましたが、このシューズはアッパーがかなりしっかりしているので大丈夫そうだ。

PB180527.jpg

PC050090.jpg
重さは481g!トレランシューズと比べると重いっ!しかしガチな登山靴と比べると超軽量。僕は登山靴を持っていないので、ソールの硬い靴にはなれていない。歩くと疲れそうだなあ。

雪山はビギナーなので、少しづつ標高を上げて登って行こう。
冬に行ける山域が広がりそうで楽しみ。


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: モノ | Comment(0)

担ぎウェイトレシオを再び唱える

2017.12.01 (Fri)
PB260062.jpg
僕はパワーがないので担ぎが遅い。前回も二人を待たせてばかりだった。
無酸素運動で一気に心拍が上がるので、めっちゃキツい。
ゼエハア喘ぎながら登る僕の頭には、ある言葉が浮かんでいた。

担ぎウェイトレシオ

体重1kgあたり何グラムの自転車の重さを負担しているか、という数字だ。
体重55kgで11kgのMTBを担ぐ僕は、1㎏当り200gを背負っている。
体重80㎏で9kgの自転車を担ぐ人は、1㎏当り112gとなる。
体重60㎏で10kgを担ぐ人は、1㎏あたり166gだ。

その差は歴然だっ!
僕は体重の20%の重さの荷物を持って登っていることになる。

僕と同じキツさを負担してもらうには、80kgの人には16kgのMTBを担いでもらわねばならない。16㎏のMTBと言えば、DHバイクだ!
いくら伝説のダブルザックの人でも、DHバイク担ぐのは相当キツいと思う。

反対に僕が1kg当り112gを担ぐと想定すると、MTBの重さは約6.9kgとなる。超軽量ロードバイクの重さですね。これなら僕もサクサク担げる!かもしれませんw

担ぎが苦手な女性は多いと思いますが、ぜひ担ぎウェイトレシオを計算して見てくださいw キツいのは仕方ないのです。軽量級の宿命なんですから。




自分に根性のないのを棚に上げ、担ぎの遅い言い訳をグダグダ書いてみましたw


イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)
back-to-top