見さらせ!八連制覇~2 そこにしか咲かない花

2018.06.04 (Mon)
P5290850.jpg
GNJ61 を軽やかにクリアし、今回の山行の最高峰「赤岳」へ向かう僕。

P5290835.jpg
コメツガザクラも優しく見送ってくれている。

P5290857.jpg
赤岳の近くは岩場クサリ場が多い。

P5290859.jpg
浮いちゃってるハシゴや

P5290860.jpg
GNJ61とは比べようもないくらい短いハシゴがあるが、僕はもうこれしきなら怖くない! ありがとうGNJ61 !
僕はレベルアップしたのだ! 

P5290861.jpg
クサリ場のトラバースも余裕だっ!

KIMG1334.jpg
そして赤岳山頂!3年ぶりです。 うっちさんがシュウのように運んだ標識もありますよ!
ここまでの岩場クサリ場でペースが上がらず、予定より2時間も押しているのが気がかりだ・・。

P5290875.jpg
そしてこの先向かう横岳、硫黄岳。左奥でシルエットになっているのは、最終目的地の蓼科山だ・・。めっちゃ遠いな・・。行けるんだろうか?

P5290888.jpg
赤岳を振り返る。かっこいい山容をしているなあ。オーレン小屋に4時前に着く予定だったが、赤岳を過ぎたところですでに3時過ぎ・・。行者小屋に向かえば4時には着きそうだが、僕はオーレン小屋に行きたいのだ。

次の横岳付近で、僕は3年越しの探しものをしていた。
それは、本州では白馬とココにしか咲かないツクモグサという貴重な花を見たいのです。

予定より遅れており、日没も気になってきたが、今度こそツクモグサを見てみたい。
花を探しつつ進むと・・

P5290889.jpg
おおおっ!

P5290890.jpg
こんにちは。あなたに会いに来ました!
モフモフで可愛い花だ♪
重荷で疲れが出てきていたが、足取りが軽くなった。コワイ思いをしたけれど、八ヶ岳に来て良かった・・。

P5290896.jpg
横岳を通過し・・

P5290903.jpg
硫黄岳へのなだらかな稜線が見えて来た!
この先には岩場クサリ場ももうほとんどないハズ。今日の山場も目的も果たした。硫黄岳をハントして、幕営地のオーレン小屋に向かうっ!

P5290906.jpg
ケルンに導かれて硫黄岳山頂へと向かう。なだらかなはずなのに、全然ペースが上がらない・・。やはり荷物が重いとペースって落ちるんですね。

P5290909.jpg
硫黄岳山頂!なんだか写真が暗いな~と感じたあなた、正解です。だって時間は午後5時w
ヤバイ!日が暮れるっ!

P5290916.jpg
硫黄岳の爆裂火口、スゴイなあ・・。
この先は下り基調!得意の下りでペースアップだっ!
と思ったのに、やっぱろペース上がらず・・。なんとか日没前にはオーレン小屋に着きたいなあ・・。怒られるかなあ・・と考えながら進む・・。

P5290917.jpg
あれか?あれがオーレン小屋なのか?
まだだいぶ距離あるなあ・・。

P5290923.jpg
オーレン小屋到着!時刻は午後6時!!
怒られるかなあ、と思いつつ受付に行くと、そこに居たのは・・

むっちゃカワイイ人でした!親切にテン場の説明をしてくれました。ここにも花が咲いていたぜっ!
受付にはコーラとカルピスのペットボトルが売っています、と書いてあったのでどちらか悩んで・・コーラーをオーダー。
すると「すみません、売り切れなんです」とのこと。じゃあカルピス下さいというと・・

「すみません、ソフトドリンクは売り切れなんです。飲み物は日本酒かビールかチューハイしかないんですよ。」

なにい!ここが「遠い飲み屋」じゃねえか!
普段お酒を飲まない僕は、一番ジュースに近そうなレモンチューハイを買いました・・。

でも、いいんです。このオーレン小屋に来た、真の目的はねえ・・

to-be-continued-.png


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)
back-to-top