FC2ブログ

雲の平~絶景と絶食の狭間で~ #3

2018.07.31 (Tue)
双六小屋テン泊で夜8時から翌朝4時まで8時間、ぐっすり眠った。
頻尿の僕だけれど、一度も起きずに眠り続けた。

僕はカウンターパンチを狙っていたんだ。
朝起きると胃が回復していて腹ペコで、昨晩食べるハズだったロコモコ丼を食べる、というクロスカウンターだ。

P7241429.jpg
爽やかなテン場の朝!

そんなクロスカウンターはさく裂しなかった・・。
昨日よりは少しマシだが、胃は相変わらずやられたままだった・・。

P7241430.jpg
双六岳方面に朝日が当たっている。
僕は失意の中、テントの撤収を始めた・・。4時間で新穂高の駐車場まで下山できるハズ。

最近、こんなマゾいテン泊ばかりだ・・。楽しい!と心から思える山行がしたい!
このままでは、山登りが嫌いになってしまいそうだw

P7241432.jpg
撤収が終わったころには、とっくに日は登っていた。今日も暑くなりそうだ。
菓子パン一つくらいなら食べられそうな気分だった。バーナーでお湯を沸かしてコーヒーを入れてパンを1個食べることが出来た。
これがこの二日間で食べた、唯一の食事となった。

パンを食べた僕は、ポジティブな気分になった。コレで今日一日は動けるんじゃないだろうか?
以前登ったことのある、双六岳や三俣蓮華岳、鷲羽岳には登らず、雲の平・祖父岳のみのピストン山行なら行けるかもしれない。
逃げるようだが、全て巻道を使って祖父岳のみを狙うのだ。

男とはなんぞや

P7241439.jpg
早朝から暑い。双六岳に向かう人がたくさんいる中、僕は巻道を進む。すごい敗北感だった・・。

しかし巻道は優しかった。
P7241454.jpg
双六のカールの絶景が、僕を迎えてくれた。

P7241455.jpg
所々に雪渓もあり、雪で頭や首を冷やしながら進んだ。

P7241460.jpg
振り返ると、槍の穂先が見えた。昨日の昼にはあそこにいたんだもんなあ。遠くへ来たもんだ。

P7241466.jpg
鷲羽岳が近くなってきた。ごめん、今回は登らないよ・・。まさしく鷲が羽を広げたような山容が好きな山なんだけどなあ・・。

P7241467.jpg
黒部川源流の碑。ここの水が黒部ダムに流れ着くのか。雲の平がだいぶ近づいてきたようだ。暑さで全くペースは上がらないけど、着実に進む。

P7241477.jpg
コバイケイソウの向こうの巨大な山容は、薬師岳か。デカい。
ん?赤い屋根の小屋が見えるぞ?

そう、最短経路で行くはずが、大回りをしてしまった・・。黒部川源流の碑からCT1:40のハズが、日本庭園を経由してCT2:20のコースを歩いていたのだ・・。
わずかな差だが、疲労と日没に追われる僕には痛いミスだった。

P7241480.jpg
眼下には雲の平唯一のテン場。ホントは今日あそこに泊まるハズだったのに・・。食事をとれない今は、二泊はキツい、楽しくない。今日下山したい。

P7241483.jpg
雲の平最高峰、祖父岳山頂。2825m。
来た・・何とか来れた。

P7241484.jpg
赤牛岳・読売新道。いつか歩いてみたい縦走路。

P7241485.jpg
ワリモと鷲羽岳。今回パスしたけれど、また登りたいな。

P7241486.jpg
左に槍ヶ岳、中央は歩いてきたルート。右には見まごうことなき笠ヶ岳。
祖父岳山頂はぐるりと北アルプスのパノラマが広がっていました。
双六から下山しなくて良かった・・。雲の平、来て良かった。

登山とはなんぞや

時刻は午前10時半、今から新穂高温泉へ下山開始だ。道のりは遠く、ペースは上がらないが策はある。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


雲の平~絶景と絶食の狭間で~ #2

2018.07.30 (Mon)
雲の平

この日はとにかく暑かった。下界では35度。北アルプスも暑かった。

P7231385.jpg
景色はサイコーだったのだけれど・・。

P7231312.jpg
もし滑ったら大ケガしそうな雪渓をトラバース。

花は真っ盛りだったなあ・・。

P7231280クガイソウ
クガイソウ

P7231281シモツケソウ
シモツケソウ

P7231360チシマギキョウ
チシマギキョウの群生。

山小屋に寄るたびにコーラ等を買う。槍ヶ岳山荘は自販機だったのには驚きましたw
熱中症にならないように、ジュースは出来るだけ飲んだ。
ソフトフラスクにスポーツドリンクを入れていたが、こっちはほとんど飲まなかった。いや・・飲めなかった。

オエッってなるから・・

そう僕はまた、あの症状に陥っていた。
新穂高をスタートして12時間近くが経とうとしていたが、食べたのはレーズンバターサンドを2枚だけだった・・。
分水嶺の時と同じだ・・。まだ胃が回復していないのに、徹夜で山に登るから・・。しかもすごく暑い。体調が悪くなって当然だな・・。

P7231407.jpg
幕営地の双六小屋の手前の樅沢岳・・こんなに聳え立っているとは・・マークしていなかったぜ・・。

P7231413.jpg
樅沢岳山頂・・。もうヘロヘロだ。早く小屋で休みたい。

P7231418.jpg
テン場を見下ろせる位置まで来た。以前ここに着た時に、ステキなロケーションでいつか泊まってみたいと思った双六小屋まであと少し。

P7231425.jpg
ここをキャンプ地とするっ!
グランドシート忘れたので、サバイバルシートで代用!ヘロヘロだったけれど、予定より1時間早く着くことができた。
水洗トイレじゃないけど、ここは良いテン場ですw

いつも通り、全く食欲がないので夕食は食べない。
せっかく明るいうちにテン場に着いても、夕食食べれないのですることがない・・。結局この日は何も食べなかった。
景色も見たいが、身体も休めたい・・。

広いカミナドームの中でゴロゴロして過ごす。

男とはなんぞや

最近、こんな山行ばかりだ・・。気力体力の衰えが激しいなあ・・。
もう明日はどこにも寄らずに新穂高に下山しよう・・。雲の平はまた今度でいいや・・。こんな体調で先に進んでも楽しくない。少しでも早く下山したい・・。
そんなネガティブな考えしか浮かばないまま、暗くなってきたので横になる。

登山とはなんぞや

隣のテントのおっさんのいびきがうるさい・・。しかし昨晩は徹夜、その前日も少ししか寝てない僕は、すぐに眠りに落ちたw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



雲の平~絶景と絶食の狭間で~ #1

2018.07.28 (Sat)
P7231336.jpg

分水嶺が終わって早や2週間・・。
いまだにブログを書いていませぬ・・。なにか書く気にならないんですよねえ・・w
分水嶺のコトは飛ばして、先日行ってきた北アルプスについて書きます。

分水嶺をリタイアして1週間。まだ胃が完全に復調した訳ではなかったけれど、せっかくの夏休み第二弾なので山に行くことに。
今年の夏に行きたいと考えていた「日本最後の秘境・雲の平」にしよう!
雲の平に行くのなら、もうひとつ行きたかった槍ヶ岳手前の3000m峰3座も一緒に行ってしまえっ!

新穂高温泉に夜勤明けの徹夜で向かい、仮眠しないで出発。分水嶺と同じパターンw
P7231273.jpg

登山指導センター、24時間トイレ&自販機使えて助かりますね。昼間に来たことないな。
午前2時半に出発です。
今回は二つのパターンを考えています。

Aコースは、槍ヶ岳山荘1泊~雲の平1泊の2泊3日。
Bコースは、双六小屋1泊~雲の平1泊で、コレだと二日目はゆっくりと雲の平を散策できる。

P7231333.jpg
南岳新道を登って、南岳山頂3032m!日本で18番目の高さ。

P7231357.jpg
続いて中岳。3084mで日本12位。

P7231365.jpg
最後は大喰岳!3101mで日本10位ですっ! 日本に21座ある3000峰の未踏3座を踏破!
この3000mの稜線はイイですね!南アルプスの北岳~間の岳~農鳥岳の稜線とは雰囲気が違います。北アは岩がち、南アはゆったり広い。それぞれの山域を表していますね。

P7231337.jpg
ズキューーーーン
P7231373.jpg
槍ヶ岳山荘に到着!小屋の温度計は25度。日なたはもっと暑いですね!
平日なのに、たくさんの人が・・。

P7231371.jpg
槍ヶ岳山荘のテン場。ウワサ通り狭いな・・。僕のカミナドーム2を張るといっぱいいっぱいだろうな・・。

お昼前に槍ヶ岳山荘に着いたので、Bコースにしよう!
西鎌尾根を下って双六小屋を目指すことに。

P7231384.jpg
中央の黒い山が水晶岳。その左が鷲羽岳。その左に双六。けっこう距離あるな・・。
時間がないので、槍ヶ岳はカットだw 以前登っているから、登らなくてヨシw

徹夜で、しかもまあまあのペースで歩いた僕は、またもやあの病に襲われかけていた・・。森林限界を越えた稜線では日陰などない。暑さも厳しかった・・。

P7231392.jpg
双六小屋を目指そう。まずは歩いてみたかった西鎌尾根へ・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


18年の分水嶺!

2018.07.15 (Sun)
P7141243.jpg

3年連続で、分水嶺トレイルレースに参加してきました♪
勘のいい方は「あれ?もうブログ書いてるの?」と思うでしょう。
そう、本来はらば明日の月曜にゴールするハズだったのですが・・。もう帰宅して家でコレを書いております。本当は今頃富士見平小屋で休憩をしている予定でした。

初めてのリタイアをしまして・・。

2016年は全9回、
2017年は全15回!と、ダラダラと長~いブログを書いてきましたが、今年は短くなると思うので安心してくださいw

特に大きなネタはないのですが、
去年よりも短く楽なコース、
去年と違って涼しかった山行、
なのに、僕は何故リタイアをしたのか?

次回から地味に、短く書きたいと思います。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(2)

決戦は金曜日!

2018.07.13 (Fri)
もう少しで分水嶺トレイルレース!全然準備出来てないっ!

KIMG1372.jpg
今年はストックを長さ調整できるヤツに交換したから、ストックシェルターもピシッと張れるよ!
最近はカミナドーム2のテン泊ばかりだったから、狭いっ!五分の一くらいの広さに感じます・・w

P7131239.jpg
去年は胃をやられて食糧全然食べられなかったので、今回は少な目にしてみました。前回はラーメン3、アルファ米3だったもんな。
ポテチをトレイルミックスとして食べることにしてみました。食欲がなくなっても、好きなものだったら食べられるかなあ、と思って。

P7131242.jpg
そしてザックは20ℓ!去年一昨年は30リットルだったけど、小さくしてみました。パンパンっ!

では行ってきま~す。しまなみ海道チームにはブログネタの女王がいるけど、僕らもニセ札事件を越えるネタを探してくるよ!!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ




Category: 山行 | Comment(0)

ツンデレだけど、楽しい一日でした。

2018.07.11 (Wed)
先日は大勢で来年の下見のために長野の湖へ。

P7081199.jpg

普段こういう景色を見ないので、なんだか日本じゃないみたいに感じてしまいますね。

P7081210.jpg
スイムにSUPにカナディアンカヌーにカヤックとなんでもアリ。
みんなウォーターアクティビティを楽しんでおります。

P7081190.jpg
みんなは8人乗り巨大SUPにも挑戦してました♪ (7人しか乗ってないけど)

この世に生を受けて半世紀にもなろうかというオトナ達が(みちさん除く)
子供のように、イヤ、子供以上に大はしゃぎして楽しんでいる(みちさん含む)のを、初めて見た気がいたします・・w

Effectplus_20180711_212103.jpg

そしてこういう時、お調子者がさらに大はしゃぎしてSUPをムダに揺らす・・w
乗らなくて良かった・・w

泳げない僕は、撮影係!
「ライフジャケットあるから大丈夫だよ!」とか
「沈しないから!」やら
「せっかく来たんだから、やらないと後悔するよ!」などと言われましたが、丁重にお断りっ!

乗って楽しいかもしれないけれど、想定外のコトが起きて、コントロールを失って沈したら?
そして万が一ライフジャケットが浮かなかったら?
悲惨な結果になる。

僕は自分のカナヅチのコトだけを言っているのではないっ!

楽に電力が造れるかもしれないけれど、想定外のコトが起きて、もしコントロールを失ってメルトダウンしたら?
そして、万が一安全装置が作動しなかったら?
悲惨な結果になる。いや、もうなってしまっている。

僕は原子力のコトを言っているのだっ!

自分でコントロールできないコトは、やるべきではないのだっ!(力説っ)

話が逸れましたね・・。
午前中の水遊びはまるでリゾート♪
しかしそれだけで終わらせてくれないのが、男塾!

午後は湖散策班、トレラン班、MTB班と別れて遊びました。

P7081229.jpg
MTB班はトレハンへゴー!

P7081232.jpg
男塾直進行軍っ! 薄い踏み跡を辿った結果、こんなヤブヤブを突破!
午前中の優雅なリゾートとは、正反対の男塾っ!

生い茂ったヤブヤブを突き進む途中で・・
「痛いっ!」
「やられたっ!」
と怒号が飛び交うっ!

ハチに数人が刺されてしまいました・・。(僕含む)
痛かったけれど、みんな大事には至らず。タカサンのステロイドのおかげですね、ありがとうございました。

ほとんど藪コギでライドできたのはほんの少し。でも楽しかったと思えるのはナゼ?w
こんなツンデレな一日でしたが、大勢で遊ぶのは良いな~。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

クマザサの 大海原から 女峰山

2018.07.04 (Wed)
分水嶺トレイルレースに向け、先週の土曜日に山に行こうと思い何人かに声を掛けるも断られる・・。
いいもん!普段通り一人で行くもん!

寂しい僕が選んだのは日光の「寂光滝」。
P6301104.jpg
7段にも及ぶ滝。マイナスイオンをたっぷり浴びた。ところで、マイナスイオンってなんだ?

駐車場から5分ほどで滝を見終わったので、ついでに女峰山に登ることにした。

P6301106.jpg
何度も下ったことのあるモッコ平。登るのは初めてだ。クマザサが生い茂っているのは分かっているので、今回はハイソックスを履いてきた。

P6301107.jpg
しかし予想以上にクマザサが生い茂っている。写真の場所はオンルートなのだ。
クマザサの攻撃にあって、僕のかわいい膝小僧は痛めつけられていく・・。
こんなにクマザサが元気なら、長ズボンでくれば良かった・・。短パンにハイソックスでは太刀打ちできなかった・・。

モッコ平は何回も来ているが、考えてみれば真夏に来たことあったっけな?

P6301113.jpg
大真名子・小真名子かな。高原のように開けた場所で、気分最高!

でも実は僕、道をロストしていますw
クマザサ攻撃の中で、いつのまにかロストw なにが何度もモッコ平来ている、だよ!w

P6301114.jpg
ステキな場所だな~。道をロストしているけれどw

GPSと地図を見て、なだらかな地形を選んで荒沢出合に復帰。
P6301115.jpg
こういう時焦らないのは、地図読み訓練のおかげですな。

P6301123.jpg
ガレ場を登って・・

P6301128.jpg
女峰山山頂♪
この時期特有の小虫がたくさんいたので、お昼は食べず。

P6301131.jpg
こんなキレイなところを通りつつ、東照宮方面へ下山。

P6301133.jpg
途中には有名な看板が。

P6301158.jpg
下山した場所は、輪王寺。めっちゃ観光地・・。

P6301159.jpg
汗だく短パン野郎は自販機でコーラをゲット!w
なんか恥ずかしいな・・。上高地でトレランした時みたいだ。

女峰山


分水嶺トレイルレースに向けて、山での遊びが足りない僕・・。過去二回の参加の時には、レース前にカモシカ山行を2回くらいやって身体を慣らして準備していたのに、今年は準備&体力不足なのが心配・・。
そして・・暑かった・・。梅雨明けが6月なのは史上初らしいですね。

今回、またアレになったんです・・。
オエッってなるアレ。

日帰りだし、それほどハードな山行でもないのに嗚咽。
食欲もなくてお昼は食べず・・。
こんなんで二泊三日の分水嶺で完走できるんだろうか・・。また絶食山行になるのでは・・。不安&心配・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)
back-to-top