FC2ブログ

鳳凰三面拳 #1

2018.08.31 (Fri)
N13さんと南アルプスバイクパッキングに行く予定が、天気が不安定・・。
鳳凰三山日帰り山行に変更となりました。

P8291877.jpg
青木鉱泉から出発!登山口に自販機&トイレがあるのは嬉しいですね♪
ここに来るまでに、一部未舗装路があるのがちょっとw

P8291878.jpg
ドンドコ沢登山口スタート!名前がかわいいね!
鳳凰三山は過去二回登っているけど、このルートは初めてだ。

P8291881.jpg
途中工事している箇所あり。入門っ!

P8291882.jpg
法面の工事。見たことのないほど、スゴイ足場だ!
ぜひジャッキーに上から落ちて欲しい!もちろんノースタントでね!

続きを読む

山形からの手紙

2018.08.25 (Sat)
P8081827.jpg

先日の鳥海山登山は、絶景だらけ。とても良い思い出になりました。
その4日前のキツキツ富士登山も、大勢でワイワイと登ることができて楽しかった。
二回とも普通にバーナーでラーメンを食べることが出来る幸せ・・。

IMG_20180808_084445.jpg

5月の八ヶ岳全山縦走あたりから、すぐに胃をやられるようになりました・・。
7月の分水嶺でも胃をやられ・・嗚咽の嵐・・。
山で食事ができない・・。胃液を吐きながらの登山・・。

山、楽しくない・・と思い始めていたのです。

男とはなんぞや?

登山とはなんぞや?

そんなことを考えながら登っていましたが、富士山&鳥海山の楽しい登山で、ぼんやりと答えを掴みかかっていた僕。
そんな僕に、山形のペンネーム「独眼鉄貴子さん」からメールが!

『男とはなんぞや?
→アホ

登山とは?
→苦しさの中に喜びを見いだすこと!

かな?(笑)
だから、ふかしさんは正しい男だし、登山の王道いってると思いますよ!(笑)』

         (原文まま)

アホ!なんと明快な答え!!w
そうか~そういうコトだったのか~w
答えは難しくなかったのね。メール、ありがとうございますっ!

これからも登山の王道を歩んで参る覚悟です!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)

瞬きを忘れる景色、鳥海山 #6 ~Beautiful World testo~

2018.08.21 (Tue)
IMG_20180808_122627.jpg
鳥海山ババーーン!! シャベーー!!

P8081838.jpg
日本海どどーーん! シャベーー!!
瞬きを忘れる景色を、僕は見ているっ!

IMG_20180808_122604.jpg
右を向けば日本海、左を見れば鳥海山!最高のランチだぜっ!

4日前の富士山に続いて、普通にラーメンを食べられる喜び・・w
胃をやられないってイイネ!

するとN13さんがザックをひっくり返して何かを探している・・。
「カレーメシがないっ!」
出発時に車に置いてきてしまったらしい・・。シャベー!

幸い僕が賞味期限切れ で早く食べようと思っていたスープを持っていたので、それとオヤツのフィナンシェをプレゼント。あとは行動食でとりあえずランチw
御浜小屋も近くにあるのですが、買いに行くほどお腹空いてないらしい・・。

P8081839.jpg
景色で満腹っ!
「此處からでも見えるよ、美しい世界」

IMG_20180808_131535.jpg
絶景ランチを終え出発!

P8081846.jpg
鳥海湖を見下ろす。
「君にもほら、見えるよ、美しい世界」

P8081856.jpg
左は山頂。雲が掛かってきてしまった・・。

P8081866.jpg
鳥海湖、近くで見ると意外に大きい!シャベー!

P8081868.jpg
人が座っていたら、字が隠れて見えないという画期的なベンチ、シャベー!

P8081869.jpg
広がる草原も美しい・・。

楽しい。
登山って、やっぱり楽しい。
はるばる来て良かった。

『まだ、足りない!』
今だって探してるけど

P8081870.jpg
こんな景色が見られるんだもの。

ダブルのトイレに帰りも寄り、無事に下山。
鳥海山荘で温泉に入り(ヨーキさんのサインがあった!)、
山形在住のタカちゃんズのリーダーにオススメのラーメン屋さんを教えてもらう。

KIMG1425.jpg
酒田市はワンタンメンが名物なんですね!エビワンタンメン、美味しかったです♪

最高の山旅だった。

それでもまだ僕らはゆける
瞬きを忘れる景色を
いつか目にすることになる

そして僕はここ山形で、ある答えを得るのだ・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 山行 | Comment(0)

瞬きを忘れる景色、鳥海山 #5 ~Twist and Shout~

2018.08.20 (Mon)
IMG_20180808_091342.jpg
雨が降り、雪を乗り越えガイリーンへ。
秋田側も見えるっ!
あれは男鹿半島なのか?

P8081777.jpg
七高山山頂!2229m。

P8081778.jpg
一等三角点だっ!
4日前に登った富士山は二等三角点だったのになあ。
しかしここは真の山頂ではないのだ。

P8081766.jpg
写真では分かりづらいが、中央の赤い屋根の御室小屋。その奥のイワイワが鳥海山山頂だ。

P8081782.jpg
身をよじって胎内くぐりを通り抜け・・

P8081788.jpg
鳥海山山頂!2236m。山形県の最高峰で百名山にも選定されている。
新山とは1800年に噴火してできた溶岩ドームとのこと。

KIMG1413.jpg
我が生涯に・・

IMG_20180808_102814.jpg
一片の悔いなし!!

強風で岩場に立つのが怖かった!w

P8081803.jpg
先ほど登った七高山がキレイに見えました。
来て良かったぜ、鳥海山!

P8081809.jpg
周回コースで日本海側に下山開始っ!
海に向かって下るって、シャベー!

下山中にラジオを聞いて休憩している女性がいました。聞いていたのは、甲子園中継か・・山で珍しいw
秋田の高校の試合が行われていた模様。

さらに先に進んだ時も、ラジオを聞いている女性。秋田、野球熱高いですね。今思えば、話題の金足農業の第一試合だったんだな。明日の決勝、頑張って欲しいな。

P8081811.jpg
シラネニンジンのお花畑!心から叫ぶ!シャベー!

P8081815.jpg
先ほどまで居た山頂を見上げる。シャベー!

P8081821.jpg
日本海!山!写真撮ってばかりで進まない~!
二人で「シャベー!」を連呼っ!

P8081823.jpg
眼下に広がる秋田側の景色!シャベー!

IMG_20180808_120857.jpg
山形側の庄内平野もシャベー!!
絶景のつるべ打ちだっ!

P8081830.jpg
当初の予定ではこの扇子森には登らず、トラバースして下山するハズだったが、
日本海の絶景を見ながらランチしましょう!とN13さんが言うっ!決定っ! シャベー!!

予定よりもタイムをオーバーしていた僕らだが、この景色を目にしたら寄り道したくなったのだ。
日本海を見ながらランチ。こんな贅沢そうそうできないもんね!

しかし言い出しっぺのN13さんに、ちょっとしたトラブルがっ!

シャベーー!!

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

瞬きを忘れる景色、鳥海山 #4 ~Let it go~

2018.08.16 (Thu)
P8081745.jpg

真ん中のロープを目印に雪渓を渡る。対岸はガスで見えない。
猛暑が連日続いているのに、まだこんなに雪が溶けてないなんてすごいな。標高は高くないのに、さすが東北だ!

P8081746.jpg
表面はスプーンカット。軽アイゼンなしで歩いたけれど、あればサクサク歩けたろうなあ。
雪はたくさんだけど、少しも寒くないわ!

P8081749.jpg
対岸はスノーブリッジになってた・・。落ちそうでコワイので・・

P8081748.jpg
岩場で迂回したよ。

P8081753.jpg
デカイ雪渓だなあ。「心字雪渓」というらしい。だいぶ溶けているけれど、「心」の雪型だそうだ。
こんなに雪が残ってるなんて・・・この上にはエルサでもいるんじゃなかろうか?

IMG_20180808_085234.jpg
雪渓は何カ所かあった。涼しくてイイね!
直登している人もいました。

IMG_20180808_085545.jpg
日本海、緑、雪渓。なんてキレイなんだ!

IMG_20180808_085535.jpg
雲海で見えないが、月山方面。去年の秋に登ったなあ。

PA250631.jpg
去年撮った、月山神社越しの鳥海山。
東北の山には、雪が似合うね!

P8081755.jpg
雪渓を登り、もう少しで鳥海山の外輪が見えてきた!もう少しで稜線だ!
ガイリーン!

P8081761.jpg
外輪山、伏拝岳到着!


P8081770.jpg
そして稜線からの絶景っ!
ありのままの姿見せるのよ~♪

山頂はもうすぐだっ!

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

瞬きを忘れる景色、鳥海山 #3 ~世界に一つだけの花~

2018.08.15 (Wed)
鳥海山のすばらしさについて書きたいのに、トイレの話しばかり書いちゃったナw

P8081738.jpg
花もキレイです! ハクサンフウロ。

P8081736とううちそう
トウウチソウ。特徴のある花ですね。

南アルプスに行く予定が、台風接近に伴い急きょ東北の鳥海山に決定したので、下調べも中途半端。
鳥海山固有の花が2種類ある、ということは知っていたのですが、詳しく知らない・・。
一つは白い花、というふんわり情報・・。

P8081743イワイチョウ
とりあえず見つけた白い花を写真に収めてみましたが、これはイワイチョウという花デシタ・・。
固有種は「チョウカイフスマ」という群生している小さい白い花でしたが、結局発見できず・・残念!

そこにしか咲かない花、というレアもの好きなのにな~。
もう一つの固有種は「チョウカイアザミ」という、紫の大き目のアザミ。
これは登山道近くにたくさん咲いていたのですが、僕は色があまり好きじゃなかったので写真撮らず・・。下山してからその花が固有種だったと知りました・・。

僕の目は節穴ですなw

花を愛でつつ先に進むと、そこには大雪渓が!

P8081742.jpg
さすが東北の山だぜっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

瞬きを忘れる景色、鳥海山 #2 ~Have you ever seen the Rainbow~

2018.08.14 (Tue)
IMG_20180808_061307.jpg
雨降る中、駐車場直近の登山口からスタート。
登ってる途中で雨が降るのは仕方ないけれど、スタートから降ってるとテンション下がりますよね~w

IMG_20180808_062110.jpg
あれ?向こうは晴れてきてね?

IMG_20180808_062417.jpg
雨、止んだぞ!麓は雲海だっ!
そんなに高くない山なのに、雲ははるか下。

IMG_20180808_065847.jpg
日本海と庄内平野がキレイに見えるっ。
なるほどうまいお米が出来るハズだぜっ!w

IMG_20180808_065850.jpg
どんどん青空が広がって行くよ・・。
台風を避けて、東北方面に来たのは正解だった。

P8081722.jpg
そして空には虹がっ!
諦めて空飛ぶ団子食べに行かなくてよかったっ!

P8081728.jpg
海岸沿いにずらりと並んでいるのは、風力発電のプロペラ。力を入れているんですね。
待てよ・・。あんなにあるってことは、風が強いってことだよな?w

IMG_20180808_072951.jpg
登りだして1時間ちょっとで河原宿小屋に到着。
営業はしてない模様。

P8081735.jpg
ここのトイレがすごいんです!

なんと水洗!!
メジャーな山域でもない山中で・・まさかの水洗!
誰だってポットンより、水洗のほうがイイに決まっている。僕だってそうだ。これにはびっくり!
調べてなかったのに、偶然出会うこの喜びw

しかもトイレットペーパー備え付け!!
こんな親切、ありますか?

さらにこのペーパー、ダブルですっ!
誰だってシングルより、ダブルのほうがイイに決まっている。僕だってそうだ。これにもびっくり!
おしりにも優しい、ソフトなダブルっ!
どんだけ山形の人は優しいんだっ!!

僕は猛烈に感動しましたっ!
山形の人が、鳥海山に本気なコトがわかりましたよ!

スタート時とは打って変わって、テンションアップなナカシ&フカシ。
虹&水洗トイレ&しかもペーパーはダブルっ!


鳥海山の お・も・て・な・し は止まらないッ!!



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)

瞬きを忘れる景色、鳥海山 #1 ~辿り着いたらいつも雨降り~

2018.08.13 (Mon)
富士山キツキツ登山の三日後の夜、N13さんと僕は車を北へと走らせていた。

自転車並みの速度の台風13号の影響で、関東甲信越雨予報・・。
日本海側ならギリ曇りマーク。

N13さんに「東北の鳥海山なら天気大丈夫そうですよ? 500キロあるけど・・」とメールすると、快諾!
いいね!フットワーク軽いよっ!

こんなロングドライブの時こそ、僕のフリードプラスのホンダセンシングが大活躍!のハズが・・、
相方が「出来れば車使いたいんだけど・・」というまさか!

台風で暴風雨の予報なのに、相方に外を歩かせるのは可哀想・・ということでN13さんのスパイクで行くことにw
N13さんの返信は「がびーん」でしたw
そうだよね、がびーんだよねw

またまた二晩徹夜で登山。週4でほぼ徹夜だ・・。身体に良くないな・・。登山は健康に良くないのかもしれない。

KIMG1411.jpg
500キロの道のりだって、いつかは着くのだ。朝焼けに浮かび上がる鳥海山。
出羽富士の名は伊達じゃあない。美しい裾野を持つ山だ。
ナカシ&フカシ、感動w

湯ノ台口の駐車場を目指す。だが雨が降ってきたよ・・。

IMG_20180808_060638.jpg
トイレ&展望台のある駐車場に到着!
しかし雨が本降りに・・。
まさかここまで来て登山断念か? 観光して帰るのか?

P9020042.jpg
空飛ぶ団子、見に行く?厳美渓。去年相方と行ったんだよね。

P9020054.jpg
あの「どうでしょう軍団」が若かりし頃に行った場所だよ。

P9020055.jpg
団子もおいしいよ?

とN13さんに聞いてみたが、N13さんは、「水どう」を見たことがないというまさかw

IMG_20180808_061312.jpg
仕方ないので、レインウェア上下を着て出発。
やれやれ・・。


しかし山形の山の神は、二人を見放さなかった!
この後僕らは、代打逆転サヨナラ満塁ホームランを放つッ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

スケジュール・キツ男達の富士登山~2

2018.08.11 (Sat)
キツキツスケジュールをものともせず、富士山登頂を目指す僕ら。
高橋さんはお昼を食べつつ休憩すると言うので、4人で剣ヶ峰&お鉢めぐりをすることに。

P8041671.jpg
小屋の裏は布団干し場w

P8041672.jpg
あれが剣ヶ峰か・・。火口すごい迫力だな。以前登った時は雪があったので見えなかった。

P8041681.jpg
晴天で暑くも寒くもない。絶好の登山日和だっ!

P8041684.jpg
いよいよ剣ヶ峰に近づいてきたっ!あの坂、すっげえ登りにくいんですよねえ・・。

P8041685.jpg
激坂を駆け上がって山頂へ!と思ったら、写真撮影のための行列がっ!すごいね、富士山。
5年前に登った時は僕しかいなかったので、ココがホントの山頂かどうかわからなかったくらいなのにw

P8041687.jpg
15分以上待って、日本一の山頂!麓は酷暑だろうが、ココは日本の最低気温をマークした地なのだ!
どんな高い山でも、歩けば着きますねえ・・。

P8041697.jpg
要塞のように見える剣ヶ峰を振り返る。よくあんなとこに観測所を造ったなあ・・。

P8041703.jpg
山座同定盤のリトル富士山。

P8041701.jpg
荒涼たる景色。

P8041704.jpg
お鉢めぐり終了!高橋さんと合流して、ランチタイム。最近の山行ではいつも胃をやられ、お昼を食べることができない僕でしたが、今日はラーメンを食べることができました!
ペースがゆっくりめだったし、涼しかったし、何よりみんなでおしゃべりして楽しかったから、胃をやられなかったんだな!

四国からの使者は、この後熱海に宿泊するというキツキツスケジュールwなので、下山開始っ!

P8041707.jpg
ブル道をガシガシ下ります・・。

38476937_260706388077041_4296801822561009664_n.jpg
砂埃がすごいので、西部劇の列車強盗スタイルで下山w しかしこの下り・・足に負担来るし何より飽きるw

P8041710.jpg
何度も立ち止まって休憩。さすが日本一の山、下山も長いw

P8041713.jpg
そして五合目ゴーーール!
めっちゃ混んでます・・。下山してこんなに人がいる場所は初めて・・w 一大観光地ですな。

それほど待たずにバスに乗ることができ、駐車場へ。バスの中で爆睡!気持ち良かったな~。みんな昨日は徹夜だけど、僕は一昨日もほぼ寝てないからねえ・・。

駐車場に着くと同時に土砂降り!山で降られなくて良かった!
大雨で居場所がないので、熱海に行く四国チームとバタバタとお別れw 終始バタバタだったなあw
でも楽しい登山でした。
最近は胃をやられてばかりで、山を嫌いになりかけていたけれど、やっぱり山は楽しいっ! ありがとうございました。

こうしてスケジュール・キツ男達の富士登山は、無事に終了しました。

いや、ひとつだけどうしても納得できないことがあったので書きます!

四国チームと別れてトラ山さんと近場の温泉へ寄ったのです。
温泉の隣には、居酒屋さん。
ランチメニューとかあるのかねえ?と話しながら、お風呂の準備をしていると、トラ山さんがいない。
あれ?メニューでも見に行ったのかな?と思って店先に行ってみると・・

席に座っているっ!

えっ!先に飯!?
普通は先に風呂でしょ!!

いやいやいやいやいや・・

信じらんないっ!

帰りの車中で、
「じろーさん達アクティブだよねえ。だって逆の立場で僕ら600キロ車走らせて、四国の山登りに行く?行かないでしょ。スゴイよねえ。」と二人で話していた。

そしてその4日後、僕は車を500キロ走らせ、出羽富士に登ることになる。

それはまた、別のお話・・。




イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

スケジュール・キツ男達の富士登山~1

2018.08.07 (Tue)
夜勤明けで電車に乗って帰宅中のお昼前、メールが届いた。
内容は「今晩発で富士山登りませんか?」というもの。

詳しく聞いてみると、四国から友人が来るので一緒に登るとのことだった。四国を夕方に車で出発して、午前2時ころ到着してから登る作戦。随分遠くからの弾丸登山だ、スナイパーなのかっ!
四国から来るトラ山さんの友人(じろーさん)は、お会いしたことはないものの、SNS等で頻繁に拝見している。先日もしまなみ海道ツアーで友人達が大変お世話になった人達だ。ぜひお会いしてみたい。

しかし・・なんてキツキツスケジュールなんだ・・w 
トラ山さんもキツキツスケジュール男として有名?だ。
MTBやカヌーや、あの山この山と思いつきで欲張りにつけたす。結果ハードな日程になるのが得意技なのだ。
今回も五合目までタクシーではなく、MTBで登ろう!思いつきで提案してきたw

呉では、そういうスケジューリングの教育カリキュラムがあるのですか?

かくいう僕も、日没ギリギリ&体力ギリギリの欲張りロング山行を実行するのが得意技だ。得意とはいえ、最近は胃をやられてばかりだが・・。

こうしてスケジュールキツ男達が集う、夏の遠足が挙行された・・。なんとこの3人(じろーさん・トラ山さん・僕)、同級生w 
やれやれ・・

トラ山さんをピックアップし、北麓駐車場に到着。四国からの友人を待つ。5人乗れるタクシーもある。僕はMTB、トラ山さんはみんなでタクシーを提案。悩んだ末、MTBでスバルラインを登る案はやめた。せっかく四国から友人が来るのだから、少しでも一緒に行動したほうがいいもんね。

四国からの車も到着。挨拶もそこそこにタクシーに乗車!四国観光大使の異名を持つ、じろーさんと奥さんのさおりさん。四国の里山仲間の高橋さんとトラ山さんと僕で計5人。午前2~3時でもタクシー数台が常に停車していることに驚くw
タクシー代約15000円!を割り勘し、真っ暗な吉田口五合目に到着!登山開始っ!

P8041633.jpg
もっと混んでいるかと思ったが、登山者は少ない。特に某国の人々が多いかと思ったが、いなかった。

P8041645.jpg
登りだして1時間ほどで日が昇る。山頂からでなくたって、同じ太陽だっ!

P8041651.jpg
今回の山行で、一番好きな写真。雲より高い場所にいるよ。

P8041653.jpg
朝焼けを浴びながら登る。四国からの3人は、とてもフレンドリーな方々♪初対面とは思えません。

P8041655.jpg
ツーリズム渋滞もほんの一部だけ。ガイドの人は大変だなあ・・。
僕らも単調な登山道を登り続ける。

みんな徹夜なので、無理のないペースで登るがそこは富士山距離が長いっ!
一回り年上の高橋さんがお疲れ・・。そりゃそうだ。四国から600キロ移動してきて、仮眠なしで富士登山だものw

38411975_296300321119899_2320103649256144896_n.jpg
僕もあの「伝説のダブルザック」をマネ。一度やってみたかったんだよね~w 僕のザックは楔型なので、上に背負いやすかったです。

そんなスケジュールキツ男達も
P8041669.jpg
登ったど~~~♪

それぞれ眠くなったり、酸素の薄さを感じたり・・。でも思ったよりも良いペースで登ることができました。
涼しかったし、渋滞もなかったし、お話しながら登ったことも良かったですね!

よし、次はお鉢めぐりだっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 山行 | Comment(0)

雲の平~絶景と絶食の狭間で~ #4

2018.08.01 (Wed)
本来の予定だと雲の平で二泊目のテン泊をして、いくつもある「なんとか庭園」を散策してから新穂高へ下山するハズだった。ゆっくりと景色を眺める旅のハズだった・・。

それなのに、またオエオエ言いながらマゾい山行になってしまった。山は胃で登るのか?ガッデム!
祖父岳を後にして、下山開始だ。

P7241499.jpg
再び双六のカールへ。奥には槍ケ岳が見える。向こうは雲が出てるな。

二日目もとても暑かった。三俣小屋でジンジャーエールを2本買った(コーラは売り切れだった)。さらに胃をやられ、二度ほどジンジャーエールも吐いた。暑さのせいだ。
僕は登山中に初めて「あの雲、こっちにこねえかな?」と願った。ガスまみれのホワイトな世界になることを望んだ・・。
日陰が出来れば、歩きやすいハズだ・・。

僕のそんな悪魔的な望みは、叶えられなかった。雲はこちらには来ず、ステキな絶景を提供し続けていた。

P7241507.jpg
昨日の双六のテン場。今日は団体さんが来ているみたいだ。ココでもう一泊・・するくらいなら、やはり下山しよう。
僕には策がある、と前回のブログの結びに書いた。
それは「日没までに小池新道入口に辿り着く」というものだ。
小池新道入口から先は、砂利の林道になるのでヘッデンでも危険は少ない。

以前鷲羽岳日帰りをやった時にも、同じような作戦だった。とりあえず日没までに登山道を抜けるのだ。

P7241512.jpg
もう一度、双六小屋を振り返る。谷間にあり、その先には鷲羽岳、すてきなロケーションだ。

P7241515.jpg
涼し気な雪渓を通り、

P7241517.jpg
眼下には鏡平小屋が見えてきた。かき氷が名物らしい。胃をやられているけど、かき氷なら食べられるかな?

P7241520.jpg
すごいぞ!ラピュタは本当にあったんだ!
昨日登った南・中・大喰岳と槍ヶ岳が見える。

P7241524.jpg
鏡平小屋。水、死んでないですか?
かき氷は売り切れだった。こんなに暑いんだモン、そりゃそうだよな。

P7241527.jpg
そして小池新道入口に、日没前に到着。18:50とギリギリだった。これで一安心。あとは林道だ。

P7241531.jpg
林道の途中にわさび平小屋がある。新穂高温泉まですぐの場所なのに、たくさんの人がいた。

P7241530.jpg
名物?のラムネを飲んだ♪
あとは新穂高温泉まで、走れば30分、歩いて1時間・・。

走る気になれなかったので、歩きましたw

P7241536.jpg
午後8時、無事に下山・・。

男とはなんぞや

もうテン泊装備でキツキツの山行は辞めよう、と心に誓った山旅だった・・。

今回は2日ともCT15時間くらいのコースを約80%で歩いた。往路復路ともヘッデンを使った。距離は54キロ、累積標高は4200m。ものすごくハードなコース、というワケでもないのに、このやられっぷり・・。
もう男塾な山行は無理なんだな、きっと。

マゾい山行はヤメだ。これからは短い行程をゆっくりペースで歩き、テン場でのんびり夕食を食べるんだ。景色をただただ眺めるのだ。

これからは楽しい山旅をしたい。じゃないと山を嫌いになりそうだw
おチャッピーハイクに、ぜひ僕を誘ってくださいっ!

登山とはなんぞや

でも楽することだけが、登山というワケではないよな・・。キツさのなかにある楽しさ。達成感と充実感を無理なく味わえる旅。
独眼鉄先輩、僕はその答えを探してみます。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

back-to-top