FC2ブログ

第二回・東北ぶらり旅~5 めしはん!

2019.09.10 (Tue)
2011年3月11日、僕は茨城県日立市の里山、通称日立アルプスを一人でトレイルランニングしていた。

最初の揺れは、近くの山で発破作業でもしているのかと思った。
二度めの揺れは、立っているのが怖い程だった。
麓まで近づくと、防災無線が「津波の高さ4メートル」と言っていた。何かの間違いだと思った。
下山して麓の駐車場に向かうと、海の方から続々と車が避難してきた。
車のラジオで、初めて地震の詳細を知った。
高速は通行止め、停電で信号も点かずガソリンスタンドで給油も出来なかったが、10時間かかって深夜に帰宅することができた。

あの時、東北地方はかつてない大きさの津波に襲われていたのだ・・。

P9011479.jpg

僕らの震災遺構を巡る旅は、ここ荒浜小学校で最後だ。

P9011482.jpg
ありがとう、荒浜小学校。
うまく言葉にできないけど、ズシリと何かが心に残りました。

震災遺構を訪ねたからと言って、明日から僕自身が急に変化するわけじゃないけれど、でも少し変化が生じたと思います。良いほうに。
津波被害の凄さ、防災への意識と備え、復興とはどういうことなのか。訪れた東北地方のニュース等に関心を持つようになりました。
亡くなられた方々のご冥福を祈らずにはいられません。
宮古市から南下して、防災の日にさまざまな遺構を訪ねて、本当に良かったと思っています。


帰りに、何かこのあたりの名物を食べて帰ろう。
牛タンが有名だが、去年の東北旅では牛タンVSソースカツ丼で遺恨がある。

食に強いこだわりを持つ僕。
まきさんと相談し、静岡の大人気ハンバーグ店「さわやか」、」のようなご当地ファミレス的なお店を探す。

「半田屋」という仙台発祥の食堂チェーンが検索にヒット。
名前聞いたことあるなあ?と思ったら、僕の家の近くにもお店がありました。行ったコトはないけれど・・。

仙台市内にお店はたくさんあり、そのうちの一つに入店。

ユニークなシステムでした。

スーパーのお惣菜売り場のイートイン版というか、学食っぽいというか・・。
たくさんの種類のおかずが、お皿や小鉢にラップをかけておいてあり、好きなおかずを取り、最後に「めし」をオーダーして清算するシステム。
ごはんではなく、「めし」というところに、強いこだわりを感じましたw

店内には、電子レンジもあり、お茶のペットボトルも売っています。24時間営業で、労働者の為の食堂、という雰囲気。

DSC_0617.jpg
当然安い。僕のこのオーダーで500円でお釣りがくる!
ハムカツと唐揚げと肉団子。バランスなんて関係ねえ!食べたいものを食べるのだ!

DSC_3132.jpg
ちなみに今朝のホテルでの朝食バイキングはコレ。
テーマは「黄色」

DSC_3215.jpg
まきさんは牛タン丼をオーダー。お値段390円っ!
ワイルドな食堂でしたが、まきさんは気にいったようでなにより・・w

DSC_3057.jpg
前日登った百名山・早池峰山の印象も薄くなりましたが、震災遺構を訪ねる旅はこれにて終了。
登山しか興味のない僕でしたが、大変良い経験ができました。

二日間で1289キロ、ホンダセンシングの力を借りて走りました。
そして今回気が付きました。

僕が、ホンダセンシングなんだ、と。
もう僕が、ホンダセンシングの一部なんだということに、思い到りました・・w
来年、また大勢で行きたいな~。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 山行 | Comment(0)
back-to-top