FC2ブログ

3000m級トレラン♪北岳・間ノ岳

2011.10.30 (Sun)
kitadake.jpg

来夏に行こうと思っていた北岳。
しかし急遽連休をゲットできたので、山行を決行!
この前登った甲斐駒ヶ岳を、北岳から眺めてみたかったのです。

北岳の登山口のある広河原まではバスorタクシーでしか移動できません(一般車通行禁止)。
今まで往路のアプローチでバス利用の経験はありますが、復路もバスは初めて。
広河原発の最終バスに乗り遅れると、下山できないという・・。

タイムリミットのある、トレラン。これはプレッシャーです。
僕は綿密に通過タイムの計画を練って望みました。

先週に続いての午前2時起き。芦安駐車場には予定取りに到着し、乗り合いタクシーに乗車して広河原に向かいました。
日本第二位の高峰・北岳と四位の間ノ岳へゴー♪


PA296052.jpg

広河原からこの吊り橋を渡ってスタートです!
某ブログで書いてありましたが、日常と非日常の境界線ですね。

大樺沢ルートは通行止めなので、白根御池小屋コースで登って行きます。
小屋からは二俣へ行き左俣コースへ。
通行注意と書いてあります。スゴイ岩だらけのルート。これは歩きづらい。

PA296070.jpg
途中、川が凍っていました。

八本歯のコルのハシゴは怖くなかったです。
甲斐駒・黒戸尾根のハシゴを経験したからですな。

八本歯のコル到着の目標タイムをクリア。
もしタイムオーバーだったら、北岳周回ルートに切り替えるつもりでしたが、予定通り間ノ岳にも行くことにしました。

PA296098.jpg
中央に北岳山荘の赤い屋根が見えます。これから向かう中白根山・間ノ岳の稜線。景色はサイコー♪
「日本一の稜線」と呼ぶらしいです。
この3000メートルの稜線を走る為に来たのだ!


PA296096.jpg
よくこんなところにトラバース道を造ったなあ・・。
岸壁にハシゴがあるのわかります?


PA296104.jpg
雲一つない天候のなか、天空の稜線をラン!間ノ岳を目指します。


PA296111.jpg
標高3189mの間ノ岳からの富士山!
初めての3000m越え!自己最高標高更新!


CA3I0060.jpg
北岳・甲斐駒ヶ岳。全く雲がなくて360度のパノラマでした。
富士山もずうっと見えていて最高!
来てよかった。こんな景色の中に身をおける幸せ。

予定タイムよりもいいペースだ。30分も休憩して、景色を堪能しました。

登ってきた稜線を戻り、次に目指すは北岳です!

PA296125.jpg
間ノ岳からみる3000m稜線&北岳もすごい景色だ!絵画のようです。
中央が北岳。左が甲斐駒で右が鳳凰三山。一枚の写真にフレームインするとは・・素晴らしい!


北岳の山頂直下はなかなかの岩場の急登でした。

PA296133.jpg
北岳看板越しの仙丈ヶ岳。

標高3192m、日本第二位の高峰。
本日二回目の自己最高標高更新!あとは富士山しかないな。
今回のブログ、写真が多いことにお気づきでしょうか?
100枚以上撮りました。

写真撮る時間は関係ないかもしれませんが、北岳到着時は、タイムリミットぴったり。
最終バスに間に合うように、先を急がねば!


PA296140.jpg
と言いつつ・・山頂からの甲斐駒。
今月初めに登ったのですが、その時点ではどんな形の山なのかよく分かっていませんでしたw


復路は北岳肩ノ小屋経由草スベリのコース。
ガレ&岩場であまり走ることが出来ませんでした。
行きにも通った白根御池小屋がなかなか見えて来ない!

やっと小屋に到着した時、もう設定タイムをオーバーし、まさかの為にを残していた「貯金タイム」を使い込んでいます・・。

午後4時10分発の最終バスに乗りはぐれると、この山域から出られません。
ビバークか?山荘って急にお願いして泊めてくれるのかな?


どうなる不可止!w
続きは後日!

読んだ勢いでポチっとお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

c_02.gif

トラックバックURL
http://fukasi.blog87.fc2.com/tb.php/1437-6a1ae48e
トラックバック
コメント
いいなー♪僕も今年ここに行きたかったんですが都合がつかなくて。天気も良くて最高の稜線歩き(走り?)ですね。人のを見ちゃうと行きたくてウズウズしちゃうなぁ(笑
tatsu | 2011.10.30 21:55 | 編集
tatsuさん、こんにちは~。
tatsuさんは北アルプス登ってますね!僕も来年行ってみようかな~。

このルートは最終バスの時間さえ気をつければアクセスは便利だしw オススメですよ~。
 
不可止 | 2011.11.01 16:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top