スノートレラン@川苔山

2013.01.23 (Wed)
前回の飯能アルプスは雪が全くなかったので、今日は雪のある山に行ってきました♪
場所は奥多摩・川苔山!
川苔山
5年前の冬に登ったのですが、山頂直前で雪に阻まれ下山した、思い出の山。
今日も無理せず登れるとこまで行こう。

鳩ノ巣駐車場に車をデポし、まずは杉ノ殿尾根を登りコブタカ山を目指します。
少し登ると、トレイルに雪が出てきました。先日購入した、簡易アイゼンとも呼べないようなイージーなすべり止めをトレランシューズに着装。
P1238619.jpg

凍結&雪の登りがだいぶ歩きやすくなりました。吹き溜まりで膝くらいの雪ですが、ツボ足から逸れなければ大丈夫。
P1238626.jpg
コブタカ山に到着。普段のトレランだとコースタイムを短縮できるのですが、今日はオンタイム。雪の上りだから仕方ないな。


せっかく来たので、本仁田山にも寄り道。
P1238627.jpg

もういちどコブタカ山に戻って大ダワへ。
ここから舟井戸へ巻き道で行こうとしたのですが、巻き道にはトレースがナイ・・。
直登ルートにはトレースはあるのですが、こんな注意書きが・・
P1238635.jpg
どうしよ・・どっちにしよう。
当初の予定通り、巻き道ルートへ。
ズボズボと膝下まで埋まりながら歩きました。僕の通った跡が道になるのだ!
しかし・・
P1238636.jpg
こんな狭いトラバース道が・・。(通過したあとに振り返って撮りました)岩がせり出していてザックに当たるし、この雪の下にはガケにかかっている橋があるのですが、見えない・・。
ヤバイ。滑落の怖れがある・・。かなり怖かったデス・・命の危険を感じましたw

そして次に見えたのが・・
P1238637.jpg
見てわかります?
ガケの細トラバース道の木橋に、土砂&雪が覆いかぶさっているのです。
僕はコレは無理だと判断。来た道を戻り、尾根直登コースを登ることにしました。

さっきの道に比べたら、直登コースは安全w日当たりがいいので雪も溶けていました。最初からこっちにすればよかったw
P1238641.jpg
そして念願の川苔山に登頂!標高1363m、
山頂には数名の方がいました。

P1238656.jpg
景色もモノクロです。
ゆっくり休憩してから、いよいよ下り。赤杭尾根を下ります。

P1238651.jpg
サイコーだっ!こういうのを求めていたのですっ!

P1238652.jpg
ツボ足から逸れると、太ももまで雪に埋まるところもあるけれど、腿あげで雪を蹴散らしながら走るのが面白い。大人の雪遊びですね~。

P1238653.jpg
下りはコースタイムのだいたい半分で走って降りました。普段のトレランと同じですね。
雪が多少あっても、トレランはできる!ぜひみなさんも!
僕のトレランシューズはゴアではないので、靴の中までビチャビチャで走りましたが、足先の冷えやすい方はゴアのシューズが良いカモ。
僕は寒さに強いので、気にしませんが。

約20キロ、累積標高1700mのスノートレランでした。


読んでいただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top