スノートレラン@蛭ケ岳

2013.02.02 (Sat)
先月から悩んでいたんだ。タイミングを計っていた。
1月14日に大雪が降って、その山頂には1mもの積雪があるとのことだった。
2週間経っても、まだ山荘の情報だと1mの積雪とのこと・・。

でも走りたい気持ちを大切にして、行ってきました。
初の丹沢、焼山から姫次~蛭ケ岳をピストン山行。
積雪がすごかったら、無理せずヤバかったら引き返せるプラン。

焼山登山口からスタート。すぐに丹沢らしい看板が・・
P2018679.jpg
ハイ!その季節には来ませんっ!
実際にはその前後一か月も出るらしい。快適に走れるのは1月~4月の四か月間ってことか?

P2018684.jpg
すぐに雪がでてきました。凍結はありません。

P2018686_20130202100440.jpg
焼山山頂に到着!高さ10メートル以上ありそうな展望台がありました。
では登ってみるべ、とらせん階段を登り始めましたが・・なんか下から見るより高いっ!
けっこう怖かったデスw

P2018690.jpg
下を見下ろすとこんな感じ。

せっかく来たので黍殻山のピークを踏もう、と尾根道コース経由で姫次山を目指しました。
トレースが薄く、靴の中までさっそくびちょびちょにw
どんどん雪も深くなってきます。
P2018693.jpg

姫次山は展望サイコ~!
P2018704.jpg
目標タイムより1時間以上押しています。
道ができているところは早く移動できるのですが、ツボ足箇所の通過に時間がかかってしまっています。
登りはコースタイムをオーバー。こんなことは初めて。雪道は時間掛かるな。ナメてはいけませんね。
この日は気温が高く、雪が溶けてきているようでツボ足に合わせても踏み抜いてしまうのです。
よろけて手を着くと、ひじまで雪に突っ込んでしまいます。

ふつ~のトレランシューズにジョグ用のペラペラ手袋、パンツはジャージ・・。この装備ではこの雪の多さは厳しいかもな・・。(ウィンドブレーカーパンツも厚手手袋もザックに入ってますよ、冬山をなめてるワケではアリマセン)雪は50センチはある。

蛭ケ岳まで進むか、折り返して戻るか・・。

どうする不可止!



読んでいただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top