タヌキ その2 ~有頂天な僕ら

2014.03.20 (Thu)
まずはSS1。土地勘のある僕は二つのルートを提案。
スタートして左に登り、舗装林道を進むルート。アップダウンがあり、いくつか分岐があった気がするが、距離は短いハズ。もう一つは無難に県道まで下りて大回りのルート。こちらは迷うことはナイ。

出場5チームの中で、おそらく平均年齢は上から2番目のオ・ト・ナのチームの僕らは、無難な大回りルートを選択しました。序盤からギャンブルしてもしょうがない。
CP2の少し手前で、DOWN汁チームが颯爽と下って来ました。早いっ!

199646000_org_v1394963620.jpg

CP2の階段を上っていると、チームFOX(200歳パワーズ)。僕らがCPの写真と撮っているときにスぺシャチーム。終わって階段を下りていると女性チームが登って来ました。ほぼ横並びですな。

県道大回りルートでCP3へ。ここでMTBをデポし、トレッキング。フォトロゲですね。たくさんあるポイントのうち、3カ所を取る。難易度によって点数が違います。ザックからトレランシューズを取り出して履き替えます。クラ輪さんはごっついシマノのゴアSPDシューズで走るんだって。大丈夫かなw

SS2も保守的なプランにしました。オトナですからw
分かりやすい山頂「35」を目指し、下山時に尾根沿いの「60」と「25」を取るルートを提案。ヒュウさんが万が一「25」を取れなかった時のために山頂近くの「40」を取ろう、というナイスな作戦を提案!
山頂へはハイキングコースになっていて、看板もあります。地元の散歩の方も多数。
山頂付近になって三角点を探すが・・ない!
山頂の三角点なんて、目立つところにあると思ったのに。3人で手分けして探し、ヤブの中、やっとのことで僕が発見。だいぶ時間をロスしたなあ。「見つけて写真撮ったよ」と二人に声を掛けると、一緒に写真映らないとダメらしい・・。あとで写真を撮ることにして、まずは「40」へ。
「40」も左の分岐を見逃し、少し先まで行ってから気が付いて戻って「40」ゲット!

次に「35」に戻るも・・さっき見つけたのに、また場所が分からなくなったw
5分ほど探して一緒に写真を撮りました。

こんな見つけづらい三角点、他のチームは無理なんじゃないの?と盛り上がる僕らw 有頂天ですっ!
P3151239.jpg

喜びつつ、トレイルに戻るとそこにスぺシャチームがっ!
あ・・入口教えちゃったかな?w
次に「60」への入口を探す間に女子チームも登ってきました。ケイコさんに「登山道上がってきたんですか~?」と聞くと、「ひみつ~」の返事。
この時僕は理解しました。女子チームは僕らが捜している「60」「25」のルートで下から上がってきたにちがいないっ!
D子さんはこの手のイベントに慣れてるからなあ・・さすがの地図読みだ・・

しかしスペシャ&女子チームも「35」の三角点はうろうろと探している様子。ニヤリ。やっぱり難しいもんな。

なんとか「60」に続きそうなトレイル発見。ほどなく高得点「60」ゲット!
もう「25」は必要ないので、下山することに。途中ブルーテントに住んでいる方発見。傍らにママチャリが置いてある。ということは少し進めば舗装路に出る、ということだ。少し進むと釣り禁止の釣堀池前の舗装路に出ました。ヤッタ!
走ってCP3に戻ります。SPDシューズのクラ輪さんがキツそうw

CP手前でMTBに乗った200歳パワーズとすれ違う。やるなあ。
でも山頂でポイントを探していたスペシャと女性チームは出し抜いたハズ。
しかしCP3に到着してみると、そこには驚愕の景色が広がっていたっ!!

イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


コメント
実は、不可止さんたちが60から下山する為に私たちとすれ違ったときには、もう見つけてましたw

完全に私たちの前を通り過ぎた後に、チームメイトに声を掛けてゆっくり撮影。(^-^)万が一、60をまだ探してたらマズイですからね。

ちなみに、私とさかなちゃんもゴアのSPDシューズでした(^ー^)

…と、自慢気にコメント出来るのはココまで(^-^;
D | 2014.03.20 22:52 | 編集
ハイキングコース脇の三角点は、60ではなく35でしたっけ。もう、うろ覚え。
D | 2014.03.21 01:19 | 編集
なんと!あの時すでに三角点35は発見していたのですか!w
タヌキらしい騙し合いですね~w
不可止 | 2014.03.21 09:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top