タヌキ その4 ~守りは最大の攻めだっ!

2014.03.22 (Sat)
しつこく「おかしいな~、なんで最下位なんだろw」と言いながらうどんを食べた僕ら。食べながら地図を見てSS4の作戦を練る。サインペンで行くべきルートにラインを引く。

ランの時は地図を手に持つから問題ないのですが、MTBだと地図は見れない。ヒュウさんは奥様お手製のマップ台をMTBに取り付けてあるが、肝心のマップケースをSS2で紛失w
クラ輪さんが首から掛けるマップケースを使用していて便利そう。そしてその姿を見て思い出す僕・・。
あ・・オレもアレ持ってたわw
滅多に使わないので、どっかいったよw

僕は地図を服の首元から入れて持つことに。 スタイリッシュじゃないなw

CP4に向かう途中で女子チームに追いついてパス。CP4の池に到着。お題は「南側の池にある、杭の本数を数える」というもの。ここで考える僕ら。
「南側の池」の杭の本数 なのか?
「池の南側」の杭の本数 なのか・・ 日本語って難しいねw
199646756_org_v1395306764.jpg

池は確かに南北に分けられている。僕らは前者の南側の池の本数を、3人でそれぞれ数える。
すると後からさっきパスした女子チームも到着し、本数を数え始める。

ぐるりと数え終わり、3人で本数を確認。
この時、まだ数を数えているであろう女子チームに「こんちは~今何本?72本?80本?」などと話しかけて、混乱させるセコい作戦を思いついたけれど、実行すると女子チームに
今後一切口をきいてもらえなくなる
可能性があったので、やめておいたよw

しかし女子チームは池の対岸にいるのが見えました。
あ・・「池の南側」の本数数えたな・・。つまり半分ほどの杭しか数えていない・・。
ニヤリ
教えてあげないよっ!と静かに立ち去る僕ら

次のCP5に向けて、徐々に登坂がきつくなってきます。懐かしいな、この道。火曜午後筑で何度も走ったのは5年くらい前だろうか?
CP5の建物を発見し右下の文字を読もうとするが、ちょうど日光が差していて、読みづらい・・。
P3151245.jpg
なんとか読んで安心していると、女子チームも到着。登坂だったのに、もう追いつかれたのが意外でした・・。
「どうしてこんなトコで立ち止まっているの~?」と言われたので
「逃げろっ!」と立ち去り

CP6の馬頭尊はその存在をぼんやりと覚えており、スムーズに到着。
P3151246.jpg
そういえば僕ら、3人とも青い服だったなw

CP7は丁目石。直近から林道を迂回するか、直接担ぎ上げるか。
林道から尾根は見えるし、ジグザグに登る踏み跡を見つけたので尾根まで担ぎ上げて、スムーズに発見。

CP8への道は地図だと2本ある。北側の走りやすい廃道トレイルを下ります。
P3151248.jpg

CP8、僕はなかなか現在地が把握できずに苦労しましたが、ヒュウさんが発見!僕一人だったら、発見できなかったと思うな。

そして運命の選択。
CP9へのルートは大きく分けて3つ。
 ①CP8から担ぎ上げて尾根の舗装路へ。
 ②CP7まで押上げで戻って同じく尾根道へ
 ③県道まで下って、林道を登る大回りルート。

さて、我らがチームはどれを選んだでしょうか?

守りは最大の攻め!
もちろん③ですっ!
常に安全策の分かりやすい大回りルートを選ぶ僕ら。オ・ト・ナ♪
尾根の舗装路までの担ぎ上げはかなり急だし、尾根の舗装路もアップダウンがけっこうあった気がしたのです。
チーム200歳パワーズは僕らよりもオトナなのに、ワイルドなルートを選んだみたいだけど・・

馴染みの林道をキコキコ登る僕ら。
P3151250.jpg
この時、ヒュウさんはだいぶお疲れモード。そりゃそうだ今年2回目のMTBなんだもんw
けっこう長い林道登り。誰にも追いつくことも、追いつかれることもなく、淡々と登りました・・。
すっごい停滞ムードでした
女子チームは追いついてこないけど、担ぎ上げルートを選んだのかな?
最短距離の担ぎ上げと、僕らの大回りルート、どっちが早いんだろ?

まあ順位なんて・・楽しければ何位でもいいよね・・とCP9に到着・・

しかしそこには再び驚愕の景色がっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top