二枚の地図

2014.07.27 (Sun)
普段の山行の際、地図は定番の「山と高原」を使っている僕。

先日某大手スポーツショップで「ワンコイン地図 塩見岳・赤石岳」が売っていましたので、試しに購入してみました。

P7132061_20140726212130e53.jpg
A3サイズの耐水紙(縮尺52000)と山頂からの展望図と山行予定表の3点。地図の裏面は、表と全く同じ地図が白黒になったもの。
この地図にはルートとコースタイムと小屋の場所の記載のみ。

でも山と高原なら、水場の有無(これ大事)や歩く上での注意箇所や展望地の記載がある。

恐らく登山地図でかなりのシェアを誇る「山と高原」地図。これに太刀打ちするには、後発ならではの新しい視野や登山者の視点に立った地図でなければ、誰も買わないのではないでしょうか。

山と高原の地図は900円。このワンコイン地図には、価格以外に「山と高原」に勝るものはないと思います。特に水場と危険箇所等の記載がないのは、自分であらかじめ調べて書き込め、ということなのかな?

塩見岳赤石岳&悪沢岳を登る際に、この地図を使用して見ました。
「ワンダーフォーゲル」という雑誌の付録の地図も、一緒に持って行き、二つを見ながら登ったのです。
コースタイムって、地図によって多少違いますねw

塩見岳からの展望図で山座同定したかったけど、天候が悪くって何にも見えなかったのが残念w


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top