スカイラン@双六・鷲羽岳~1

2014.09.06 (Sat)
クリップボード01
今年初の北アルプス。仕事を終えて帰宅し、夕食&お風呂を済ませ、一路岐阜県新穂高温泉へ。
約5時間かかって到着。平日なのに駐車場がほぼ満車なことに驚きました。みんなヒマなんだねw

今回は登山だと二泊三日のロングコース。日の出前に出発&日没後に到着の予定。しかしヘッドライトでトレイルを進むのはできるだけ避けたい。道迷いの可能性を排除するため、初見のところを夜間走行はしないようにした。僕は綿密に計画を立て、登山口に至るまでの林道区間のみをヘッドライトで走行するタイムテーブルを作成した。
新穂高から弓折乗越は一度走ったことがあるので、もし遅れてしまっても多少は安心だ。

駐車場で2時間仮眠して、寝坊せずに起床。もっと寝ていたかったケド
しかしいつものように、準備にモタつくw

真っ暗な林道を走っていると、後ろから爽やかなトレイルランナーが追いついてきて、歩きながらアルプスのトレランの話しで盛り上がりました。スタートの遅れ&このトークで、出だしからタイムテーブルより遅れてしまいました。結局予定なんてそんなものですよねw

P9030212.jpg
手前の焼岳、奥に先日ダウンヒル・エンデューロレースの開催された乗鞍岳。エンデューロとは言ってもリエゾン含めて1時間くらいだったのかな?僕は丸一日山を走るほうが好きだな。

林道を終え、弓折乗越へ。
P9030223.jpg
ここ最近ガスってばかりのトレランだったけれど、今日は晴天!景色が良いと楽しさ倍増♪

P9030229よつばしおがま
ヨツバシオガマ。

昨年の笠ヶ岳の時には断念した双六岳を目指します。

P9030253_201409060926015eb.jpg

双六小屋が見えてきました。ステキな立地ですね。左に行くと双六岳、右に行くと樅沢岳。奥に見えるのが、目指す鷲羽岳。日帰りでは難関と言われています。

P9030264.jpg
確かに遠いぜ、鷲羽岳。しかし、諦めずに歩を進めれば辿り着くことを知っています。
今回は12時間を超えるロング山行なので、ペースを上げずに淡々と進みました。心拍は80%未満のLSDペースをキープ。ゆっくりですが、疲れない。

双六岳に着くころには・・いつものようにホワイトアウツッ!
P9030267.jpg
あ~何も見えね~w

景色は見えなくても、花は見えるぜっ!
P9030280いわぎきょう
イワギギョウ。

P9030279.jpg
富山・岐阜・長野にまたがる三俣蓮華岳。天気が良ければ「日本最後の秘境・雲の平」が見えたのかなあ。雲の平、来年行こうっと。

ここまで予定より約30分の遅れ。しかしここまで来たら、鷲羽岳は目指そう。タイムの遅れは、下りで取り戻す自信があるっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top