26と27.5の違いについて、今こそ語ろう。

2014.11.16 (Sun)
今年の6月に27.5インチホイールが入るように、リア三角を改修した僕のクロモリオーダーフレーム「アンカライト」

P6281992.jpg

しかし夏はスカイランばかりであまりMTBに乗っておらず・・。そんな状態では、26と27.5の違いなんて分かりませんでした。
最近それぞれのホイールで同じトレイルを走ったので、違いを体感しましたよん。

比較対象の僕の26インチホイールは8年前に買ったXTR。何世代前なんだろ?
この前買った27.5ホイールはXTグレードです。

当然重さはXTRの方が軽いです。

一番の違いは、27.5のグリップの良さ。履いているタイヤは26はクロスマーク、27.5はアーデントレース。新しい・古いの差もあるし、タイヤの性能の差もあるでしょうが、27.5はグリップいいですね。インナーローでギリギリ乗って行ける登りや、急斜面の下りでも26とは違います。
あとは根っこや段差も27.5は多少楽。

27.5のデメリットは、やはり取り回しが悪い気がしますね。そりゃそうだよな。だって単純に大きいんだもんw
重いのでジャンプもしづらい。
タイヤの径が大きいから舗装の登りで漕ぎが重いのは仕方ないですな。

僕は背が低いので、担ぎだと27.5は前輪が地面に当りそうで邪魔。

担ぎのあるような山ツーでは26、スムーズなトレイルでは27.5と使い分けていこうっと。

そういえば、6月にはやたらと漕ぎが重いと思っていた27.5。原因はブレーキが擦っていましたw
しげ田くんに教わってキャリパーのスペーサーを調整したら擦らなくなり、漕ぎも軽くなりました。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top