トレラン@強風の蛭ケ岳

2014.12.04 (Thu)
PC030161.jpg

今の時期、日が短いので行く山に悩むことが多い。
こんな冬に行く山域と言えば神奈川県「丹沢」。

夏に丹沢には行かない、絶対に。
なぜならヒルがいるからなのです。「蛭ケ岳」って名前がすでにヤバイでしょw

クリップボード01
今回のルートは青野原に車をデポし、バスで東野へ。東野登山口から丹沢主脈へ登り、蛭が岳へ。復路は黍殻山、焼山と経由してデポ地へ戻る、というプラン。

去年の2月には焼山から蛭ケ岳へのピストン山行をしたのですが、雪が膝下まであり、走れず・・。今回は雪はナイな。

登山口には・・
PC030127.jpg
ヤマビルよけが常備されておりますw

丹沢にはヒル以外にも特徴があります。
それは・・
PC030128.jpg
整備が行き届いている、ということ。
この看板も距離まで書いてある。

PC030139.jpg
砂防ダムの迂回ルートの階段には、なんとカーペットが敷いてあります!
こんなの始めて見ましたw

PC030140.jpg
当然、分岐にも案内アリ。
ホント親切。

PC030147.jpg
登山道保護のために麻縄のネットもあり。

PC030148.jpg
アップにするとこんな感じ。
手間がかかっています。

他にも鹿避けの柵もたくさんアリ。木道&階段も整備されています。

PC030149.jpg
丹沢の特徴と言えば、霜柱。海からの水分を含む風のせいで、立派な霜柱が出来るらしいです。

PC030152.jpg
ステキなトレイル。正面には富士山!

PC030153.jpg
姫次から見る富士山。絵画のようw

PC030167.jpg
階段でガンガン標高を稼ぎ、

PC030172.jpg
神奈川県最高峰、蛭ケ岳山頂。標高1672m。
昨日も書きましたが、風が冷たくて強かった。富士山をカメラに収めようとすると、風で身体が煽られる・・。体感気温はマイナスだろうな・・。
丹沢って、いつ来ても強風なイメージw

PC030174.jpg
山頂からは甲斐駒、白峰三山が見えました。しかし風が強くって景色をゆっくり見ていられないっ!w

あとはバビュンと下山。予定より1時間以上早くデポ地に着きましたw
距離約25キロ、累積標高1700m、消費カロリー2700kcal。水は1ℓくらいしか飲まなかったなあ。
寒かったけれど、富士山がキレイに見えてヨカッタ♪

次はどの山に登ろう、早く冬至過ぎないかなあ・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top