トレラン@八ヶ岳(赤・横・硫黄)~その1

2015.05.18 (Mon)
昨日は八ヶ岳にトレランに行ってきました♪
八ヶ岳がどういう山かといいますと・・

10649677_1938135911_139large.jpg
この背景に写っている、イワイワした山なのです。(一昨年の火曜イン富士見の写真、懐かしいなあw)
こういうゴツゴツして怖そうで走りにくそうな山は、僕のテイストじゃないんだけど、行ってきたよ。

クリップボード01
前日買った「山と高原地図」も忘れずに持ちました。
美濃戸口の八ヶ岳山荘に車をデポし、御小屋尾根~阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~デポのルート。
今回、僕が八ヶ岳に行こうと思ったのは、高い山なのに、もうアイゼン不要だということ。南アルプスの山はまだ雪あるのに、八ヶ岳は雪解けが早いんですね。
もう一つは、八ヶ岳と白馬岳にしか咲かないツクモグサが開花しているらしいので、見てみたい!と思ったからなのです。

0.jpg
こういう花らしい。

諏訪の御柱祭の御神木を切りだす御小屋山を経由して、まずは阿弥陀岳を目指す。
途中「犬返し」というデンジャラスな場所を通過・・。
P5170042.jpg
生まれたての子鹿状態でクリア!w

P5170045.jpg
阿弥陀岳山頂。今日は快晴で気分がイイ!
奥に見えるのが八ヶ岳最高峰の赤岳。八ヶ岳も赤城山や箱根山と同じく、その名を冠する「八ヶ岳」と言う山頂はないのです。

P5170047.jpg
山頂から南アルプスがバッチリ。南アと標高はそんなに変わらないのに、雪の量が全然違う。

P5170050.jpg
左を向けば赤岳から横岳へと繋がる稜線が見えます。こういう景色見ると、オラぞくぞくするっ!

P5170051.jpg
赤岳、デカくてゴツゴツしてるな・・。進むべきジグザグなトレイルが、はっきりと見える。

阿弥陀岳あたりから岩場クサリ場が増え、ペースが落ちてきている。ビビリなので、ガクッとペース落ちるんですよね。通常のハイカー並みのペースだと思う。

P5170075.jpg
赤岳山頂近くになると、岩&クサリ。それほど怖くなかった。

P5170088.jpg
んで本日の最高標高、赤岳山頂到着2899m!
スマホの電波が通じたので、麓でMTBレースに参戦しているN13さんにメールをした。遥かな高みから、下々の者に応援メールですw すでにレース終わって風呂ってたw

だがしかし、僕の山行はまだ終わっちゃいないぜっ!予定より20分ほど押してるしね!w
それなのに30分もたっぷり休憩。だって快晴なんだもんw
基本ダークな僕の山行。今年は晴れなのか?

次に目指す横岳までには「カニの横這い」等の危険箇所があるから、気を引き締めて進んだよ。でもそんなに怖くなかったです。
横岳周辺で、例のツクモグサを気にしながら進みます。このあたりであう登山者はみんな探してます。いきなりオバサンに「花ありました~?」と声を掛けられました。主語がないぞ、主語が!
1輪だけ見つけた方がいて、この先の岩場にあるよ、と言われたのですが、見つけられませんでした・・僕の目って節穴・・w

でも・・午後になっても快晴、景色サイコー!
P5170120.jpg
大同心(突き出した岩)越しの硫黄岳!

P5170126.jpg
硫黄岳へのキレイな稜線。真っ平。
花見れなくったって、景色いいからイイモン!w

P5170131.jpg
前日買った地図には「7つのケルンに導かれて進む」と書いてあった。
ちっこいケルン入れると7つ以上あったような気がしたよ。

もう少しで硫黄岳。そこから先は下りのみだ。ほとんど走れていないので、足は十分に残っている。予定より30分ほど遅れているが、大丈夫そうだ。
と、思っていた。しかしこの後、アクシデンツが僕を襲うっ!


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top