トレラン@八ヶ岳(赤・横・硫黄)~その2

2015.05.20 (Wed)
P5170137.jpg
そして硫黄岳山頂に到着!とても広くて平らな山頂です。

P5170132.jpg
ダイナミックな爆裂火口です。

P5170134.jpg
遥か下にある雪の上にトレースが見えます。火曜メンで行った、本沢温泉の野天風呂への道かな。何年前に行ったんだっけな?楽しかったな~。

山頂でおやつ休憩。予定より30分遅れているけれど、あとは下り基調なのでなんとかなりそうだ。

P5170150.jpg
赤岩の頭分岐で、硫黄岳を振り返る。このあたりは雪が残っているので、土の上を進んだ。


P5170152.jpg
しかししばらく進むと、樹林帯の積雪ゾーンへ。
アイゼンなしで行けるという情報だったのになあ。雪が深くて踏み抜くと足が全部埋まる。
メジャールートなのに、トレースもない。
ヘンだな、と思いながらGPSをチラッと見て、さらに進む。

雪の斜面が急になってきたので、さすがに変だと思い地図&GPSでルートをチェックすると「積雪期立ち入り禁止」の山方向に向かうルートミス。
危なかった・・。「何か変だな」と思ったら、しっかり立ち止まってルートチェックをしないといけませんね、反省。

先ほど通過した赤岩の頭の分岐まで戻ると・・
P5170154.jpg
こんなでっかい案内があるじゃないか!w
ココを左に行くのが正解ルート。雪を避けていたため、見ていなかったのです・・。

P5170156.jpg
この雪壁の向こうに行かなければならない・・。
ヤバい・・僕の装備では厳しい・・と思ったら・・

P5170161.jpg
ステップが切ってありました。高さは2メートルくらい?チェーンスパイク着けたけど、必要なかったw

先ほどのルートミスで40分ロス。合計で予定より1時間以上遅れている・・。
赤岳鉱泉から先の林道は、ライトを使うことになるかもしれない・・。

P5170162.jpg
この先にも若干雪があり、ペースは上がらず・・。
でもそれほど疲れてもいないし、ケガもない。焦らず下ろう。

P5170167.jpg
赤岳鉱泉に到着。ここはとても大きい山小屋ですね。

P5170168.jpg
人工のアイスクライミングタワー「アイスキャンディ」も溶けております。

お昼に赤岳山頂でお会いしたご夫婦と、ばったり再会。下山ルートを教えて頂きました。このご夫婦もツクモグサは見られなかったそうですw

P5170169.jpg
赤岳鉱泉からの下山の際、小屋番の方と一緒になりました。空の背負子を背負っていたので、山を下りて歩荷するみたい。
その小屋番の方、歩いているだけなのに、早いっ!
しかも登山道にゴミが落ちていると拾っているのに早い。
僕が流して走るのと同じくらいのペースでスタスタと歩いて行きます。プロはスゴイな~。
道を譲られてしまったので、いつもより頑張って走りましたw

おかげで赤岳鉱泉から約1時間で美濃戸口のデポ地まで走り切ることができ、日没に間に合うことができました。

今回の八ヶ岳縦走は、僕にしては珍しく1日中好天に恵まれました♪
ツクモグサを見つけられなかったり、ルートミスしたりしたけれど楽しい山行でした。
距離約23キロ、累積標高約2000m、消費カロリー4100kcal。

八ヶ岳のコトを通の人は「やつ」と呼ぶみたいなので、僕もこれからは「やつ」と呼ぶよw
P5170142.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top