ついに杖を突く

2015.08.17 (Mon)
火打・妙高と鹿島槍・爺ケ岳と2週連続で山に登っている僕。
以前から気になっていたアイテムを使用して登りました。

それはコレ。
P6250335.jpg
ブラックダイアモンドのディスタンスカーボンZ!
トレラン用のストックで、定番の商品。今年モデルチェンジの新型です♪

シナノのトレランポールと迷いました。アルミのシナノを買うつもりだったのですが、シナノは折り畳み方が四つ折り。コンパクトになりすぎて、ザックの収納スペースにはまらないので、三つ折りのカーボンzにしました。

P6250334.jpg
長さは110cm。重さはわずか285gです。

昔は「ストックなんて、老人の使うモノ」という偏見を持っていた僕。
でもアルプスを登ったり、ロングなトレランを走る人は、ストックを使用している人が多い。ヨーキさんもいつも持って登ってる。
去年のハセツネを完走した人に、ストックのコトを聞くと「使うと4本足になって安定する。」「ストックがなかったら、完走できなかった。」という言葉を聞いて、いつか買ってみようかな、と気になっていました。

6月の仙丈ケ岳でストックを使用してすごいスピードで登って行くランナーを見て、「早い人が使っているのに、遅い僕が使わないでどーする。」と考えて購入しました。

前述の2回の登山で使用しましたが、うまく使いこなすのは、なかなか難しいですね。ストックの突く位置ばかり見てしまうので、地面ばかり見ている気がします。
それに腕や肩まわりが疲れる・・。
登りでしか使用せず、下りで使う気はないのですが、早く慣れて使いこなしたいです。
何かコツってあるのかな?


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top