アルファドライ エンデュランス キャップ

2015.08.21 (Fri)
夏のトレランで、森林限界を超えた稜線を走ると、直射日光がスゴい。
特に首元が日焼けすると、スタミナも削られる気がする。

真夏のスカイランでは、ぐるりとひさしがある、ハットを被ることが多い僕。
しかしハットでも首元に陽は当たってしまいます。
老人ハイカーでタオルを帽子の下に被っている人が多数いますが、アレはちょっとスタイリッシュじゃないw

ベースボールキャップで、後頭部部分にサンシェードが付いているキャップが欲しかったのですが、どれもイマイチなデザイン。被ると〇国陸軍の軍曹みたいになってしまうw
しかしその中でもCW-Xとノースフェイスのモノは、なかなかかっこいい。

P6250333.jpg
ノースフェイスのエンデュランスキャップを購入。サンシェードは取り外し可能です。
僕の写真では形がわかりませんねw

36851137.jpg
こんな感じです。

コレで山行に行きましたが、イイですね。首元を全く気にしなくていい。サンシェード部分にもメッシュが多用してあるので、軽くて風通しも良いです。以前購入したモンベルのクールスクリーンは風が抜けないので、イマイチ涼しくなかったのです。

まあ僕が何被ってもスタイリッシュにはなりませんが・・。
太陽を背にして山を登っても、このキャップなら首元を守ることが出来そうです♪

どんどん日が短くなり、夏の終わりが近づいているのを感じます。今年はあと幾つの高峰を登ることができるかなあ。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top