分水嶺トレイル~9 重き荷を下ろす

2016.08.07 (Sun)
いよいよTJAR始まりましたね~。分水嶺より何倍も大変なレース、頑張って下さい!

信州峠で休憩し、いよいよゴールを目指す僕ら。横尾山までは300mほどアップして、あとはアップダウンが続きますが、もう大きな登りはありません。
信州峠を午前7時10分に出発。最終日はどうやら快晴の模様。陽射しが強力です。思えば一日目二日目と薄曇りで湿度はやや高いものの、気温は高くありませんでした。暑がりのトラ山さんと僕は、初日からカンカン照りだったらリタイアしていたかもね、と話をしつつ進みます。

KIMG0527.jpg

疲れた体に陽射しがキツイ。横に尾根が長い山、それが横尾山w
なかなかピークにたどり着きません。登り返しがあると、そのたびに休憩。
80%の70分で横尾山に着く予定が、85分かかりました。

このあと「豆腐岩」や「槍」を通過しますが、もうどうでもいいw
早く下山して、ザックを降ろして靴を脱ぎ、お風呂に入りたい。

誰にも追いつかないし、誰にも追い抜かされない。信州峠からは、僕ら3人で進みました。
クマザサ生い茂る箇所で、3人でバタリと倒れてクマザサベッドで休憩・・。
するとすぐに後ろから人の声が・・。
今まで誰も来なかったのに、横になるとすぐ人が来るなんてねえw

追いついてきたのは、M美さんでした。こんなところで会うなんてw

しばらく歩き、再びクマザサベッドで休憩・・
すると今度は女性のソロの方が後ろから来ます。
休憩するとすぐに人が来るのは、どういうワケだ? 神様が休憩するな!って言ってるんだな、きっと。

僕は早めに立ち上がり、二人に「さ、行きますか?」と声を掛ける。この暑さだとトラ山さんの水が危うい。なくなる前に下山したい。
しかしお昼が近くなり、気温も上昇。登りでは数歩進んで止まるの繰り返し。
十文字峠からの階段登り、タカサンはだいぶ辛そうだ。距離は短いが急な階段が続くのだ。ゴールまではもう少し。

KIMG0529.jpg
飯盛山が見えて来た!
もうすぐだ!ホントにもうすぐ!

KIMG0530.jpg
僕ら3人は足質が良く似ていた。登りはそれなりw でも下りでは足に疲労を残さず、スタスタと歩くことができるのだ。急な下りで膝に負担がかかるような場面でも、最後までいいペースで歩くことが出来た。
登りではコースタイムを越えてしまっても、下りである程度挽回することが出来る。

KIMG0531.jpg

あの飯盛山手前のコルが、最終連絡地点だ。
来た。あと30分ほどでゴール。僕らは来たよ。

トラ山さんが午後1時を目指してみようか、という。今は12時半。ちょうどいいペースだ。
遊歩道のように歩きやすい、飯盛山の登山道をスタスタと下山する。
あとで知ったのだが、トラ山さんは、もう水がなくなっていたらしい。タカサンもだっけな?
僕はトラ山さんの水切れに備えて、自分のボトルの水を残していたのに、トラ山さん言ってくれないんだもんなあw

以前3人で試走し下山した時、「ゴール手前で泣いちゃうかもね」と話していたのですが、3人ともあまりしゃべらずw
僕はトラ山さんやタカサンに少し話しかけてみるけど、会話進まずw
きっと噛みしめつつ下山していたのですね。

13692167_1722861191319777_775590636_o.jpg
12時56分、ゴール。
一昨日の午前11時にスタートし、50時間かかりました。ラストは予定の80%よりも早く歩けていました。
長かった・・。

完走の確率は五分五分かなあ、と思っていましたが無事にゴール出来ました。3人ともケガや体調不良もなくがんばりました。
僕が一番きつかったのは、時間。「真綿で首を絞める」とは、こういうことなんだろうな、と思いました。

ゴール直後に、酔っぱらったM美さんに「来年も出る?」と聞かれ
「今は考えたくない」と僕は答えましたw
トラ山さんとタカサンも、来年は出ないとのことw

P6110079.jpg

駐車場で待っていてくれたよこし~さんと合流。
3人ともザックを降ろし、靴を脱いで地面に座り込みました。よこし~さんはコーラやスイカ等を用意してあります。
素晴らしい旦那さま持ちましたね、タカサンw
こんな気の利く人が世の中にいるんだ、と感動しました。

少しして、チームUTKもゴール!若干1名号泣の、感動のゴールでしたよw
ケイコさんがゴール後に主催者の武田さんに「何回やめようと思った?」と聞かれたそうですが、やめようとは思わなかったそうです。そういえば僕も止めようとは思わなかったなあ。

あきらめないこと。どんな事態に直面してもあきらめないこと。結局、私のしたことは、それだけのことだったのかもしれない。

達成感と、もう終わったという安心感。両チームともゴール出来て良かったです。
トラ山さん、タカサン、本当にありがとうございました。
トラ山さんのペース配分、休憩時間やタイミングのすべてが正しかった。

チームUTKのうっちさん、たーさん、ケイコさんおめでとうございます。やりましたね~。
そして飯村さんを始めスタッフの皆様、参加者の皆様、一生忘れないレースありがとうございました。
トラ山さん&タカサンにサプライズビバークを仕掛けられ、ダブルザックにニセ札事件と、イベントでは完全に負けていたなあ・・w

レースが終わって3週間。来年出ようとは思いませんが、二泊三日で違う山域のレースだったら出てみてもいいかもw
長々&ダラダラとした分水嶺ブログ、読んでいただいてありがとうございました。

KIMG0494.jpg
無事にカエル


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top