初めてのハセツネ~2 「無補給ラン」

2016.10.12 (Wed)
第二CPで20分ほど休憩しても、胃の調子は回復せず・・。とりあえず次の目標は御前山!
眠気や足の疲れ等は一切ない。ただひたすら「胃が気持ち悪い」
他になにも考えられない。僕の人生において、こんなに「胃」のことを考え続けた時間があっただろうか? いや、ない。

御前山山頂でも10分ほどベンチに横になるが、回復せず。
御前山からの下りの段差が、胃に来ます・・。

大ダワに到着。リタイアの人が多数いました。僕はここでも10分以上道路に横になりますが、回復せずw
あとは大岳山の登りがラスボスだ、先に進もう。

大岳山山頂では岩に座って休憩。
休んでばかりだ。全然走れないし・・。情けない。
大岳山からの下りも胃に来る。
数えきれないほど、空嘔吐。もうやだ。

御嶽山ではトイレに寄り、顔を洗う。
すぐに第三CPの長尾平。ここでは休憩をガマン。どうせ横になっても回復しない。早く下山して休みたい。

日の出山には、日の出前に到着。当初の予定では、ここでコーヒー&パンで朝食を食べながら日の出を見るはずだった。

KIMG0591.jpg
写真では撮りきれていないけれど、東京の夜景がきれいだった。ホントにきれいだった。

水もジェルも、飲むと戻してしまいそうになる。「一口」よりも少ない量を舌の上に載せて口に含むことを繰り返して、脱水とハンガーノックを防いでいる。

日の出からの金毘羅尾根は、10回以上走ったことがある。気持ちの良いトレイルだ。
走りやすいトレイルなので、ちょっと走ってみたりする。すると5分起きに空嘔吐w
もう涙目w
冷静に見るとね、コントですよw ちょっと走っては木にもたれかかって「ヴぇえ~」ってやってるんだもん。
でもあと少しだ。早くゴールして、早く横になりたい。

ずいぶん前にザックにしまっていたタイムスケジュールを確認すると、少し頑張れば当初の目標時間に間に合いそうなことが判明。
よし、モチベーションをコレで上げよう!
どうせ飲まないソフトフラスクの水1ℓは捨てました。
オェオェ言いながらも、走れる区間は走る。かっこ悪かったなあw

トレイルが終わって、舗装路へ。沿道の応援の人にばれないように、空嘔吐しつつ進みますw
あと少し!のところで、ザックから食べもしない補給食が落ちる! 
急いで拾う。あと数分なのに、これでタイムオーバーはイヤだなあ。

足は残っているので、舗装路を飛ばしてゴール地点の五日市中学校が見えてきた!
校庭の角を曲がったところからスタートしたから、もう少し距離がある。間に合わないかも、と思ったら・・
ゴールゲートが手前に移動しているっ!そうか、スタートとゴールは少し場所が違うのねw
道には応援の人がたくさん。えっ!ゴールラインってどこなの?と戸惑う間にゴール。目標の1分前に無事ゴールでした。

オールスポーツさんに、感動のゴールシーンを撮影してもらおうと思っていたのに、ゴールの瞬間がよくわからないままのグダグダゴール。写真買わないな、たぶんw

今まで出たレースの中で、一番辛かったです。胃をやられるって、ホントに辛い。飯村さんスゴイ。
第二CPで水を補給してもらってから、ゴールまでの約7時間で300ミリリットルも飲んでいません。
人間って、水飲まないでも走れることが分かりましたw

KIMG0592a.jpg

完走(完歩)できて良かった。けど走りたかった。また機会があれば、走りたい。
スタッフ、ボランティアのみなさま、長時間ご苦労さまでした、ランナーよりもずっと大変だと思います。
ありがとうございました。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
こんにちは!僕もハセツネ走ってきました。最初暑くて、後半は寒いというコンディションでハードでした・・・
けど、クセになる中毒性があるから不思議です。おたがい山遊びを楽しみましょう!
| 2016.10.13 08:51 | 編集
初めまして。コメントありがとうございます。
雨は小雨で済みましたが、気温差は激しかったですね。

僕も胃腸対策を万全にして、再度チャレンジしたいですね。
不可止 | 2016.10.13 19:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top