フリードプラスに試乗してきたけれど

2017.02.13 (Mon)
KIMG0729.jpg

先日、ホンダのフリードプラス・ハイブリッドに試乗してきました。
ます確認したのは、当然荷室の広さ。

車中泊で使っているマットを持ち込み、実際に荷室に広げさせてもらいました。
タイヤハウスよりも上に床があるため、横幅はグッド。
でも縦の長さが、僕のモビリオスパイクよりも短い。シートを前方に移動させれば長さは出るのですが、できれば動かしたくないのです。
縦が若干短い原因は、スパイクとはリアシートの収納の収納の方法が異なるためです。スパイクはリアシート全て床に沈んでいましたが、フリードプラスはリアシートの座面が、前方の座席の背面に付きその厚み分、荷室の縦の長さが短くなります。

そもそもフリードプラスのカタログにも「フルフラット」という言葉は出てきません。けっこう段差があって、スパイクユーザーから言えばフラットとは言えませんね。
スパイクはワンアクションでリアシートを畳めるのに、フリードプラスはダブルフォールディングと言って、ツーアクションで畳みます。さらにリアシート背面にボードがバックルで固定されていて、そのバックルを緩めてボードを荷室に敷きます。スパイクと比べてメンドクサイ・・。
なんでこんな仕様にしたんだろう。

車いす車両と共通の造りにしているので、後部荷室も中央が掘り下げられていて、その上にボードを敷いてフラットな荷室を生み出す仕様。よって床が上がるので、スパイクよりも荷室高が低くなっています。
荷室についてはスパイクよりも使いずらくなった、と僕は感じました。

運転した印象は、ハイブリッドらしくない感じでした。モーターだけで走行することは少なく、エンジンとモーターで走行。トルクは当然スパイクよりも上。音も静かでした。
デジタルメーターは慣れないので見づらい。そもそもメーターの位置が前すぎ。
アームレストがめっちゃ細いw
前席がウォークスルー仕様のため、座席間が空いている。スパイクはベンチシート。このサイズの車でウォークスルーって必要なのかな。
外見も丸みを帯びてて、あまり好きなデザインじゃないなあ。

あと値段ね・・。スパイクは車両価格150万くらいだったけれど、フリードプラスハイブリッドは250万以上。車って、高くなったんですね・・。

と文句ばかり書きましたが、現在購入検討中・・。このサイズでほぼフラットの広い荷室でスライドドアって、他に選択肢がないんですよねえ・・。
MTBとか車中泊とか考えなければ、FIAT500が一番欲しいなあw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top