ストックシェルターでオートキャンプ

2017.06.21 (Wed)
日曜の里山ツーリングの前に、先乗りしてオートキャンプしてきました♪
ヘリテイジのストックシェルターでの泊りを試してみたかったので、最近テン泊にはまっているN13さんに声を掛けてみました。駐車場脇の草地でキャンプ。

KIMG0849.jpg
N13さんの普通のテントと並べると、ストックシェルターの貧弱さが際立ちましたw
ストックシェルターは110~120cmのストックに対応しているとのことでしたが、僕の110のストックではピンと張れず。もう少し長いストックなら、もっときれいに張れると思います。

どのくらいの気温でどのスリーピングシステムなら快適に眠れるかも実験。
ここ数日では涼し目の気温の中、エスケープヴィヴィにモンベルのウォームアップシーツでまずは就寝。温度は15度でした。
これだと3時間ほど眠ってから、寒くて目が覚めました。今度はモンベルのダウン#3&エスケープヴィヴィで就寝。シェルターのジッパーも先ほどより締めてみました。これで熟睡。

KIMG0850.jpg
シェルター内の気温は17度。結露しまくっていましたw
シュラフは5度以上で快適睡眠との設定、17度で熟睡とは僕は寒さに弱いのかな?

初めてストックシェルターで寝てみたのですが、なかなか圧迫感ありますねw ほんと寝るだけ用ですね。
KIMG0851.jpg
朝食は新しいスキルに挑戦!いつもは「お湯を沸かす」のみの僕ですが、今回は「焼く」に挑戦!
ランチョンミートを焼いて食べました♪ 小さな一歩ですが、少しは前進です。
N13さんは工夫を凝らしたパスタ。さすがオデさんの弟子?

もっとたくさん幕営して、「この気温で寝るなら、寝具はこの組み合わせ」がすぐに分かるようになりたいですね。もっと美味しいものも食べたいな~。
慣れれば1分で張れるストックシェルター。今回ダブルウォールテントのN13さんと設営時間がほぼ同じだったことはナイショですw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top