横尾でテン泊して紅葉の涸沢へ~1 オプションで蝶ケ岳!

2017.10.04 (Wed)
ずうっと以前、まだ山登りなんてしていなかったころに雑誌で涸沢の紅葉の写真を見た。目を奪われた。外国かと思ったら、日本の景色だった。テントのモザイク模様もキレイだった。
山登りを初め、穂高&涸沢に行く機会があったが、紅葉の時期は大混雑とのこと。僕が行くことはないだろうと思っていたのだが、今回オデさんとN13さんに誘って頂き、紅葉の涸沢へ行く機会を得た。

金曜夜発で沢渡へ。徹夜で車を走らせる。僕は前日も夜勤であまり寝てないや。駐車場の空きスペースを見つけて準備し、バスターミナルへ向かう。始発のバス待ちの長い列。混雑はもう始まっている。始発のバスに乗り、大正池で下車。

P9300279.jpg
時刻は5時過ぎ、まだ暗い。

上高地まで川沿いの散策路を歩く。
P9300286.jpg
陽が昇ってきた。一筋ピンク色に染まっていてキレイだ。

22236157_1305920836202611_1311738806_n.jpg
それにしても寒い!いつものノースリーブ&短パンではなく、自分としては厚着してきたつもりだったが、やはり他の二人よりかなり薄着だった。歩きだとまったく身体が温まらない・・。立ち止まって写真を撮っていると、どんどん身体が冷える。走れば温まるのだが、「今回は走らない」と決めての旅なのだ。

22219371_1305900092871352_2079286926_o.jpg
徹夜で車を運転したオデさんは、眠くて休憩。僕は寒さに負けぬように行動食をたくさん食べたw

P9300293.jpg
梓川のキレイなブルー。流れが早い。

P9300290.jpg
遠く穂高の峰々が見え始める。

P9300295.jpg
河童橋に到着。上高地バスターミナルはすでにたくさんの人。早々に立ち去る僕ら。手前がN13さんの68リットルザック、奥がオデさんで40リットルのザック。N13さんのザック、デカっす。雨蓋だけでトレランザック並みの大きさだ。

P9300300.jpg
明神岳。天気は最高♪梓川沿いの道をゆっくり歩く。徳澤園のソフトクリーム食べたかったけど、お腹が冷えそうなので辞めました。帰りに食べよう!

KIMG0984.jpg
横尾に到着!涸沢だと夜の気温が氷点下の予報だったので、標高の低い横尾に野営しました。時刻はまだ午前10時半!キャパ100張のテン場はこの時間で半分近く埋まっています・・。
横尾山荘の食堂も混雑していましたが、並んでラーメンを食べました。山小屋で食事って2回目だっけ?時刻はお昼12時。徹夜なので昼寝する案もあったが、散歩することに。

P9300303.jpg

午後4時には夕食の支度をしたい。今から行けそうな場所は、蝶ケ岳方面。山頂は時間的に無理っぽいが、途中の「槍見台」までなら行けそうだ。急坂の登ると槍見台に到着、CT50分を20分で着いちゃった。樹々の間から、槍がチラリw
P9300305.jpg

もしかしてここのコースタイムは甘いのかもしれない!リターンポイントを午後2時15分と決め、蝶ケ岳へアタック開始っ!
トイレに寄っていた二人を置いて先に出発していた僕。明日は涸沢に行くだけなので、先のことは考えずにガンガン登る。しかしなかなかの急坂でペースが落ちて来た時、下の方からストックを着く音が。早い人いるなあと思って見てみると、N13さんだっ!さすが「無限の体力を持つ男」と言われるだけはあるw オデさんは槍見台までみたいだ。
二人でペースを上げて登ると稜線に出たよ!

P9300310.jpg
槍&穂高の絶景!!ここ最近の山行はガスばっかりだったのに・・サイコー!

P9300308.jpg
反対側は安曇野の街が眼下に広がります。

P9300311.jpg
写真撮りまくりです。

P9300317.jpg
瞑想の丘。以前蝶ケ岳に登ったときは、ココが山頂かと思ったw

P9300316.jpg
蝶ケ岳ヒュッテが見えました。広い稜線は小さなアップダウンがありますが、登りはN13さん、下りは僕が引っ張ってペース良く進みました。

P9300319.jpg
槍には興味がない、と常々話しているN13さん。少しは興味持ったかな?w

P9300321.jpg
山頂手前で振り返ると、常念岳から続く稜線が。ここのテン場、風が強そうだけど景色は最高だろうなあ。

P9300323a.jpg
「蝶ケ岳」2677m登頂! 岳のポーズではなく、ラオウだそうですw今回の山行予定では涸沢に紅葉を見に行くのが目的で山には登らない予定でしたが、諦めずに登って良かった。

P9300334.jpg
来た道を戻ります。槍&穂高の絶景ともお別れ。

P9300335.jpg
このあたりの紅葉もキレイです。

P9300336.jpg
眼下に梓川、遠くには乗鞍岳。

P9300343.jpg
横尾に戻り、お昼寝していたオデさんと合流。蝶ケ岳往復、CT6:20を3:20でクリア。N13さん、来年分水嶺完走できるよw
僕も珍しく小屋でビール(レーベンブロイ500円)を買って飲みました♪ ソロじゃないテン泊って初めてですが、こういう時間が良いですね! 山の話しが弾みます♪

P9300345.jpg
今日の夕食はチリコンカン丼です。オデさんも言っていましたが、アルファ米って量が多いw 少ないの出してくれないかなあ・・。

P9300346.jpg
オデさんが豆から挽いたコーヒーを淹れてくれました!しかも豆は僕も行ったことのある「珈家」のもの!贅沢ですっ!
3人で楽しい時間を過ごし、そろそろ日没。オデさんには「テント内につららできるよ!」と脅されましたw

宴も終わり、それぞれのテントへ・・。続きは後日・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top