FC2ブログ

見さらせ!八連制覇~1 GNJ61

2018.06.01 (Fri)
昨日のプロローグ、下山時にずっと考えていた。BBG的な大上段に振りかぶったプロローグだ。先に言って置きますが、今回の山行では「絶体絶命なピンチ!」とか、「あわや遭難!」なんて派手なドラマはありませぬw

4~5年ぶりに夏休み以外に4連休をゲットした僕。ある程度の標高の山を二泊で縦走したい!と山を物色。アルプス行きたいけど、縦走はまだ雪が多い。そこで2週間まえにも登った八ヶ岳を選んだ。雪もほとんどない。
天気予報は初日の夜だけ雨マークで、後は曇り。普段ならこんな微妙な予報では山には行かないのだが、今回は仕方ない。空の都合ではなく、山の状態で登る。標高&距離から選んだ縦走路なのだ。

仕事を終えて長野へ車を走らせる。まずはゴール地点である、蓼科山の登山口にMTBをデポ。今回は八ヶ岳を南から北上する縦走なので、スタートとゴールが離れている。通常ならバス&電車&タクシーを利用するのだろうが、僕は自転車乗り。自分の足で漕いで戻るのだ!

MTBをデポした後、スタート地点の富士見高原へ。ここで3時間ほど仮眠してスタートだ!
二泊分の荷物を詰め込んだザックの重さは約13キロ。普通のテン泊装備の人より軽いのかもしれないが、僕にはだいぶ重く感じる・・。

P5290778.jpg
ニッコウキスゲに見送られて二泊三日の縦走スタート!


しかし最初から道に迷うw 
遊歩道を進んでしまったのだ・・。こんな出だしでこの先大丈夫かのう。

P5290782.jpg
あれがファーストピークの編笠岳か・・。確かに編笠のような形だ。

P5290783.jpg
南アルプスもばっちり見える!アルプスも早く登りたいな。

P5290786.jpg
やっと遊歩道から登山口へ・・。だいぶ時間をロスしたけど、大丈夫!今回の縦走は午後3時過ぎには幕営地に到着する予定のオチャッピー登山なのだ!

P5290788.jpg
鹿よけの柵を越えて、いよいよオンルート!そういえば昨晩運転した時、道路でシカたくさん見たなあ・・。昔より増えている気がする・・。

P5290790.jpg
この看板がルート上に標高100mごとにあり。

P5290799.jpg
苔むした南八ヶ岳らしい風景だ。二週間前にも見たので感動は薄いけれどw

P5290800.jpg
岩々を進むよ。

P5290805.jpg
矢印の先に道は見えない・・飛ぶのか?

P5290807.jpg
頂上が近くなってくると、標高ではなく応援にw はい!頑張ります!

P5290808.jpg
この「もうそこだ!」からが長いっ・・。

KIMG1328.jpg
一座目、編笠山到着!2523m。八ヶ岳って八つのピークの総称かと思ったらそうじゃないらしいですね。

P5290812.jpg
山頂からうっすら富士山。

P5290815.jpg
この岩々を降りて行けば、有名な青年小屋だ。

P5290817.jpg
「遠い飲み屋」

P5290816.jpg
そして「ラブランコ」。でも僕は一人なので乗らなかった。
マスター、酒はいらない、水をくれ。乙女の水をくれ。

冷たい水を補給し、本ルートの核心部に向かうっ!

P5290820.jpg
ギボシも剱岳のような岩峰だ。しかし核心部ではない。

P5290822.jpg
振り返って編笠岳。奥には南アルプス。

P5290831.jpg
二座目、権現岳。2523m。しかしここも核心部ではないっ!

権現の先にあるこいつが核心部なのだっ!

P5290840.jpg
源治新道にかかるハシゴ。通称「源治ハシゴ」。崖に付けられた61段のハシゴだっ!
上から見ると崖は垂直じゃない。すっごくビビッてたけど大丈夫そうだ、と意を決して降りる・・。

P5290841.jpg
足元はこんなに深い谷・・。

怖くない・・怖くなんかない・・。
昔はビルの屋上からリぺリングで下降する訓練を受けていたじゃないか。壁を蹴って数秒で滑り下りてた。そんな特殊部隊の訓練を受けていた僕が、怖いなんてコトが・・。

P5290842.jpg
やれやれ・・。降り切って見上げるGNJ61
長かった・・。精神力の戦いだった・・。
怖くない・・怖くなんかない・・。
ただ・・もう二度と来ないと告げておこう・・。


P5290850.jpg
核心部において、かなりのMPを消耗したが、本日のボス「赤岳」はまだ先。旅は始まったばかりなのだ。

to-be-continued-.png


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top