FC2ブログ

越駒から中ノ岳へ ガマン飯

2019.07.11 (Thu)
P7060954.jpg

枝折峠から越後駒ケ岳へ登頂した僕。
コースタイムが甘々なので、まだ午前10時。よって隣にある越後三山最高峰・中ノ岳を目指すことにした。

越後駒ケ岳から中ノ岳までの往復でコースタイムは約10時間。
僕は考える。
日没は午後7時だが、安全マージンを取って午後6時には下山したい。
越後駒ケ岳まで登り3時間かかった。ならば下りは2時間で下れるハズだ。
つまり午後4時までに、越後駒ケ岳に帰ってくれば、明るいうちに枝折峠まで下山できる。

現在の午前10時から、午後4時までの6時間で中ノ岳まで往復すればよいのだ。半分の3時間後、午後1時をポイント・オブ・ノーリターンとする。ピストン山行とはいえ、夜間山行はできれば避けたいし、下山して新潟名物タレカツ丼が食べたいので、あまり遅くなるワケにはいかないのだ。

P7060958.jpg
中ノ岳までは5キロ。行けるか?

P7060967ツマトリソウ
越駒から中ノ岳のルートも、お花がたくさんだった。これはツマトリソウ。
不倫がらみの花かと思っていたが、妻取草ではなく褄取草
花の縁が彩られていることが由来とのこと。

P7060971.jpg
振り返ると、駒の小屋。そしてその向こうには明日登る予定の乗鞍岳が見えた。

P7060974.jpg
ニッコウキスゲは大きいし鮮やかなので、とても目立ちますね!

P7060977.jpg
途中で登山者に教えてもらったとおり、尾根通しの道でアップダウンが多い。

P7060983.jpg
中央の木の根の露出している尾根を行く。あまり人が歩かないようで、崩れている箇所もあり、歩きにくい。
疲労のせいか、持病のI村病も久しぶりに発症してきた。水分を取ると、リバースしそうになる、アレだw

P7060986.jpg
尖ったかっこいい山がすぐ横に見えた。帰宅して調べると荒沢岳、という二百名山だった。いつか登ることはあるだろうか?

P7060987.jpg
目指す中ノ岳。まだアップダウンがあるなあ・・。
人生マックス体重にあと300グラムと迫っている僕。ペースが上がらない・・。
1時までに山頂にたどり着けるだろうか?この尾根は歩きにくくて、ちょっぴり怖いので不安になってくる。

P7060995.jpg
でも諦めずに歩けば着くハズっ!

P7060998.jpg
中ノ岳避難小屋だ!目指す山頂はもうすぐ。
のんびりと景色を眺めている人がいた。聞くと今日はここに泊まるのだという。

P7060999ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラが、小屋の近くに咲いていた。面白い形をした花びらだなあ。

P7061001.jpg
越後三山最高峰・中ノ岳登頂っ!2085m。二百名山でもある。
時刻は12時52分。引き返すことになるかと思った。ギリギリだったな。

DSC_0512.jpg
山頂には山座同定盤があった。

どれどれ・・あの山は・・

P7061004.jpg
白じゃねえか!
風が強くて、どんどんガスが上がってくるうw

I村病の症状が軽いのでお昼を食べる。座ってお湯を沸かし、カップヌードルSIOを食べている間にも、晴れたりガスったりだった。
でも中ノ岳まで来れて満足だ。

P7061006.jpg
食べ終わったら、来た道を戻る。
またあの尾根道を行くのか・・。

P7061007.jpg
だってあの細くて岩&根っこの尾根を行くんだよ?w

P7061010ハクサンシャクナゲ
ピンクの差し色がキレイな、白山石楠花。

P7061030.jpg
予定通り、午後4時に越後駒ケ岳に戻ってきた。山頂直下の雪渓を下る。

P7061031.jpg
駒の小屋で一休み。小屋泊の方たちは、夕食を作っている。
僕はこれから下山して、タレカツ丼を食べるんです。

P7061043.jpg
だいぶ下ってから振り返る。山は雲に隠れようとしてる。
ありがとう、新潟の山は花がいっぱいのステキな山でした。

DSC_0513.jpg
ラーメン休憩の時間&下りでペースが伸びなかったせいもあり、午後7時枝折峠に下山。
よかった日没に間に合って。

コースタイムが甘いとはいえ、CT20時間オーバーを12時間で下山した。
修羅の道だった。がんばったぞ、オレ。

ささっと温泉に入り、ご褒美のタレカツ丼を食べようじゃないか。
地元で有名なお店を調べてあるんだ♪


DSC_0514.jpg
ほうほう

ふむふむ

そういうプレイね・・。

土曜の夜9時前に、もう閉店しているのね・・。



こうして僕の新潟遠征1日めは終わったのだった・・。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top