雨天の幕営と丸太橋とお茶づけと象。

2016.06.28 (Tue)
map.jpg
先週木曜日の山行を書きます。忙しくて書く暇がなかったのです。
もう細かいこと忘れかけてるから、箇条書きで。
コースは瑞牆小屋から富士見平小屋で幕営、瑞牆山から不動沢、信州峠で獅子岩までのコース。

先日のブログにも書きましたが、初めての幕営は雨。翌日のお昼には晴れる予報だったのに、ずっと雨・・。結局下山してからすげえ晴れてたw

シェルター設営時、荷物が雨に濡れまくる。そっか、設営途中でも、シェルターの中にとりあえず荷物入れればヨカッタんですねw

以前瑞牆山に登った時にに遭遇したことがあるので、良い思い出のない山。しかも今回は雨天。
でも遭遇しなかった!
KIMG0458.jpg

KIMG0460.jpg
瑞牆山山頂到着時は雨も収まりつつあった。この時はまだ「お昼にはやむ」と信じていた。

KIMG0462.jpg
ワイルドな一本橋。雨だとさらに怖い・・。

13509388_1713065845632645_1641831888_o.jpg
対岸から「笑って~」と言われても、笑えないっす・・。

アルファ米はお湯を入れて20分、水だと60分もかかる。そんなに休憩していられないけど、暖かいモノが食べたい。
川で「白米」に水を入れ、60分後に到着した信州峠で、ジェットボイルでお湯を沸かして永谷園のお茶づけを入れて食べた。これなら休憩時間も短く済むし、美味しかった!

信州峠から横尾山までは実線ルート。
KIMG0466.jpg

ここから先は破線ルート。ですが踏み跡がしっかり着いていました。さらにその先で、地図読み区間。トラ山さんはココを知り尽くしているので、僕が地図読みにチャレンジ。アドバイスを受けながら進みます。地図読み、やっぱり面白い!
同じく地図読み好きなタカサンと交代しようとしたら・・
タカサン、おめめが見えないのでできないとのこと・・。僕にもそんな日が来るんだろうなあ・・。

10日前にも来た、清里・飯盛山。あの時は一人だったけど、今回は3人で無事に歩き切りました。全く走らなかった。
KIMG0472.jpg
むっちゃ逆光のゴール写真を、記念にアップしますw 夜じゃないよ、夕方4時です。
何のトラブルもなくてヨカッタ。

距離は約23キロ、累積標高1500ないくらい。トータル時間は11時間。それほどのコースじゃないのに、達成感があります。
初めての幕営、雨天の長時間の山行。収穫の多い山行でした。

もうひとつ収穫あり。
タカサンがザックに着けていたスマホケース。マムート製で黒と赤がカッコイイ!
聞くと、ビーパルの付録とのこと・・。

KIMG0480.jpg
僕もゲット!w


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 秩父 | Comment(0)

甲武信ケ岳で火をつけて

2016.06.06 (Mon)
雁峠から甲武信ケ岳への縦走中、破風山避難小屋からの続きを・・。

P6030048.jpg
コイワカガミ。6月になり、花も増えてきましたね。夏に花の名を少し憶えては、冬には忘れるの繰り返しを毎年・・w

甲武信小屋ではトイレをお借りしました。100円です。
P6030053.jpg
小屋からはギターの音色が聞こえてきました。
以前テレビで、ここの小屋番さんがギターを弾いているのを見たことがあったので、その人なんだろうな。イイ感じですね。僕も乾杯くらいなら弾けますw

小屋から山頂はすぐです。登山の方が俄然増えてきました。
P6030054.jpg

百名山、甲武信ケ岳山頂!2475mです。
登頂は3回目かな。今日は平日なのに、山頂には7~8人もいます。
7月のレース区間である、雁峠から甲武信ケ岳山頂まではCTの62%でした。

小屋の朝は0度だったらしいのですが、お昼の山頂も寒い!吐く息が白いです。
こういう時は、コーヒーブレイク!

P6030055.jpg
エスビットポケットストーブを初めて山で使いました!

P4150003.jpg
このポケトーチ、簡易ライターをセットすると強力なバーナーになるという優れもの。
風にも強いとのことなのですが・・

全然着かないっ!
なかなかエスビットの燃料タブレットに着火しないのです・・。50回くらいカチカチやったなあ・・。
どうしても暖かいコーヒーが飲みたかったので、頑張りましたw

でも苦労して入れたコーヒー、美味しかったです♪

P6030057.jpg
遠いな~金峰山・・レースではもっと遠くまで行くんだよな~。

下山は木賊山に寄り道してから下りました。
P6030059.jpg
昔ブログネタにしたけど、「とくさやま」です。

P6030061.jpg
戸渡尾根の分岐。徳ちゃん新道と近丸新道に分かれます。
歩いたことのない近丸新道へゴー!

P6030066.jpg
こっちにはトロッコの軌道跡があるんです!
こういう遺構を見ると、山行がを連想しますねw

P6030067.jpg
崩落箇所もあり。渡渉も何カ所かあります。

P6030068.jpg
昔はトロッコが走った跡を、僕が走りますよん。

P6030071.jpg
無事に下山。予想外の気温の低さでしたが、そのおかげであまり汗もかかず疲れませんでした。

距離28キロ、累積標高2400mくらい? 消費カロリー3700kcal、コースタイム64%の山行でした。幕営装備を背負って歩くことにも、少しは慣れてきたかな。
笛吹の湯で汗を流してから帰宅しました。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 秩父 | Comment(0)

先週の続きで雁峠から甲武信ケ岳まで。

2016.06.04 (Sat)
クリップボード01

先週は徹夜で鴨沢から雁峠までを歩きました。
今日はその続き。雁峠から甲武信まで歩きます。道の駅みとみに車をデポして、まずは亀田林業林道で雁峠まで。
この道、何年ぶりだろ。

P6030011.jpg
クリンソウが咲いていました。オールレンジに花が咲いているこの花、好きです。

P6030012.jpg
ヤマツツジもキレイ。

2時間ほどで雁峠に来ました。一週間ぶり。
P6030015.jpg
今日は誰も昼寝してないねw

P6030020.jpg
先週は登る気にならなかった、燕山への登り。今日は直登で行くぜ!

P6030021.jpg
少し登って振り返る。ベンチが、あんなに小さくなってる。
このミツバツツジ、いい場所に咲いているなあ。

斜度は急だが、距離は短い登り。
P6030024.jpg
燕山に到着!あとは2000mの稜線のアップダウンだ。

P6030027.jpg
今日も富士山が見てくれています。

P6030029.jpg
水晶山2158m。ここから雁坂峠までは緩やかな下りで、走ることが出来ました。

P6030031.jpg
これから進む破風山へのキレイな稜線。その奥には目指す甲武信ケ岳。こういう景色を見るとゾクゾクするっ!

P6030034.jpg
日本三大峠、雁坂峠。今日は便所国道には寄りませんw
雁峠から雁坂峠まではコースタイムの50%。水晶山からの下りでだいぶタイムを縮めました。

P6030040.jpg
縞枯れの森。エヴァを連想しますねw

P6030042.jpg
西破風山、2317m。手前に東破風山山頂もあります。雁坂峠から破風山まではCTの70%でした。
ここから破風山避難小屋までは一気に下ります。

P6030045.jpg
キレイな小屋です。

P6030046.jpg
前にはベンチもあり。

P6030047.jpg
中にはストーブが!
銀マットにアルファ米、カップ麺のリフィルも一つづつありました。
7月のレースでは、ここで休憩を取ることになるんだろうか。

長くなったので、続きは後日。特にトラブルもなかったので、引っ張るほどではないんですけどねw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 秩父 | Comment(0)

大秩父七連制覇

2016.04.25 (Mon)
KIMG0373.jpg
有名な外秩父七峰縦走に参加してきました♪
初めて参加したこの大会、レースではないので走ってはイケマセン。
走らずに歩いて42キロ、長いな・・。

KIMG0374.jpg
今回はケイコ隊長の号令の元、仲間8人で参加しました。全員先週のアドベンチャーレースに参加した人達で、いずれ劣らぬ剛脚ぞろい。
そして大会自体の参加人数は6000人!
当然渋滞発生です。ほとんど渋滞w 普段山行ではほとんど人と会わない僕なので、山中でこんなに人がいることに違和感を覚えました。

渋滞で止まると、何かを食べたり先週のアドベンチャーレースの話しをしたりしてました。みんなで参加ってイイネ!
渋滞の先頭には歩くペースの遅い人。広い場所で一歩横にずれて後続の人を通してあげれば、渋滞は減ってみんな気持ち良く歩けるのになあ、と何度も思いました。

僕は苦手な「早歩き」を試す良い機会だと考え、走ることなく歩きとおしました。はなこさ~んとまさみさんの登りでのハイペースな歩きを見ることができたのは収穫でした。
こんなペースで歩くなんて、僕には考え付かなかったです。

P4250059.jpg
時間はかかりましたが、みんなで無事完歩♪
長距離を走ることはあっても、歩くことは皆無。普段使わない筋肉なのか、腰とふくらはぎが疲れましたが、翌日の筋肉痛はナシ。歩くって、身体に優しいんですね。これならロングなトレランでも歩きを積極的に取り入れれば、もっと楽に長い距離を旅することができそうです。

P4250061.jpg
約7万歩、距離約45キロ。たくさん歩いたなあ。

KIMG0377.jpg
今日の消費カロリーは3440kcalだったので、夕食はこんなハイカロリーなモノを食べて補給♪
先週のアドベンチャーレースもそうですが、人と一緒に行動すると学ぶことが多いですね。
参加のみなさま、ありがとうございました。


押してもらうと、山に行くチカラになりますっ!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 秩父 | Comment(0)

泣かないでアマテラス

2015.03.21 (Sat)
今日は実に二か月ぶりのトレイルランニング♪
足が出来ていないので、走りやすい奥武蔵の未走区間を走ってきました。

P3210346.jpg
天目指(アマメザス)峠。

この峠を通るのは、何回めだろう?
いつも「泣かないでアマテラス」という歌を思い出して、口ずさむ。
中島みゆきの23枚目のアルバム「10WINGS」に収録されている曲だ。

アマテラスとアマメザスねw

このアルバムには僕の一番好きな曲「二隻の舟」も入っているのだ。

予想より早いペースで走れたので、エクステンドコースを走り切り、「受付16時まで」というタイトスケジュールな「休暇村奥武蔵」の温泉にも入れた。多分初めてじゃないかな。

奥武蔵縦走の詳細は後日。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: 秩父 | Comment(0)

神流・彷徨

2014.05.13 (Tue)
クリップボード01
先日走った、神流マウンテンラン&ウォークのコース。
舗装路ランはつまらないので、レースコースを忠実に辿ることはせずに、オリジナルなルートを一部走っています。

今までで一番彷徨ったので反省しつつ検証したいと思います。

序盤は忠実にコースをトレース。しかしみかぼ森林公園付近のコースは林道を走るダケの退屈なコースなのは以前走って知っていました。よって林道をパスして登山道を行き、本来のコースから少し外れた赤久縄山のピークを目指すことにしました。

クリップボード02
右端の黄色くて太いラインが林道。塩沢峠を越え、ドコモ群馬の森を越えたあたりで、左に分岐を発見。
どうしようか迷い、林道を少し進みましたが、やはりこの登山道を行くことにしたのです。

P5101666.jpg
山標には「赤久縄山(尾根道)140分」とありました。
同所に設置されていた看板。

P5101667.jpg
85分のルートを通り、④の林道合流点に出て赤久縄山を目指すことにしたのです。でも下調べもなしにルート変更はやめた方が良かった・・。

車も通れるようなダブルトラックを進んでいくと、また看板が。

P5101668.jpg
下の山標には「赤久縄山(尾根道)とあります。しかし進んでみると倒木が多く道が不明瞭。
左の白鳥岩(赤久縄山)方面はまだダブルトラックの道が続くので、こちらを進んでみることにしました。

GPSの地図では、破線は途切れていますが、道は続いています。
クリップボード03a

少し進むと開けた場所に出ました。
P5101669.jpg
地図中央の広葉樹の記号の箇所です。
ここで道がなくなりました。
進みたい方向は北西なので、薄い踏み跡を辿りますが、手書きAの記号の箇所で深い沢に出てしまい。進めなくなり、戻りました。
仕方ないので、尾根沿いの薄い踏み跡を辿って下って行きました。
しかしこの時に気が付くべきだったのですが、林道看板の「85分コース」では白鳥岩の北側を通過していなければいけなかったのに白鳥岩の南側に位置している自分は、すでにミスコースしているのですよね。

気が付いて戻るべきでした。

クリップボード04a
尾根を下りますが、どんどん急斜面になってきて、踏み跡もロスト。西側にある「早滝」方面に進もうとするも、沢が深くて西には行けません。後で確認したら「白鳥岩沢」というらしいですな。

真っ白な世界に 一人の私

もっと下れば破線ルートがあるのですが、かなりの急斜面で滑落の危険が・・。
ここでやっと戻ることを決意。遅すぎる判断でした、反省。

風が心にささやくの このままじゃダメなんだと

しかし下ってきたルートは急斜面すぎて、その通りに戻ることは不可能。トラバースしながら登りました。

誰にも打ち明けずに 悩んでた

戻れるかなあ・・。

それももうやめよう
ありのままの姿見せるのよ


急斜面、手で地面を掴んで登る。気分的にはスパイダーマンか昆虫のような四つん這いだw
かっこ悪いが、滑落するわけにはいかない。

ありのままの自分になるの
なにも怖くない


なんとか尾根筋に復帰。すると行きでは気が付かなかったが、北西に向かう踏み跡あり。地図の丸で囲ってある箇所です。これを辿れば、早滝に行けるんじゃないのか?名所からは道が伸びているハズと考えました。
少し進むと踏み跡も次第にはっきりしてきた!

悩んでたことが嘘みたいね
だっても自由よ なんでもできる


植樹の樹林帯の下に、トレイルが見えたっ!早滝発見!
このトレイルは昔の神流ミドルコースで、以前に走ったことがあrので、一安心。
やっとちゃんとした道に復帰しました。約2時間の彷徨・・。

思いつきのルート変更、事故の元。
迷ったら、すぐに戻る。

痛感致しました・・。

まだ40キロのコースの半分も来ていない。疲れたけれども気持ちは折れていなかったので、トレラン続行しました。

どこまでやれるか 自分を試したいの

そして念願の赤久縄山にも到着。ずいぶん苦労させられたよw

P5101688.jpg

日没まで残り3時間半。距離はやっと半分過ぎたくらい。
でも日没を恐れずに完走を目指しました。

もう決めたの 自分を好きになって
これでいいの 自分を信じて


フカフカのトレイルを、気持ちよく走り、日没前に走り終えることができました。
反省はするけど、後悔はしない。
今回のコースは累積標高が3000オーバー。
日本の山トップ5を登ったことのある僕ですが、3000オーバーは初めて。きつかった・・。

少しも寒くないわ

P5101636.jpg



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 秩父 | Comment(0)

神流よ、みたび僕を拒むのか?

2014.05.11 (Sun)
P5101655.jpg
(西御荷鉾山山頂・不動明王)

昨日、神流マウンテンラン&ウォークのコースを走ってきました。3度目の挑戦。
このコースは40キロという距離。そして累積標高が約3000m。僕には未踏の標高差です。
富士山を1合目から登っても約2700mだった気がする。つまり富士山以上に登るという、ハードなコース。

前回の反省を生かし、高速を利用して現地へ。アクセスの悪いイメージがあるのですが、家から2時間半かからず到着。

P5101634.jpg
ちょっとキモい、コイツも健在w

営業開始前のこいこい愛ランド会館で、準備中にも関わらず地図を頂きました。ありがとうございます。

P5111720.jpg

鏑木選手が目印。

P5111721.jpg

中身はトレランコースはもちろんのこと、付近の詳細な情報満載。

コース序盤は、もう3回目なのでスムーズに進みます。2年前より看板やロープが増えていて、迷いにくくなっています。
P5101638.jpg
ステキなトレイル。

P5101656.jpg
西御荷鉾山もスムーズに通過。

外秩父七峰のコースをトレースした時も同じだったのですが、こういうコースは混雑解消のためか、舗装路が多い。
舗装走ってもつまらないので、途中からコースを外れて進みました。

これが大ミス

途中で道がなくなり、道なき急斜面を2時間近く彷徨い歩きました。滑落しなくて良かった。反省は後日書きます。
斜面を四つん這いで登りましたよw

なんとかコースに復帰するも、ロストにより時間がない。午後3時前だけど、まだコース最高点にたどり着いていないし、残り20キロ近くある。
さっきの道迷いで体力も使っちゃったし、またエスケープで下山か・・とも考えました。

しかし神流に来るのはもう3回目。次来るかどうかわからない。今は日が長いし、ライトもある。ケガはないし水も食べ物もある。

続行を決意し、さらにコースを外れて赤久縄山へ。ここに来たかったのが、今回の目的の一つ。

P5101688.jpg
やっと会えたね、赤久縄山。

あとは日没を気にしながら、フカフカのトレイルを走りました。日没ギリギリ午後6時40分にゴール。

距離約40キロ、累積標高は3100m、消費カロリーは5500kcal!
今年一番のカロリー消費。
僕的には一番ハードなトレランだった、南アルプス白峰三山縦走よりも累積標高は上です。

ハードな山行でした。ロストは反省。ステキなトレランをありがとう、神流。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: 秩父 | Comment(0)
back-to-top