ファストパッキングで奥秩父最高峰、北奥千丈岳周回~1

2017.07.09 (Sun)
クリップボード01
 
昨日は奥秩父に行って来ました♪
ストックシェルターを持って、大弛小屋テン場かシラベ平ビバークの予定。

KIMG0870.jpg

道の駅みとみに車を停めて出発。子供連れのハイカーが多かったです。僕のふくらはぎのテーピングを見た子供に「足にテープ貼ってる~」と指されましたw
徳ちゃん新道で甲武信ケ岳へ。甲武信小屋にも立ち寄りました。1年ぶり。標高2500もあると、涼しいですね。小虫多かったけど・・。
P7080783.jpg
去年の分水嶺の時、遥か遠くに金峰山が見えて「あそこまで行くのか~」と思ったなあ・・。

国師ケ岳への縦走路のアップダウンで、伝説のダブルザックを思い出しつつ登りました。山頂で3人で喜び合ったのも懐かしい・・。ここまでの途中で夕立が降り雷の音もゴロゴロと・・。大弛小屋で小屋泊に変更も考えましたが、雨もすぐやみ、雷も大丈夫でよかった。
P7080787.jpg
予定よりいいペースで進んでいるので、大弛には行かず先に進みます。

P7080793.jpg
すぐに北奥千丈岳に到着。めっちゃ近かった!奥秩父最高峰!!

ここからの石楠花新道、ノースリーブ&短パンの僕には石楠花の張り出しが痛かった・・。
P7080796.jpg

シラベ平に到着したのが17時半。予定より2時間早い。この先黒金山までは破線ルートで、尾根が広くて道迷いの可能性あり。当初の予定ではここでビバークして、明るくなってから破線ルートを行くつもりでしたが、まだあと2時間近く明るい。明るいうちに前に進むことを決断ですっ!

そして僕はこの先、いくつかの決断を迫られるっ!
続きは後日・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



Category: 秩父 | Comment(0)

あの夏、僕らが渡りたかった橋を見つけた。

2017.07.05 (Wed)
KIMG0868.jpg

昨日は雨天の中、去年見つけられなかった橋を探しに行った。
出発時の気温は17度。めっちゃ涼しい。来て良かったw

場所のめぼしは着いていたので、直接向かう。果たして、その橋はあった。

P7040739.jpg
分かりにくいとは思うが、分かる人だけ分かればいい。中央奥の岩の間に横たわる丸太。あれこそが去年僕らが探し求めた橋だった。僕らはこのすぐ近くまで探しに来ていたのだが、「この先に橋はなかったよ」という他人の言葉を鵜呑みにしてしまい、この場所を探さなかったのだ。
全然難しい場所ではない。
山の経験は人それぞれ。見える人には見える。分かる人には分かる。
この丸太橋は下にも丸太が横たわっていて、安全に渡ることができる。川面からの高さも1メートルほど。万一落ちても大丈夫そうだ。
感動しつつ渡った。タカサンとトラ山さんと一緒にこの感動を味わいたかった、と強く思った。僕らはチームだったのだから。

そしてこれが去年僕らが渡った橋。

P7040746.jpg
ロープは張ってあるものの、川面からの高さは5メートルくらいあるだろうか?歩く距離も長い。デンジャラス!

実際に渡ると、こんな感じなのです。
KIMG0462.jpg

もうここを渡らないで済むと思うと安心です。
他にも新コースを下見してきました。昼間だったら初見でも迷わず歩けるでしょう。山の経験次第かな。
昨日は雨だったので、短時間で確認したい箇所だけ周ってきました。実りの多い山行でした。

P7040770.jpg



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

去年分からなかった橋を探しに

2017.07.03 (Mon)
明日は雨の予報。梅雨だから仕方ないね。

去年3人で探して分からなかった橋を見つけに行ってきます。


KIMG0865.jpg


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

その一言を言いたくて

2017.07.01 (Sat)
ホントは山に行くはずだった本日。しかし予報は雨。何をしようかと考えていた昨日の夜、ステキなお誘いを頂きました。
それは「明日中国に旅立つ葉っぱさんを、空港でサプライズ見送りをする。」という作戦。
午前3時前に起床し、AKKOさんをピックアップしてトラ山さんと合流。めっちゃ早い・・。アルプスに日帰りで行く時の起床時間だよ・・w

早朝なのでスムーズに空港到着。
KIMG0860.jpg
短冊が用意してあったので、願い事を書きました。七夕なんて何十年ぶりだろ?w

KIMG0861.jpg
1時間以上待ちましたかねえ・・。結局、ご本人に先に気づかれてしまい、微妙なサプライズにw
でも会えて良かったデス。

僕が旅立つ葉っぱさんに伝えたかったのは・・
食べないでね」
ということに尽きます。ボンボヤージュ!

あわただしくお見送りして、すぐに戻ります。理由はこの後お仕事の方がいるからw
タカサン&D子さん、エクストリーム出勤です。相変わらず女性陣のバイタリティには感服いたします。

そのバイタリティを見習って、お仕事の方を送り届けた後にトラ山さんと僕は雨の中ジョグ。
KIMG0862.jpg
16キロ走って満足。一人だと、雨の中走ろうなんて思わないもんね。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

フリードプラスにMTB積載(バーゴ使用)

2017.06.25 (Sun)
先週の里山ツーの際に、フリードプラスにMTBを載せてみました。
前回はMTBをそのまま積載。

KIMG0823.jpg

今回はミノウラ・バーゴを使って積んでみましたよ。
P6170679.jpg
リアをフラットにすると上下2段に荷物が乗るので便利!下の段に荷物をほうり込み、幕営装備も余裕で積むことができました。



P6170680.jpg
アップにするとこんな感じ・・そう、またもや頭上のルーフラックが邪魔なのです・・。コレのせいでバイクを倒さないと積み込めません。



P6170681.jpg
僕のバイクは小さいのでギリギリ入りましたが、ヘッドキャップがルーフラックに当たりそう。自転車を頻繁に積み込む人は、このルーフラックのオプションは着けないほうがいいです、邪魔。
どうしよう、外しちゃおうかなあ・・。

やはりバーゴを使って積むほうが、スッキリきれいに積めますね。



イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

Category: MTB | Comment(0)

ストックシェルターでオートキャンプ

2017.06.21 (Wed)
日曜の里山ツーリングの前に、先乗りしてオートキャンプしてきました♪
ヘリテイジのストックシェルターでの泊りを試してみたかったので、最近テン泊にはまっているN13さんに声を掛けてみました。駐車場脇の草地でキャンプ。

KIMG0849.jpg
N13さんの普通のテントと並べると、ストックシェルターの貧弱さが際立ちましたw
ストックシェルターは110~120cmのストックに対応しているとのことでしたが、僕の110のストックではピンと張れず。もう少し長いストックなら、もっときれいに張れると思います。

どのくらいの気温でどのスリーピングシステムなら快適に眠れるかも実験。
ここ数日では涼し目の気温の中、エスケープヴィヴィにモンベルのウォームアップシーツでまずは就寝。温度は15度でした。
これだと3時間ほど眠ってから、寒くて目が覚めました。今度はモンベルのダウン#3&エスケープヴィヴィで就寝。シェルターのジッパーも先ほどより締めてみました。これで熟睡。

KIMG0850.jpg
シェルター内の気温は17度。結露しまくっていましたw
シュラフは5度以上で快適睡眠との設定、17度で熟睡とは僕は寒さに弱いのかな?

初めてストックシェルターで寝てみたのですが、なかなか圧迫感ありますねw ほんと寝るだけ用ですね。
KIMG0851.jpg
朝食は新しいスキルに挑戦!いつもは「お湯を沸かす」のみの僕ですが、今回は「焼く」に挑戦!
ランチョンミートを焼いて食べました♪ 小さな一歩ですが、少しは前進です。
N13さんは工夫を凝らしたパスタ。さすがオデさんの弟子?

もっとたくさん幕営して、「この気温で寝るなら、寝具はこの組み合わせ」がすぐに分かるようになりたいですね。もっと美味しいものも食べたいな~。
慣れれば1分で張れるストックシェルター。今回ダブルウォールテントのN13さんと設営時間がほぼ同じだったことはナイショですw


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: モノ | Comment(0)

機材の進歩か人類の進化か

2017.06.19 (Mon)
昨日は昨年12月に小指骨折して以来の山ツーに参加してきました♪

KIMG0849.jpg
ストックシェルターで泊まってみたかったので、なかしさんを誘って現地で先乗りしてキャンプ。この話は後日書くとして・・

P6180684.jpg
総勢20名参加の山ツーですっ!
5年ぶり?くらいのコースに行ったのですが、驚いたことがありました。
序盤にある簡易舗装の激坂があり、以前は足を着かずに登れる人は50%くらいだったように記憶しているんです。だけど今回は20名全員足着きなし!スゴイ!山は初めての参加者や経験の少ない方も多数いたのに、この成功率・・。

参加者のレベルが高いのかな?確かに最近の日曜ミニツーリングはペースが早いもんな・・。あと考えられるのは、機材の進歩ですね。昔よりいろいろな性能が上がっているはずだもんな。
5年前には乗れなかった、細尾根にある木の根っこ。今回初めてクリアできました。間違いなく、27.5インチのホイールのおかげです。だって5年前と違うのは、ホイールサイズだけだもん。以前は同じ自転車に26インチホイールでしたからね。

なかなかのテクニカルコースの下りもあったのですが、けが人なし。みなさん上手でした。僕も転ぶことなく終了。イヤ、クリートが外れず立ちごけしたなあw

大勢でライドって、こんなに楽しかったっけ?と再認識。大人数ゆえに、途中ではぐれる人がいたり、ファットバイクがパンクしたり、滑落した人もいたりしたけれど、みんな笑顔でしたw

P6180699.jpg

僕も人車一体感をだいぶ思いだしてきて気持ち良くライドできました。参加の皆様、楽しい時間ありがとうございました。ドロッパーポスト、欲しくなった方も多いのでは?
走行距離35キロくらい?累積標高は1500mくらいだったのかな。里山なのたくさん走りましたねw



イイネ!と思ったら、押してください♪にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


Category: MTB | Comment(0)
back-to-top